見出し画像

家族みんながハッピーになる働き方を選択しました。

日頃から社員ブログを楽しみにされている方、お待たせいたしました。
2021年も半年過ぎたタイミングで社員ブログが再開。
定期的に更新していきますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

今回担当させていただきます、ワーママ広報の橋本です。
初回なので少々緊張してますが、少しでも人となりが分かっていただけたら嬉しいです。
また、共感した!わかる〜!な方はぜひ橋本までお問い合わせください。
ACALLではカジュアル面談も受け付けておりますので、お話できる機会を楽しみにしております♡

■プライベートの私
仕事が忙しい主人と長男(もうすぐ3歳)、次男(1歳3か月)の4人家族です。
毎日活発でやんちゃばかりする兄弟たちに振り回されならがドタバタ生活を送っています。
趣味はヨガ、宅トレ、エイジングケア(ただの健康美容オタク)、韓流ドラマ鑑賞です。

■仕事の私
前職は金融業界で法人営業、アパレル、ベンチャー広告代理店でPRのお仕事をしていました。
子どもたちに尊敬できる人間になる」「常に発信し続ける女性になる
というモットーを掲げ、約2年半の連続育休期間を経て2021年5月よりACALLにジョインしました。

◼︎子育てしながら転職活動をしました。
長男は次男が生まれる前から保育園へ通わせていたこともあり、
次男が1歳を迎えたタイミングで復職をすると決めていました。
復職を決めていたものの育児に追われる日々で、マミーブレイン(産後ボケ)が加速。
集中力と記憶力が低下している状態のなかで社会復帰できるのか。
そして平日は主人の仕事が忙しいため常にワンオペ育児。
育児と仕事の両立ができるようにまずは何をしたらいいのか・・・など悩みに悩んだ末、結論はやってみないと分からない、とりあえずやってみよう!レッツトライ!みたいな感覚で自分自身を応援しながら転職活動をスタートさせました。

■ACALLの面接を通じて驚いたこと
・オフラインで一度もお会いせずに面接が進み、内定をいただいたこと。
・すべての面接でグズグズしている次男を抱っこ紐に入れて、立って小刻みにゆらゆらしながら、
 面接担当者へ志望動機や質疑応答をしてたが、嫌な顔せず温かく見守っていただけたこと。
・オンライン面接っていい緊張感を持ちつつ、フラットな状態で話ができること。

■実際に転職して気づいたこと
・在宅勤務でも仕事はできる
・仕事とプライベートのメリハリがある社員が多い
・会社全体が子育てに理解関心がある(子育て世代にとっては重要)
・持ちつ持たれつの程よい距離感で支え合って仕事をしている
・意思決定が早い
・社内コミュニケーションが良好
・働き方が柔軟
前職はクライアントとメディアの板挟みで常にチームでテレビ局や出版社へ出向き、営業活動を行っていました。当時残業は当たり前の世界だったこともあり、結婚・出産を機に今後の働き方や人生について悩んでいましたが、ACALLに入社して強みを活かしつつ自由に楽しくお仕事をしています。

■転職・復職して働き方を自由にデザインしてみました。
▽とある1日のスケジュール
      ~4:55 起床
  5:00~6:30 学習と自分の時間
  6:30~8:30 家族の時間、朝食
  8:30~9:00 電通自転車または車で保育園送り出し
  9:00~17:00 お仕事
17:00~17:30 保育園お迎え
17:30~21:00 夕食、片付け、子供と遊ぶ、お風呂、寝かしつけ
21:00~22:00 家事・明日の準備、主人帰宅
22:00~23:30 主人とおしゃべり、宅トレ、ヨガ、韓流ドラマ鑑賞
23:30~24:00 就寝 
子どもたちはまだまだ手がかかる時期でもあり、
自分の思い通りのスケジュールで物事を進めていくことは難しいこともあります。
何がいいのか日々試行錯誤してますが、少しずつ理想の働き方ができるようになってきたと実感しています。
今後の課題は限られた時間の中で生産性を上げて効率よく業務が行えるようにすること、朝方に自分の時間を確保することです。まだまだやりたいこと、挑戦したいことがあるので引き続き頑張ります。

■ママとして工夫していること
私自身、疲れるとついつい感情的になってしまうことがあるので、良い加減で無理だけはしない。
「疲れた」「面倒くさい」と言ったネガティブワードは口にしないようにしてます。
ワンオペ育児であっても、仕事で疲れていても心の余裕を持った状態で主人や子供たちと接していきたいと思っているので、下記のことを習慣化させています。
・休憩中にスーパーで買い出し、趣味を行う
・朝食の時間に夕食の準備を行う、夕食は作っておいたものを温めるだけ
・自動調理家電をフル活用する(我が家では圧力鍋が大活躍してます)
・土日に1週間分の献立を考える
・子どもたちが遊んでいる間に夕食の片づけ、洗濯物を取り込んで畳む
・子どもたちとお風呂に入る直前にお掃除ロボットでリビング掃除をする
・子どもが就寝したら洗濯物を干す、朝食の準備、明日の洋服を並べる、明日着るパジャマも準備しておく、保育園の連絡帳を書く
・毎日ビタミン剤やサプリメントを飲んで体調管理の徹底化
・主人と今日の出来事を話す
・月1回家事代行サービスやシッターさんを利用する

■転職後の家族の反応
フルリモート・フルフレックス制度のおかげで、子どもたちは私が仕事をしていると気づいていない様子です。主人に対しては「今日はお仕事?」「会社行ってらっしゃい!」と伝えるのですが、
私には対しては何も言わない状態です。いいのか悪いのか分かりませんが、子供たちには”いつも通りのママ”と思ってくれているので大変有難いです。主人においては私が復職してから、今までしなかった家事を率先して行ってくれたり、労いの言葉を掛け合うようになったり、サプライズでお花を買ってきて喜ばせてくれたりと至って良好です。

■最後に
入社してもうすぐ1か月ほど経ちますが、毎日が新鮮で楽しく広報活動を行っております。
少しでもACALLのことを知って頂けるよう務めて参りますので今後ともよろしくお願いいたします。


この記事を見て橋本のことを知っていただけたでしょうか?
ACALLには個性豊かなメンバーが働いております。引き続き、社員ブログをお楽しみください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterで毎日つぶやいています。https://twitter.com/ayahas_acall

ありがとうございます!
11
ACALLのWorkstyleラボへようこそ! 人々の「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を実現するため、Practice and Spread(実践と発信)をするアカウントです。私たちのはたらき方やWorkstyleOSなど「ワークスタイル」について発信します。