見出し画像

トップダウンとボトムアップ #0021

思いきって任せていくこと

キャンスタ編集部です。
冒頭に『思いきって任せていくこと』と自戒の念を込めて書きましたが、
実際には、思いきることは難しかったりしますよね。

「これだけの重大なことを任せて大丈夫だろうか」
「考えをもって、意図を理解してやってくれるだろうか」
など、実際は色々不安や疑念を生じながら任せているのも事実ではないでしょうか。

どの程度のことなら任せれるのか、その見極めも必要ですよね。

どんな有能な人でも一人でできることはおのずと限りがあります。

上司が信頼し任せること、部下は信頼されることによって、これまで以上のチカラを発揮されると会社も個人も成長につながっていきますよね。

ついつい、正解のない中と分かりながらも100%を求めてしまいがちですが、60%の可能性があれば、思いきって任せてしまいたい!!と言い聞かせながらやっています(;^ω^)

本日の問いは、『トップダウンとボトムアップ』についてです!!
トップダウンだとトップダウンと言われ、ボトムアップと言えばボトムアップがないと言われ、なかなか大変ですよね。

私の感覚的なバランスで[トップダウン8割:ボトムアップ2割]と動画の中でお伝えしましたが、皆様はいかがでしょうか。
トップダウンだけどトップダウンに見せないマネジメントのポイントも話しましたが、この動画を公開したときのメンバーの反応がいろんな意味でこわいです...😲!!

暑さに負けず、逆風にもめげずに、、本日も頑張りましょう!
働く皆様にGOOD JOB!

キャンスタ(Campus Studio)編集部より

円滑な業務遂行の相談はこちらまで

最後まで読んでいただきありがとう御座います!Works ID_キャンスタ編集部サイトも是非ご覧ください👍!

ありがとうございます!バランスよくいきましょう!
1
『働く』をデザインする-Works ID-です。 DX事業、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])導入支援事業ならびに、データサイエンス、人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシングの専門家です。