AirPods Pro 良いぞ

どうも。相変わらずタイトルのセンスが世界一無い note 初心者ことゼルチカです。タスケテ

先日、Apple AirPods Pro を買いました🥰

画像1

今日はこれを使ってみての感想を書いていこうかと思います。ステマでも案件でも無いので悪しからず。

初めてのワイヤレスイヤホン

自分、お恥ずかしながらワイヤレスイヤホンを入手したのは今回が初めてです。なので「ワイヤレスイヤホンすげー」を「AirPods Proすげー」として書いている可能性があるので、予め謝っておきます(?) ツッコミとかあったら待っています。

よいところ

まず、Apple 製品との連携が素晴らしいです。Bluetooth 機器って基本的に複数台で使うのが面倒くさいものなのですが、AirPods は一度連携すると同じ Apple ID でログインしている Apple 製品間で比較的簡単に切り替えできます。設定>Bluetooth>接続 を選ぶだけ。ペアリングが切れちゃうことは無いのね〜。良い良い(他のもそうだったりする?)

あとは、使い方がシンプルなのもよいところかな。耳に入れた状態で柄の部分(?)を押し込むと、耳の中でカチカチと反応するんですが、これを1回押せば音楽の再生/停止や電話への応答、長押しすればノイズキャンセリングの切り替えができるのです。iPod の頃からのデザイン哲学を感じます。ちなみに長押しの挙動は iOS / macOS 側から変更できます。

肝心のノイズキャンセリング機能ですが、かなり良いです。お家にいると本当に何も聞こえません。外で試してみたところ、煩いトラックの音や風切り音も一切聞こえませんでした。私のように人混みのガヤガヤが苦手な人でも人混みの中を問題なく歩けそうです。事故にだけは気をつけて

ノイズキャンセリング機能とは別に、外部音取り込み機能というものがあります。耳を密閉するカナル型イヤホンはふつう、外の音が籠もってしまい、付けているときに話しかけられても気づけないがちなのですが、この機能を有効化すると外部音をマイク経由で取り込んでくれます。遅延もあまりなく、屋内だと常に付けていても問題ないレベルです。屋外だとちょっと違和感があったけど、でも遜色ないです。

ちなみに、iPhone, iPad, Mac, Apple Watch での使用を想定している AirPods シリーズ、Android や Windows パソコンなどでも Bluetooth を積んでいれば使用できます。Siri は使えませんが。

よくないところ

ここまで良いことを書いてきましたが、良くない点もあったので書いていきます。

まず、電池持ちです。付属のケースを用いることでほぼ1日使えると公式サイトは言っていますが、これ、片方ずつ充電することを想定しているのでしょうか。普通に連続使用したら4,5時間ほどしか持たないのです。8時間ほどぶっ続けで作業用BGMをかけながら作業するライフサイクルには向いていないかと。まあ4時間も作業したら休もうね...。

あとは、iOS 端末を持っていないとファームウェアアップデートが受けられないこと。Mac を使っているけどスマートフォンが Android な方などには痛い話かもしれません。

アップデート

Apple WWDC 2020 にて、今秋のアップデートで、AirPods の接続先を自動で切り替える機能が追加されることが発表されました。例えば、iPhone と AirPods を接続中に Mac で作業を始めたら、AirPods の接続先を自動的に Mac に切り替えてくれます。先述したように、現状は手動で設定から切り替える必要があるのですが、それすらも要らなくなりそう。また、ドルビーのサラウンド機能に対応するそうです。

AirPods Pro の魅力と微妙な点を書いてみました。無印 AirPods は、iPhone に最初からついてくるあのイヤホン(EarPods)と形状が同じなので、あれが耳に合わずポロっと取れてしまう方は、こちらの Pro のほうが良いかもしれませんね。

これから愛用していこうと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
Xeltica です。YouTubeに音楽を投稿したり、オリジナル曲をストアで配信したり、アプリを開発したり、ゲームしたり、寝たり...基本的にはパソコンが手放せない趣味マンです。noteには、ちょっと長い持論やメモ、ここだけの話とかを書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。