見出し画像

フィンランドのお母さんのある日の月曜日

"育児" "疲れた"とグーグル検索に入れるとたくさんの記事を見つかります。
私は母親ではないですが、この気持ちを働き側で感じたことがあります。
働きながらお家でずっとって大変だろうなと想像します。

フィンランドで働いている時に、自分が選んだこの仕事なのに疲れたなんて思ってはいけないと思っていました。子供に「あー、もう!」や「いい加減にしてよ!」と言うたびに、なんでこんなことしか言えないんだと落ち込みます。周りの冷静に対応している同僚を見て、私だけがこんなにあっぷあっぷしているのかとその自分の余裕のなさに情けなくもなります。

フィンランドの図書館でSali Helin著者のHuono äiti :ダメなお母さんという本に出会いました。著者が訳10年前にフェイスブックでブログを始めたことから始まりました。私もダメダメだよーという人が集まり、今ではHuono äitiはコミュニティになり、誰でも自分のダメっぷりをコミュニティに投稿することが出来るそうです。この本を読んだ感想や、みんなで話し合いたいと思っています。→イベント情報は下にあります

画像1


いつもの月曜日

5:00 旦那は今日から一週間の出張へ出かける。4歳がそこで起きて、もう寝ない...

6:30 10歳起床、学校の後に誰の家に遊びに行くかでごねる。母、辛抱強く対応し、更に帰宅後のおやつについても話す。

9:00 子どもは学校、私は少し体調が悪いまま仕事中。子供から風邪うつされたか...?

12:00 子どもたちにお惣菜を買いながら、電話をします。 

16:30 母、4歳を迎えに行きます。ここでお友達の誕生日会に招待されていることを思い出し、遅れているがとりあえずダッシュで向かう。

17:10 上の子をクラブから迎えに行く車の中で下の子が寝る。こんな時間に寝ると夜はどうなることやら... 上の子は就寝時間についてごねる。約束が守れるまでXboxのコントローラー取り上げることにするとヒートアップ。

18:30 子どもたりの大好物チキンソースを机に並べると、両方の子どもがもうこのご飯は好きじゃないと言い出す。



( Huono äiti, sari Helin, 2013 p.38) 
本より抜粋。オリジナルはフィンランド語です

画像2


あー、わかる!それに加えてこんなこともしているよ。
私ってすごく頑張っているじゃん!と思ったり、
こんなにもやっているけど、やらないという選択肢も実はあるんだと思えたりしてもらいたいなと思っています。

イベントのお知らせ

フィンランドワークショップomena (1)

10月のテーマは読書の秋

毎週金曜日の夜20:30から45分間
フィンランドで今話題になっている本や
フィンランドの育児本
教育に関する本など
日本人スタッフが読んでみた感想や内容の紹介をします。
スタッフが自分で使ってみたという経験談も一緒にお話します。
お申し込みはこちらから↓
https://peatix.com/event/1651911/view
4日分で500円

-------------------------------------------
イベント詳細

【フィンランドの教育はなぜ世界一なのか】
10/9 (金)20:30-21:15 終了しています!
岩竹美加子著書 新潮新書
そもそもフィンランドの教育ってどんなものなのか
フィンランド教育の基本情報や私たちスタッフがみたフィンランド教育の
リアルな姿についてお話します

【Huono äiti :ダメなお母さん】
10/16 (金) 20:30-21:15

Sali Helin著者 Tammi出版
著者が訳10年前にフェイスブックでブログを始めたことから始まり、
私もダメダメだよーという人が集まり、今ではHuono äitiはコミュニティになりました。
誰でも自分のダメっぷりをコミュニティに投稿することが出来ます。
"化粧したまま寝て、携帯は頭の上で転がっている。
同じ体勢のまま五時に起床。ダメな母親を始める"

"子どもを朝学校に送っていく道中スケート靴が必要だと言い出して
慌てて家まで取りに帰って届けたのに帰宅した子どもが言った
「今日スケート靴使わなかったよ」"
そんなフィンランドのお母さんたちの愚痴が詰まったエピソード集
フィンランドの子育てのリアルな姿をお届けします

【Satuhieronta :お話しマッサージ、ベビーマッサージ 】
10/23 (金) 20:30-21:15
Sanna Tuovinen 著者 WSOY出版

フィンランドのベビーマッサージは日本のベビーマッサージと
少し違います。
何が違うか、そもそも目的が違うようです。
このお話しマッサージは赤ちゃんだけではなく、小学校低学年ぐらいまで使えます。
本の内容の他にも、スタッフがフィンランドで実際に子どもたちに使った感想などもお話します。


【Huomaa Hyvä :ポジティブ教育】
10/30 (金) 20:30-21:15
Lotta Uusitalo-malmivaara & Kaisa Vuorinen著者 PS-Kustannus

自分の嫌いなところや、この子の直して欲しいところはすぐ見つかるのに
自分の長所、子どもの長所を見つけるのって苦手・・・
そんな人へフィンランドの長所を活かすとはどういうことかについての本です。
スタッフはフィンランドで著者のセミナーに参加したり
著者の下でインターンシップでした経験があり
本の内容について掘り下げて話します。

この記事が参加している募集

#読書の秋2020

2,487件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍏
10
フィンランドの保育、教育の情報や日本の保育とフィンランドの保育の違いなどフィンランドの保育経験者、日本の保育経験者の目線での情報を発信していきます より詳しい情報、ご連絡など→HP https://www.workshop-omena.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。