未経験から不動産・金融Webライターになるためのロードマップを公開!文字単価5円ライターを目指そう
見出し画像

未経験から不動産・金融Webライターになるためのロードマップを公開!文字単価5円ライターを目指そう

小花絵里

こんにちは、不動産ライターの小花絵里(おばなえり)です。

Webライターで大変だと感じることの1つが、「稼げるようになるまでのロードマップが描きにくい」ことではないでしょうか?
会社員の場合は、所属する会社が職種に応じたマニュアルを用意していることがほとんどですよね。
決められた仕事をする中で、自身の能力を発揮していくことになるでしょう。

しかし、Webライターの多くは個人事業主。稼いでいくための戦略は、自身で考えなければなりません。

Webライターが稼いでいくための戦略には色々なものがあります。
数ある戦略の中でも、私は「ジャンルを絞って専門性を高めて、自身の単価を上げていく」ことが、Webライターで効率よく稼げる方法だと感じています。

そこで今回は、未経験から不動産・金融Webライターになるためのロードマップを8つのステップに分けて解説します。
不動産会社や金融機関に勤めたことがなくても、不動産・金融関係の記事を書くライターになることは可能です!
段階に分けて解説しますので、不動産・金融ライターに興味があるけれど何から始めたらいいかわからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、「既に実力はあるけれど案件の探し方がわからない」という人は、こちらの記事をご覧ください。


数あるジャンルの中から「不動産」と「金融」を選ぶ理由

画像1

ジャンル問わず色んな案件を受注して感じたのは、「特定ジャンルの専門性を高めて実績を作り、高単価の案件を獲得していった方が効率よく稼ぎやすい」こと。
Webライターの募集があるジャンルは色々ありますが、その中でも不動産と金融をおすすめする理由は次の通りです。

・高単価になりやすく案件が豊富だから
・努力で戦える分野だから
・不動産・金融Webライターに求められているのは「専門性」だけではないから
・不動産・金融関係の知識は今後の人生にも役立つから

不動産・金融ジャンルのWeb記事に求められるものの多くは、「初心者でもわかるように噛み砕いて解説できる文章力」です。
個人のセンスが問われる文章よりも、誰が読んでもわかりやすい文章が好まれるということ。つまり、努力で戦える分野だということです。

実務経験のない人は特に、勉強必須。
不動産や金融関係の話題に興味ない人は勉強が辛くなってしまうと思いますので、別の戦略を考えることをおすすめします。
Webライターのジャンル選びについては、こちらの記事で解説しています。


不動産・金融業界で働いた経験がない人向けの戦略とは

画像2

実を言うと、私に仕事の依頼をしてくださる人の多くは、「実際に不動産業界で働いていた経験があるから」依頼しているわけではありません。
私が働いていたのは誰もが知っているような大企業ではないし、不動産業界での勤務歴も7年弱。はっきり言って、経歴としては弱いです。

それでも専業Webライターとして生活ができているのは、相手から依頼して頂けるWebライターになれるよう戦略を立てて努力してきたからだと思っています。

私の考える「不動産・金融業界での実務経験がない人がWebライターとして生き残っていくための戦略」は次の通りです。

この続きをみるには

この続き: 5,199文字 / 画像3枚

未経験から不動産・金融Webライターになるためのロードマップを公開!文字単価5円ライターを目指そう

小花絵里

500円

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます💛
小花絵里
主に不動産・金融メインに執筆している元不動産営業のフリーライター。宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/FP2級/日商簿記2級/教員免許(国語)など。執筆実績:https://www.erix.work/contribution