見出し画像

Kobe Engineer SakeBash #1 ~神戸のエンジニアコミュニティを盛り上げよう~ を開催しました!

(この記事は2020年3月9日にACALLブログにて公開された記事です。)

エンジニアの氏本です。
先月開催したACALL主催エンジニア向けミートアップ「Kobe Engineer SakeBash #1 ~神戸のエンジニアコミュニティを盛り上げよう~」についてのイベントレポートを書いていきます。

以前お試しで開催した #0 もレポートがあるので是非ご覧ください

Kobe Engineer SakeBashとは

シリコンバレーのエンジニア界隈が発祥のBeerBashと呼ばれるイベントが由来となったものが「SakeBash」です。
BeerBashはBeer(ビール)とBash(賑やかなパーティー)から生まれた造語であり、神戸は日本酒(Sake)の有名な地域ということから「SakeBash」と名付けました。

また、弊社CTOの藤原が唎酒師の資格を持っていることも「Sake」にフォーカスした理由です。

このKobe Engineer SakeBashはSakeを嗜むだけでなく、神戸のエンジニアコミュニティを盛り上げることを目的にしています。

前回お試し開催した#0 が大好評だったため、今後も定期的に開催する運びとなりました!

当日の様子

タイムスケジュールは前回と同じで以下の通り。

時間 内容
19:00 開場
19:30 ACALL CTO藤原より乾杯の挨拶
自己紹介タイム
20:00 LT大会
20:30 交流会
21:30 終了

今回は開場後すぐにお酒・おつまみを飲み食いできるようにしました。
開始早々賑やかでしたね。

画像1


日本酒や551の焼売など、参加者の方からたくさんの差し入れを頂きました。
ありがとうございました!

今回カウンターに並んだ日本酒はこちら。
どれも美味でした。

画像2

藤原CTOの音頭で乾杯です

画像3

乾杯前なのにかなりお酒が回っている方もいました…

乾杯後は自己紹介タイムです。
「前回楽しかったので今回も来ました」とおっしゃっていただいた方も何人かいらっしゃったので嬉しかったです。

画像4

笑いの絶えない自己紹介タイム
この時点で僕は相当酔っ払ってて
「Go言語でこの会社を変えたい」
とナメた発言をしてしまったのですが、
なんと後日、弊社プロダクトへのGo言語導入が決定してしまいました!
野望は口に出してみるものですね…

自己紹介タイムの次はLT大会です。
テーマ自由、持ち時間5分で5名の方にLTをして頂きました。
今回のLT大会も個性的なテーマが多くて楽しかったです。
自作IoTデバイスの持ち込みがあったのは驚きでした…

画像5

今回は主催側からもLT参加者を出すということで、僕もLTさせてもらいました。
ベロベロに酔ってグダグダだったんですがウケたっぽいので良かったです。

画像6


LT大会終了後は、参加者の皆さんで集合写真を撮影をしました。
参加者の皆さんありがとうございました!

画像7


参加者の皆さんからの声

今回もアンケートを実施しました。
今回もたくさんのご好評を頂きました!

やはり藤原さんの選ぶ酒は美味しい!
楽しかったです。#2きたいしてます!
会社の雰囲気や、業務の進め方などを知れて大変有意義でした。
ありがとうございました。

新型コロナウイルスの影響もあり今後の開催については未定ですが、早く次回開催したいですね…
今後も参加者の募集はconnpassで行う予定です。
connpassのACALLメンバーになっていただくと、開催通知が来るので是非。

最後になりますが、ACALLでは共にプロダクトをつくっていく仲間を募集しています!興味のある方は以下をご覧ください。


ありがとうございます!
4
ACALLのWorkstyleラボへようこそ! 人々の「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を実現するため、Practice and Spread(実践と発信)をするアカウントです。私たちのはたらき方やWorkstyleOSなど「ワークスタイル」について発信します。