30代で夫を亡くした話

9
記事

思い出したくなったときには思い出せない

朝日新聞デジタルの有料会員限定記事『おいしいねが聞けなくて 栗原はるみ、夫なき今知る依存...

夫を亡くして8年目に突入

あけましておめでとうございます。 夫が亡くなったのは2012年2月で、2011年の年の瀬の彼は黄...

しもの世話

わたしは子どもがいなく、両親もありがたいことに元気なので、人生で初めてしもの世話すること...

今なら受け取れるやさしさ

夫が亡くなってお葬式も済んでから、介護ベッドのレンタルを片付けるために人が来た。若い女性...

ゆめうつつ

夫と暮らし始めた頃、ちょっと面白い夢を見た。その数年前に亡くなった夫のお母さんがわたしの...

40歳末期がんの夫には介護保険が使えた

夫の最後は自宅で、と決めてからはとんでもないスピードでことが進んだ。 ただ、流れに乗って...

自宅で看取ったことについて

夫の最期は、自宅の一室で迎えた。 在宅で看取りたいという強い意志が最初からあったわけでは...

はじめに

2019年9月26日の朝。通勤の車の中で、不意に2012年に亡くなった夫の最後の日々のことが生々し...