見出し画像

スペイン巡礼18日目:意地の25km踏破

2018/9/7 Boadilla del Camino-Carrion de los condes(約25km)

部屋はシニアが多かったので、みなさん朝は早め。ヘッドライトを使うのはいいけど、頼むからこっちは照らさないでほしい笑

アヤさんに「楽しんでください!!」と素敵な笑顔で送り出してもらった。「頑張って」ではなく「楽しんで」という言葉のチョイスが嬉しい。

外に出ると、カミーノを歩き始めてから一番綺麗な星空が見えた!大きい街も便利で良いが、車や電車だと通りすぎちゃうような小さい街に立ち寄れるのも、カミーノの醍醐味だ。

宿を出発し数分で、早くもサインが見つからずキョロキョロ。他にも同じような巡礼者がいて、みんなで協力して探した。暗闇というのもあるが、分かれ道が多いわりにここまでサインが見つかりづらいのは初めて。

どうにか分かれ道を突破し一本道を歩き続けると、次第に明るくなってきた。水路沿いで、朝焼けが水面に反射して美しい。

次の街、Fromistaまでは6kmほどだが、道も平坦だし1.5時間くらいで難なく到着。

水路を渡り、街中のカフェで朝ごはん。Fromistaはまあまあ規模も大きく鉄道も走っているし、バルもいくつかある。

既に膝やアキレス腱が痛くなっていたのでFromistaからバスに乗ってしまおうかと思ったけど、そもそもバスは通っていないため断念。

気を取り直して出発!車道の横の砂利道をひたすらまっすぐ歩く。どう考えても道は間違えようがないのに、やたらサインが多い笑 ぶっちゃけ朝の分かれ道付近に欲しかった笑

途中ひつじさんたちが横断。誰もはぐれることなくちゃんとついて行っていて偉いw

今日も快晴で涼しいから最高のコンディション!これで足の調子も良かったら、もっと楽しいんだろうな~

途中2つくらい小さな街を越え、20km地点のVillalcazar de sirgaに到着。この道中には、公園の休憩コーナーみたいなのが多くて便利だった。

既に12時をまわっているし20km弱歩いたし、普段なら終わりにするところだが、今日はさらに6km進みたい。

足の痛みが強まってきているため、明日からはまたバスカミーノに切り替えたいが、そのためには今日Carrion de los condesまで行く必要がある。

ビールとトルティーヤのボカディージョでエネチャージ。意を決して出発!と思いきや、何だか昨日潰したマメあたりが痛む。恐る恐るチェックすると、また再製されていた!!もう2度も潰したのに…しかも結構でかくなっている。

靴を履き直して歩き出すも、当たりどころが悪いのか、足を踏み出すたびにマメが痛む。潰れるのが怖くて、つい足を引きずるような歩き方になってしまった。

正直膝より何より、マメをかばいながら必死に歩いている状態。終いには、変なところに力が入り、マメがある左足のふくらはぎまで筋肉痛みたいになってしまった。

完全に意地でたどり着いたCarrion de los condes。
目当てのAlbergue Espiritu Santoを目指すも、道に迷い、地元の人たちに案内してもらい何とか辿り着く。

しかし!玄関のベルを鳴らしたが10分くらい反応がない。以前アルベルゲのレセプションがシエスタで閉まっていたことがあったのでまたそのパターンかと思いきや、無事オープンしほっとしたw

Albergue Espiritu Santoを選んだ理由は、全てシングルベッドだから!通常は二段ベッドのアルベルゲがほとんどだけど、足を怪我しているから…と毎回下段をお願いし、若いのに…と少し嫌な顔をされるのが私も嫌だった。

ベッド以外も最高だった!5€なのに広いキッチンと清潔な水回り、wifiも弱いが部屋で使える。まじでコスパ最強なのでおすすめ。

洗濯をしていると、カナダ人の少女のようなかわいい声をしているおばさんに何度目かの再会。そんなたくさんは会話していないけど、「また会えて嬉しいわ~~!!」と言ってくれる優しい人だ。

さらに、Beloradoでパスタを振る舞ってくれたイタリア人のマリオにも再会。相変わらずイタリア語で「元気かああ??」と喋りかけてくる笑 失礼だけど、存在そのものがおもしろい笑

wifiの調子が微妙だったので近くのカフェへ。テラスでファンタを飲んでいたら、隣の席のおじさん2人に「足痛そうだけど大丈夫?」と心配された。

大丈夫じゃないから明日はバスに乗る予定…と話すと、なんと彼らも乗るという!時間の関係で利用することにしたらしい。バスは今いるカフェの目の前から出発し、チケットもカフェで買えると教えてくれた。

名前は失念したが、とにかくツーリストインフォメーションの目の前のカフェ!w

CarrionからSahagunまでは所要時間約45分で8€!前にバスカミーノしたときよりかなり高いのでびっくりしたけどまあしょうがない。

スーパーで恒例のレトルトパエリアとカット野菜、モッツァレラチーズを買い、宿で早めの夕食。

2日前くらいからよく遭遇する韓国人グループの男の子がキッチンでがっつり韓国料理を作っていた。匂いからして最高においしそう。大きいしょうゆのボトルを常に持ち歩いているというから驚きだ。

サラダの味付けに、コンロ横にあったオリーブオイルを使用。少し食べてちょっと足りないな~と思いもう一度使い、戻すついでに「めっちゃいい匂いだね~おいしそう!」と韓国人男子に声をかけたら、

「ありがとう!……ところで……そのオリーブオイル僕の……」

全力で謝りました笑笑 まさかしょうゆとオリーブオイルの瓶を持ち歩いているなんて思わなかったよ笑 てか一回目で言ってほしかった笑

アルベルゲの共用キッチンには、よくシェアのオリーブオイルが置いてあるから今回もてっきりそのパターンかと…これからは念のため確認しなきゃだな…!

早々と撤収し、ベッドでごろごろ。結構本気でマメと膝が痛くて、歩くと足を引きずってしまい疲れるからもう動くのはやめにしたw

明日からはまたしばらくバスカミーノと休息日が続く。頼むから回復してくれ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
natsumi

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!サポートいただいたお金は、パリ生活を生き抜くために使わせていただきます。

Merci beaucoup❤️
3
パリ在住・インドを愛する24歳フリーランスライター。2018年5月からワーホリでパリへ。インバウンドのヨーロッパ市場を調査中。 noteでは、海外生活・働き方・旅に関して感じたことを赤裸々に綴ります。