見出し画像

世界はインド人CEOで動かされている part3

インド人CEO達が今世界で注目されているのはご存知でしょうか?


今回の記事はPart1~Part3までございます。

今回はPart3です。まだPart1,part2を見てない方はまずそちらからご覧ください!

part1はこちら


part2はこちらから

Shantanu Narayen, Adobe
Sundar Pichai, Alphabet, the parent company of Google
Satya Narayana Nadella, Microsoft
Rajeev Suri, Nokia
Punit Renjen, Deloitte
Vasant "Vas" Narasimhan, Novartis
Ajaypal "Ajay" Singh Banga, Mastercard
Ivan Manuel Menezes, Diageo
Niraj S. Shah, Wayfair
Sanjay Mehrotra, Micron
George Kurian, NetApp
Nikesh Arora, Palo Alto Networks
Dinesh C. Paliwal, Harman International Industries

上記の企業のインド人は全員CEOなのです。
9つの理由からなぜインド人CEOが選ばれるのか解説していきたいと思います。今回は最後の三つをご紹介させていただきます。

7. Authenticity and adaptation
〜真正性と適応〜


画像1

SNSの普及のおかげで今まであまり日の目の浴びなかった個人がSNS上でフォーカスが当てられているため、その人の価値と性格に焦点を当てられる時代なため、今まで埋もれていた人たちが自分たちで発信することができ、本当のすごい人たちが現れてきました。
さらにインドではSNSの普及が人にフォーカスが当てられるため本当にすごい人は自然と有名になっていきます。

また適応性とは、インド人は多種多様な人種がいます。さらに宗教や価値観が違うため、様々な環境や状況に対応して生活して行かないといけません。
そういったインドでの環境が適応力をアップさせ、会社経営でも役立っていることでしょう。


8. Time is precious, time is infinite
〜時間は貴重で、時間は無限〜

画像2


2006年にインドに移ったとき、同期時間の概念と、それが職場にどのように適用されるかを発見しました。
インドでは人生において仕事とはどのような位置に値するのでしょうか?
インド人にとって仕事はどのくらいかk地があるのでしょうか?
その考え方がたくさんのインド人CEOを生み出しているかもしれませんね。
人生を考える上で時間についての価値観はとても重要ではないでしょうか?
どこの国で生まれようが、カーストが低かろうがお金持ちであろうが貧乏であろうがみんな平等に365日二十四時間存在します。その時間の使い方は人それぞれ様々な使い方をすることができます。どのような配分でも誰も文句を言うことができません。
時間についての考え方でとても面白い価値観を持ったインド人の言葉を一つ紹介させていただきます。

Time perception means the way we view the passing of time; is this for us a series of passing events (sequential) or is it synchronic, where past, present, and future are all interrelated?"

時間と言うものは、過去に流れた時間を見る方法です。これは一連の通過イベント(順次)ですか、それとも過去、現在、未来がすべて相互に関連している同期的なものですか?」

この理論は、バランスを再定義する際にマイクロソフトのCEOであるSatya Nadellaの時間に対する考え方と一致しています。

「私がやろうとしているのは、私が深く関心を持っていること、私の深い関心を仕事と調和させることです」と彼はオーストラリアの金融レビューに語った。マイクロソフトは、自分の情熱を追求できるプラットフォームであると考えています。そしてそれは私に多くの意味を与えます、そして、それは、私にとって、リラクゼーションの究極の形です。」


9. A belief in meritocracy
〜実力主義の信念〜

画像3

フォーチュン500企業のCEOになりつつある移民はめったになく、注目に値しますが、アメリカの働き方でもあると考えられています。恐らく単純化しすぎて、それは市場、投資家、従業員が固執する難解な物語であり、CEO自身によって具現化され受け入れられた資本主義がアメリカなのです。
インドの国に還元したいと思うたくさんのインド人が雨rかに渡り資本主義の社会で活躍しています。  

まとめ


全9つのタイトルからインド人CEOがなぜ世界で注目を集めているのか
ご紹介させていただきました。これからは確実にインド人たちと一緒に仕事をする時代がきます。早めの行動をとりインド人エンジニアの採用を急ぎましょう。

インドの背景をみて少しでもインド人エンジニアについて、インド人について興味を持たれた方がおりましたらぜひコメント、いいねお待ちしております!

IT Jobs Jpanaではインド人ITエンジニアの人材紹介を行なっておりますが、
3ヶ月のトライアル期間を設けており、実際に働いてみて双方がしっかりマッチするか否かをお試しできる期間があります。
その際の金額などはURLをご覧ください。
外国人採用でお困りの方がおられましたら、お気軽にお問い合わせください。

私たちWooGWayはインド人採用に特化したインド人紹介サービス”IT Jobs Japan”を運営しております。インド現地にも法人を構えており、自社に約1000人のインド人エンジニアを抱えております。
日本のエンジニアの人材不足少しでも解消して日本に新たなIT革命を起こすためにインド人エンジニアの採用を企業の選択肢に入れてもらうために週一回インド・IT・エンジニア・テクノロジーのキーワードで記事を書いています。興味を持った方は是非フォロー、コメントお待ちしております。!

http://itjobsjapan.online/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
元アクセンチュアCommunication&HighTech産業、メディア産業、資源産業、官公庁に対する業務改革、計画立案およびIT導入のプロジェクト管理実施�アクセンチュア時代の半分以上は、グローバルプロジェクトを経験 現在 株式会社WooGway設立し10年目
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。