静山堂出版

静山堂出版 http://seizandobook.jp/ の提供するnoteです。静山堂出版は編集者を置かない自費出版/四六判・新書判のオンライン組版と印刷のサービスです。noteでは「書くこと」をメインに様々な話題を展開していきます。
    • 「本」のつくりかた
      「本」のつくりかた
      • 31本

      こちらのマガジンでは、実際に本を印刷し製本する工程やその種類、印刷の歴史や文化についてのお話をしていきます。

    • モノ書きのススメ
      モノ書きのススメ
      • 30本

      このマガジンでは本を書く人のためのノウハウやTips、基本的な段取りなどを紹介していき、実際に本を書いた人の話を聞いていきます。

金の魔法

金色はなぜ人を惹きつけるのでしょうか?金箔がいつから日本で作られたのか、はっきりとはわかっていません。しかし金は、永遠や不変を意味するシンボルとして、古くから仏…

本ができるまで④<表紙のデザインを決める>

急に寒い日が続きます。世間は新型コロナ騒動がいっそう険しくなっておりますが、皆様お元気でしょうか。 今回はいよいよ、本の顔となる「表紙」選びについてお話しします…

網点の“太り”に要注意

印刷物を目にした時に「思ったよりも濃く印刷されているなぁ」と感じたことはありませんか。実はこれ、網点の太りが原因なのです。網点が太ると聞くと、不思議に思う方も多…

静山堂出版:本ができるまで③<構成を決める>

こんにちは。お元気ですか?11月もあっという間に中盤に差し掛かり、年末の足音が近づいて参りました。 さて、前回、前々回に続いて、「本ができるまで」のプロセスを、引…

静山堂出版:本ができるまで②

こんにちは。一気に寒い日が到来。秋を飛び越えて冬?というほど冷え込む今日この頃。皆さんはお元気でしょうか? さて、前回のブログから、具体的に「本ができるまで」の…

UDで読みやすい本づくりを

先日の記事(日本独自の「Q」と、海外から来た「pt」)で、近年本の文字サイズが徐々に大きくなっているという話をご紹介しました。総務省の統計によれば、現在国内におけ…