新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ワンプラ10周年×名古屋グランパス30周年】オリジナル応援グッズ制作&初のブース出展をレポート

今年、創業10周年を迎えたワンダープラネットとクラブ創立30周年を迎えた名古屋グランパス、アニバーサリーイヤーを迎えた両社は「名古屋から世界へ」という同じ思いを掲げて、2018年からパートナーシップを結んでいます!

今シーズンのパートナー施策として、名古屋グランパスのホームスタジアムである豊田スタジアムにご来場いただいた皆さまと一緒に、より試合観戦を楽しみ、試合を盛り上げられるように、ワンダープラネット10周年×名古屋グランパス30周年『オリジナル応援ハリセン』を制作。10/1に行われた、名古屋グランパス「クラブ30周年記念試合」にて、特設ブースの出展を行い、抽選会にご参加いただいた方に配布するという取り組みを行いました。

今回のnoteでは、グッズ制作の背景と、10/1のブース出展の模様をレポートいたします!

初めてのオリジナル応援グッズ制作

2018年にパートナーシップを結んで以来、グランパスさんと一緒に様々な施策・取り組みを実施してきましたが、オリジナル応援グッズの制作もスタジアムでのブース出展も、今回が初めての取り組みです。

ここ数年、コロナ禍でスタジアムへの入場者数が制限されたり、応援方法にも規制がかかったり、サポーターのみなさんが思ったように応援ができないという状況がありました。

「声出しでの応援ができない中でも、思いっきり選手を応援してほしい!」
「初めてスタジアムに来場したサポーターの方にも気軽に応援に参加してほしい!」
そんな思いから、オリジナル応援グッズを制作してはどうだろう?と考えました。
実は私自身の経験として、以前スタジアムで試合観戦をしていた時に、声を出せない代わりに拍手や手拍子をし続けていたら、試合終盤に手が痛くなってしまった…ということがありました。
拍手や手拍子の代わりに試合を盛り上げられるようなグッズが欲しい!という思いから、ハリセンの制作を着想したんです!

グランパスさんから、クラブ創立30周年という節目に相応しいデザインアイデアもご提案いただき、現役選手だけでなくOBの方々もデザインされた、とってもカッコよく、スペシャルでレアな応援ハリセンが完成しました…!(歓喜!)

©N.G.E.

いざ、ブース出展!

オリジナル応援グッズのデザインが決まれば、いよいよブース出展の準備です!
ワンプラの新作ゲーム『アリスフィクション』をインストールいただくと抽選に参加いただけるという条件で、応援ハリセン以外にも選手のサイン入りトレーニングウェアや、非売品のグランパス公式のeスポーツユニフォーム、グランパスくんファミリーがデザインされた除菌シート(参加賞)などをご用意しました。

そして10/1、豊田スタジオでのブース出展当日。
新作ゲーム『アリスフィクション』をデザインしたのぼりや、抽選会をお知らせするポスター、『アリスフィクション』をインストールするためのQRコードなど準備は万端!
ワンプラらしいブースでサポーターのみなさんをお迎えしました。


のぼりはこの日のためにデザイナーチームにデザインしてもらいました!かわいい!

人事広報部のメンバー6名で運営したブースには、なんと4時間で1,300名近くの方にご来場いただき大盛況!!!
オリジナル制作した応援ハリセンは「折り曲げるのがもったいない!」と大事そうに抱えて帰られる方もいらっしゃり、グランパスサポーターの方に喜ばれるグッズ制作ができたのではないかと思っています!

創業10周年を記念して制作したワンプラ10周年ロゴにもご注目ください!

ブースにお越しいただいた方の中には、ワンプラが開発・運営に携わっているゲームのユーザーさんもいらっしゃって、「クラッシュフィーバーの会社から新作が出たんですね!」「いつもジャンプチをプレイしています!」と嬉しいお声がけをいただける場面もありました。

また、のぼりに描かれたキャラクターをみて、「かわいいですね!」と言っていただける方や、『アリスフィクション』をインストール後、その場でプレイを始めてくださる方もいらっしゃいました!
『アリスフィクション』は日本をはじめ、英語圏、繁体字圏、韓国、その他グローバル主要エリアで世界同時運営をおこなっているタイトルです。当日も、繁体字版をインストールしてくださった方がいらっしゃいましたよ!


OB選手がデザインされたレアな応援グッズは、サポーターのみなさんにも喜んでいただけました!

普段の業務ではユーザーさんの顔を直接見たり、生の声を聞いたりする機会があまりないので、ブース出展を通じてとても貴重な体験をすることができました。

初めてのブース出展ということもあり、運営に不慣れな点もありましたが、当日ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました…!

最後に

今回は、名古屋グランパスのパートナーとして、ワンプラ初の試みであるオリジナルグッズの制作とブース出展を実施しました。
これまでコロナ禍もありオフラインでサポーターの方々とお会いする機会が作れていませんでしたが、ブースにご来場いただいたみなさんに、会社のことやワンプラが運営しているゲームのことを直接ご紹介できてとても良い経験となりました。

この度のブース出展で「ワンダープラネットが名古屋にあるゲーム会社である」ということを1人でも多くの方に知っていただけるきっかけが作れていると嬉しく思います。

これからも、名古屋グランパスと一緒に「名古屋から世界へ」という熱い想いを胸に、スポーツを通じた地元愛知県の発展に貢献をしてまいります!

ブース出展の詳細や、これまでの名古屋グランパスパートナーとしての主な取り組みについては、コーポレートサイトのニュースにてお知らせしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!