Work&Us

Work&Us ワーケーション研究部です。理想の働き方とは?働く人・導入する企業・受け入れ地域など、多様な目線から課題や事例などを共有する事で、「変化する働き方のヒント」を見つけられる場所をつくりたい。そんな思いから、Work&Usのnote公式アカウントを設立しました。

Work&Us

Work&Us ワーケーション研究部です。理想の働き方とは?働く人・導入する企業・受け入れ地域など、多様な目線から課題や事例などを共有する事で、「変化する働き方のヒント」を見つけられる場所をつくりたい。そんな思いから、Work&Usのnote公式アカウントを設立しました。

    マガジン

    • 会社を支えるアイディア集

      ワーケーション導入を考える方々のヒントになりそうな記事を集めました。*面白い取り組み*興味深い捉え方*個人の想うところ etc... ステキなクリエイターさんたちの記事をまとめています*.♡∟§

    • Google記事からピックアップ★

      Google内にはたくさんの情報がありますよね!拾いきれない魅力的な情報がもっとあるかもしれない...!ワーケーションに関する気になる記事やニュースをピックアップしまとめてます★みなさまが情報収集する際に、少しでもお役立ていただければ幸いです♪

    • おすすめスポット!関東編

      ワーケーションで行きたくなる場所を紹介している素敵な記事を集めました。みなさんがワーケーションをされる際の参考になれば嬉しいです♪

    • おすすめスポット!信州編

      ワーケーションで行きたくなる場所を紹介している素敵な記事を集めました。みなさんがワーケーションをされる際の参考になれば嬉しいです♪

      • 会社を支えるアイディア集

      • Google記事からピックアップ★

      • おすすめスポット!関東編

      • おすすめスポット!信州編

    最近の記事

    固定された記事

    はじめまして、ワーケーション研究部 公式noteスタートします!

    はじめまして、Work&Us / ワーケーション研究部です。 この度、みなさんと未来に向けた「変化する働き方のヒントを見つける場所」について一緒に考え・つくり上げる場がほしいと思い、note公式アカウントを立ち上げることにしました。 立ち上げた経緯や、どんな研究をしていきたいか等について今回はお話しします。 ※ まず、私たちがなぜワーケーション研究部を作ったのか。 コロナウィルスにより労働環境の変化が訪れ、急激にテレワーク導入の企業が増えました。そんな中、ワーク(Work

    スキ
    31
      • 気になる記事をピックアップ★KeyWord「ワーケーション」ー2021年7月30日

        ワーケーションに関する気になる記事やニュースをピックアップシリーズ!みなさまが情報収集する際に、少しでもお役立ていただければ幸いです♪ 検索期間:2021年7月16日~2021年7月30日 * * * \ 注目の記事はこちら / * * * * *  ↓↓↓コロナ禍の影響で様々な分野で加速するサブスクリプションサービス。航空や宿泊でも実証がされてきているようですね。今後に期待です! JAL、「航空サブスク」実証実験 3万6000円で3往復とホテル3泊(Yahoo!ニュ

        スキ
        6
        • 気になる記事をピックアップ★KeyWord「ワーケーション」ー2021年7月16日

          インターネット上にはたくさんの情報がありますよね!拾いきれない魅力的な情報がもっとあるかもしれない...!ワーケーションに関する気になる記事やニュースをピックアップして、まとめてご紹介していきます★ みなさまが情報収集する際に、少しでもお役立ていただければ幸いです♪ 検索期間:2021年7月1日~2021年7月15日 ワーケーションは「仕事メイン」が理想だと約48%が回答、ガイアックス調査(INTERNET Watch) 仕事に疲れたら、足湯もバーも 新幹線でワーケーシ

          スキ
          5
          • なんてことない、特別なハンバーガー

            旅行がしたいな。 慣れない言葉が耳からはいり、高さの感覚が麻痺するほど壮大な景色が目の前に広がっている。その土地の空気や湿度で日本で食べてたバーガーの10倍は美味しく感じらるなんてことない、特別な300円のハンバーガー。人見知りながちな私でも、なんだか気持ちが大きくなるのか、お店の人にも気軽に話しかけてみたくなったりする。 帰ってくると一度身の回りのあらゆることが空になって、少しだけ世界が広がった気にもなる。不思議な感覚。定期的にまだ行ったことのない国に訪れてみたくなる。

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 会社を支えるアイディア集
            Work&Us
          • Google記事からピックアップ★
            Work&Us
          • おすすめスポット!関東編
            Work&Us
          • おすすめスポット!信州編
            Work&Us

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            街をオフィスに取り入れて考える

            こんにちは。ワーケーション研究部のY.M.です。 最近、在宅ワークで増えたプライベート時間で、ミニマリストの本をいくつか読んでいます。その中で、多くの人のバイブルとなった佐々木典士さん著「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」で登場した「街を間取りに考える」という考えが出てきます。 街の図書館を書斎に、銭湯はバスルーム、スーパーは貯蔵庫。街にある機能を自分の間取りに取り入れることで、自宅には必要最低限の物しか置いておかないで事足りるという考えです。 最近では普通となったシェア

            スキ
            4

            コロナが理由じゃない!?Y世代・Z世代が推す新しい働き方

            こんにちは。ワーケーション研究部sekiです。 気がつけば、4月もおわり。家で仕事をするようになってから1年が経ちました。 わたしは巷いう"Y世代"といわれる世代です。 入社したころは慣れない業務で毎日残業して、、終電近くまで飲む!なんて、、そんなような日々を過ごしておりました。 しかし今ではコーヒーを片手にカフェミュージックなんて流しながら自宅でオンラインセミナーの配信準備をしています。 仕事の仕方は変わりましたね。驚くほどに変わりました。こうなるなんて380日前くらい

            スキ
            7

            働く環境を自分スタイルに整える。

            ワーケーション研究部のY.Mです。 未来に向けた「変化する働き方のヒントを見つける場所」として皆さんと考え・つくり上げる場がほしいと思い、ワーケーションについて研究を進めています。 *** 最近【整う】という言葉を色々なシーンで聞きます。 「サウナで体感が整う」 「瞑想をして心を整える」 「心を整える朝掃除」 これらで一貫して感じる言葉の使い方が、物質的であったり視覚的に物が整うことではなく、最終的に「心が整う」といった内面的な変化を示しているのではないでしょうか。 2

            【体験レポ】都心から電車で1時間!高尾山でのワーケーション

            こんにちは!ワーケーション研究部のsekiです。最近よく耳にするワーケーション。テレワークにも慣れてきた今日この頃ですが、そんなに違うものなのか?何に魅力があるんだろう。そんな風に想い過ごしていましたが、体験してみないことには分からない!ということで、初めてワーケーションを体験してきました。魅力や課題を感じたままにご紹介いたします! ~場所選び~ 今回場所を決めるにあたりポイントとなったのはアクセスの良さでした。 東京駅からは中央線→京王線1回の乗り換えで約1時間、最寄り

            スキ
            5

            テレワーク2年目に感じること

            はじめにこんにちは、ワーケーション研究部/matsuです。みなさん、新型コロナウイルスによって働き方はどのように変化しましたか? 仕事おいても、密を避ける対策が必要となり、特に緊急事態宣言下では多くの企業がテレワークを行いました。これを機にテレワークを導入した企業もあれば、宣言解除後は従来の出社体制へ戻ったという企業もあります。 テレワークについて話をした時の友人の言葉。 友人A:「(最初の緊急事態宣言の発令当時は)在宅勤務というか自宅待機。家じゃ何もできないから。今は

            スキ
            10

            歴代の成功者が証明する!?アイディア創出に最適なロケーション

            先日、思い立ってワーケーションしたと言う知り合いにどうだったかと話を聞いてみた。 彼は、BtoB事業の営業マンとして働き、コロナが流行る前には週3~4日は気が置けない同僚と頻繁に飲みに歩くほど、人とわいわい話ながらコミュニケーションを取ることが好きな人だ。 彼がワーケーションに行ったと聞いて、海やらキャンプやら色々遊びに行けるような場所を選んだのかと思いきや、選んだのは「温泉」だと言う。 しかも1回どころでなく、既に幾度も温泉地でワーケーションをしていた。 「目的は働くこ

            スキ
            8