京アニの事件 被害者氏名公表について

自分がコレに関して何か発言しようとする場合、自分の立ち位置を明確にしないとなぁとは思ったりするんだけど、
大学時代にバイトで選挙報道には関わったことはあるけど、それ以降の社会人になってからはバラエティ・情報番組・情報バラエティ・報道系情報番組と報道に見えるけど情報番組というモノまでしか関わっていない。

ちなみに、スッキリとかとくダネとかはニュース番組の体を取ってるけど、あのへんは基本的には情報番組の範疇だしそう思っている。報道と何が違うかと言うと、素人をコメンテーターとして入れて、報道の専門知識がない人間が番組を作っている場合が多い。

具体的に何が違うかっていうと
報道局が作る番組と情報局が作る番組 そもそも母体が違う。
そうすると何が変わるかっていうと番組の作り方から違ってくる。
報道は警視庁の記者クラブからニュースを読むことはあるけど、情報番組のそれではそんなことは起こらない。報道には報道だから故に報道の意義があれば、許可取りや断りが無く映像を使用したり何かを引用したりできる。その代わり、事実を事実のままフィルタリングすることなく広く「真実」を知らせる義務がある。
情報番組は逆に報道の義務が無いから、情報をいかにフィルタリングして視聴者に興味を持ってもらうか工夫して作ることが求められる。だから、たまにCMのマタギで「おいおいそれでCMで引っ張るなよ」みたいなことが起きたりする。

話が戻るけど、
「京アニ」の事件の被害者の氏名公表に関して言うと
報道が報道としてキチンと機能しているならこういうことは議論にはならなかったと思う。今は報道が視聴率取るためにアレコレやったり、情報番組が報道のように振る舞ってその中でとんでもない取材や紹介をやったりして、視聴者が何がなんだかわからないくなっている。その中で、報道が報道の権利だ義務だを主張して「氏名公表」なんかしても支持は得られないと思う。

だから今の状況での「氏名公表」には反対でした自分。

1点問題があるとすれば、インターネットメディアが増加する中で、報道どころか情報どころか何のプライドも無く取材するだけでもなく、エビデンスも検証もなく継ぎ接ぎの情報をアクセス数を求めるためだけに発信する企業・人間が出てきていること。一層、何が報道として責任をもってやっているか?が一般の人には分かりにくくなっている。

まぁ原因はYahooニュースみたいに何でもかんでもゴチャまぜにしてる、無責任に発信しているサイトが悪いんだけどね。

今後は報道が報道然としてしっかり振る舞っていくしか無いと思う。その責任を果たすことで、事実を事実として報道することに文句の数は少なくなるだろうなぁと思う。頑張るしか無いよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
テレビ番組の制作を主に都内生息。割と良く海外に行ったりしてます。最近行ったのは南アフリカ、ミャンマー、キューバ、インドネシアそれ以外に行ったのは中国、韓国、台湾、フィリピン、マレーシア、シンガポール、タイ、ブータン、アルメニア、ドイツ、フランス、トルコ、香港、カナダ、ハワイ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。