見出し画像

フォーマルな格好というのはどのような格好ですか?

結婚式などでフォーマルな格好をしてくるようにと言われたけれど、フォーマルな格好というのは具体的にどのような格好なのか迷ってしまうこともあるでしょう。

フォーマルには種類がある
実はフォーマルにもいくつか種類があります。

まず1つ目が日本語では正礼装といわれるモストフォーマルで、皇族や結婚式を挙げる新郎新婦の両親など、格式高い場面で着用されます。

昼に着用するものがアフタヌーンドレス、夜に着用するもがイブニングドレスという名称で呼ばれているのも特徴的です。

次が準礼装、セミフォーマルで、結婚式のゲストや入学、卒業式などで着用されることが多いものです。

一般的にフォーマルな装いと言われた際には、このセミフォーマルであることが多いと思っておいて問題ないでしょう。

略礼服、インフォーマルというものもあります。

こちらは結婚式の二次会や友人感でのパーティー、高級なレストランなど比較的ライトなフォーマルシーンに着用されます。

よく「平服でお越しください」といわれることがありますが、その場合の服装がこのインフォーマルに当たります。

フォーマルな服装の例
では一般的にフォーマルな服装をするようにと言われた場合、どのような服を選択すればよいのかというと、女性の場合はワンピースやドレスなどが当てはまります。

スカート丈は膝下丈が基本であり、長くても完全に足が隠れてしまわない程度のものを選ぶようにしましょう。

光沢がない落ち着いた素材を選ぶのがおすすめで、袖が短いなど露出が多くなりそうな場合はストールやボレロを羽織るようにします。

アクセサリーは華美なものでなければ着用可能です。

ただしこれはあくまで一例であり、着用する会場などによって異なる場合があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。