新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
note1_アートボード_1

コロナウイルスによる外国人人材の影響について


今日本で大問題になっているコロナウイルスの影響で日本経済に大いなる損害をもたらしていることはみなさんも普段生活していても感じるのではないでしょうか?

日本といえば観光産業で成り立っている国でもあるのにも関わらず海外からの観光客の数はどんどん減少していっています。たくさんのキャンセルも出ており、環境業に関わっている会社は会社が存続できるのかの瀬戸際まできているのではないでしょうか。これは大げさではなく本当にたくさんの企業の社長は眠れない日々を送っています。あるバス会社は、資産であるバスを数台売り次の売り上げにして食いつないでいる状況です。多くの旅館事業は倒産が続いています。キャッシュをあまり持っていない飲食店は明日が我が身の状態です。

この現状で今の日本の働き方を改めて見直していかなければなりません。

【SESという働き方】

画像1

SESという働き方はご存知でしょうか?会社にとって社員を雇うことはある程度のリスクが生じます。会社側としても雇われる側としてもメリット・デメリットはあることでしょう。

しかしながら今回のコロナウイルスの影響で正社員を雇っている企業はデメリットの方が強く出てしまったのではないでしょうか?さらに、基本的にオフィスに来ての業務を当たり前に行なっている環境であればなおさらコロナウイルスの影響をもろに受けていることでしょう。

正社員という雇用形態ではなく、SESという雇用形態にすれば今回のこのなウイルスの影響があったとしてもそこまで影響はなかったのではないかと思います。雇う側も雇われる側もSESという働き方に慣れているため、たとえリモートワークだとしてもしっかりと業務は果たせていることでしょう。
会社側としても今回のコロナウイルスの影響で業務に支障が出た場合は、SESという契約であれば金額も調整できますし、最終契約解除もできます。(あまりよくないですが、会社を存続させる上では仕方がないとも思います)

そもそもSESとはなんでしょう?

SESは「システム・エンジニアリング・サービス」の略でITエンジニアの労働力をお客様に提供する契約形態のことです。開発エンジニアでもネットワークエンジニアでも運用・保守の技術者もSESの対象になります。自社に請負の仕事がある場合や、自社開発している製品があれば自社内で仕事をすることもありますが、中小のIT企業であれば、ほとんどが客先へ常駐して仕事を行うことになります。IT業界は建築業界に似ています。大手のIT会社が大きなプロジェクトを受注する。エンジニアが足りないので、派遣やSES契約で外部発注する。受注した会社は、人が足りないのでさらに外部発注する…という構造になっています。実際に働いているITエンジニアとクライアントの間には何社も経由している、というケースもしばしば。ITエンジニアはプロジェクトが終わると他のプロジェクトへ参画する、という形で仕事をしていきます。
出典
https://engineer-shukatu.jp/column/archives/47144

あなたがエンジニアでなかったとしてもこの働き方は可能ですし、IT会社でなかったとしてもこの契約形態することは可能です。
SESの働き方に興味がある方は無料でカウンセリング可能ですので是非お問い合わせください。
お問い合わせ先: http://woogway.main.jp/


【オフショアSESとは】

画像2


私たちはインドにも会社を拠点として持っており、インド人のITエンジニアを現地で囲っています。今回のコロナウイルスの影響でVISAの問題が出て来て、日本に来たいけどいけない外国人人材もたくさんいますし、今から外国人エンジニアを採用しようと考えていた企業様も今回の採用は見送ろうと考えておられることでしょう。
しかしコロナの影響だからといっても経済は止まってはくれません。今の時代、一度でも足を止めてしまうと一寸先は闇です。常に走り続けなければいけません。会社をしっかりと走り続けさせすためにも、即戦力となる優秀な人材の確保はいつまでも会社にはつきまとう課題でしょう。

なので今回のコロナウイルスの影響があったとしても全く影響がない形でインド人ITエンジニアを紹介できる仕組みがオフショアSESです。
インドにいる状態で、自社のブリッジSEを担当にインド側のエンジニアと仕事をすることが可能です。
コロナウイルスの影響で新しい即戦力なるエンジニアの採用を諦めかけているあなた、ぜひ一度お話お聞かせくださいませ。


【今後の日本の働き方】

画像3

今回のコロナウイルスの影響でたくさんの企業が今までの働き方ではダメだろうと感じたことでしょう。日本全体でも働き方改革だ〜といっていたものの本当の意味での働き方改革ではなかった気がします。
今回のコロナウイルスの影響で浮き彫りになった日本の働き方にしっかりと目を向け、会社として舵を取ることができるかどうかがこれからもしっかりと存続できる影響力のある会社になるかどうか決まってくるでしょう。

また会社員の方々も安心できなくなって来ました。会社が上記のようなことに気づき舵を切り始めた時に浮き彫りになってくるのがいらない人材をリストラしていくことでしょう。そして外からSESの雇用形態で優秀な人材を採用していくことでしょう。そうなった時にあなたは安心して今のままで過ごすことはできますか?会社に長く存続するからすごいなどの幻想はもう終わりを迎えます。

しっかりと地に足をつけて自分のスキルを高めていきましょう。たとえ一人になったとしてもしっかりと仕事をとって来れるスキルを身につけましょう。決して会社員をやめてフリーランスになるべきだとはいっておりません。自分の中でたくさんの選択肢を増やすためにスキルを身につけてください。

【まとめ】

株式会社WooGwayは、ITフリーランス、PMOの高額案件を紹介しています。私たちの強みは、継続的な案件の紹介と徹底的なフォローアップによるあなたのキャリアアップをサポートします。

SESの働き方に興味のある方はご連絡ください。


また即戦力になるインド人ITエンジニアの紹介を業界最安値でご紹介するサービス 『IT Jobs Japan』も運営しております。オフショアSESやインド人ITエンジニアの採用を考えられている方は是非ご連絡ください。


運営会社:株式会社WooGway


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたもインド好きですか?
8
元アクセンチュアCommunication&HighTech産業、メディア産業、資源産業、官公庁に対する業務改革、計画立案およびIT導入のプロジェクト管理実施�アクセンチュア時代の半分以上は、グローバルプロジェクトを経験現在 株式会社WooGway設立し10年目
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。