腰痛とか手のツボの小話

静大情報LT大会のAdvent Calendar 2019のどこかの記事です。

こんにちはHiSadです。基本ゲームのことしか話せない人類なのですが誰かの役に立ってほしいなと今回のお話となります。

腰痛のお話

画像1

入学当初は腰を痛めてましたが3ヶ月程で治ったので力になれば良いかなと。腰痛のお話と言っても整体とかで聞きかじったりした雑学です。
本当に苦しんでてヤバいっていう人に最初に言いますけどさっさと整体に行ったほうがいいです。僕はそれで治りました。

まず体の痛みと言っても大体筋肉が凝り固まってる状態です。ではなぜ凝り固まるかというと、その部位を酷使していたり長時間同じ姿勢でいたりするからです。
余談ですが猫背を無理に治そうとすると反り腰になって腰痛めるので気をつけましょう。どうしても治したければ整体へ。

凝り固まってるならそれをほぐせばいいんですがここで腰や肩の痛みがある人はわかると思いますが、いっっっっくらマッサージしても治らんのです。これの原因は、腰や肩の筋肉とは別の場所にあります(整体師曰く)

まず変な姿勢とかでいると腰と周辺の筋肉が凝ります。この周辺がすごい厄介。どれくらいかって言うとランゴスタくらい厄介。

ランゴスタ

大体腰痛はこいつらが原因です。こいつらの筋肉が凝るせいで、骨盤が引っ張られたりしてズレ、その周辺の筋肉がつらいさんになるわけです。

と言っても周辺てどこやねんてなるんですが、人によってバラバラで、お尻だったり下腹部周りだったり、太ももだったり、あるいは脇だったり。どうやったらわかるかって言ったら1番簡単なのは整体へ行くことです。まぁ大体はお尻とか太ももとか下腹部(画像)らへんマッサージしてれば大丈夫じゃないですかね。なお当局は一切責任を負いません。

画像3

手のツボのお話

僕と仲良しな人は知ってるかもしれませんが手のツボ大好きです。手軽で1人でできて気持ちがいい。最高ですね。

今回は軽く、僕がよくマッサージする3箇所くらいを教えます。

まずはここ。「労宮」って言うらしいです。

画像4

手の中心ですね。精確に言うと、手を握った時に中指と薬指の先端の間です。

ここはリラックス効果みたいな感じです。緊張だったり、ストレスとかイライラとか。そういうのを抑えてくれるツボです。


お次は「中衝」。こいつは場所の説明が面倒です。

画像5

この辺です。みえないですね。
中指の爪の右斜上の端から下におろしていって、爪の一番下から横に伸ばした場所が交わったところから人差し指側に2mmくらいってテレビでやってました。

効果は眠気が覚めるとかなんとか。それくらいです。
細いものでかるーく1分くらい押しといてあげましょう。


最後。「合谷」です。これ僕がしょっちゅう押してるツボです。

画像6

この辺の窪み?があるところです。この辺をグイグイするととっても気持ちいいです。

効果は様々。万能とも言われてます。血行良くしたり肩こりに良いとか聞いたことあります。まぁ肩もんだ方が早いと思いますが。

まとめ

いかがでしたか?

ツボとか痛いとかに限らず、マッサージは血行を促進してくれるので、ずっと同じ姿勢だったりしたら太ももやふくらはぎ、二の腕とか、色々マッサージしてみると良いです。眠気覚ましにもなったりします。

足裏マッサージで土踏まずをグリグリやるのもおすすめです。足の匂いが気になる方は迷惑にならないようにやってみましょう。ではでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。