緑川匠

毎年100名面接する「採用担当者」 大手人材会社NO1→新規開拓で地方へ(NO1)→企業買収→社員0名のベンチャー企業に転職→現在、所長兼採用 面接人数は、数千名 離職率が高い「IT業界」で「離職率3%以内」を継続中 採用担当者の「役立つ情報」を発信中! 妻大好き(現在、闘病中)

緑川匠

毎年100名面接する「採用担当者」 大手人材会社NO1→新規開拓で地方へ(NO1)→企業買収→社員0名のベンチャー企業に転職→現在、所長兼採用 面接人数は、数千名 離職率が高い「IT業界」で「離職率3%以内」を継続中 採用担当者の「役立つ情報」を発信中! 妻大好き(現在、闘病中)

    最近の記事

    「求人票作成のコツ」媒体に依頼する前に『簡易求人票』を作成しよう!

      求人媒体に仕事を頼む前に、社内で決定しておいてほしいこと。 それは「簡易求人票」を作ることです。  上手く「インタビュー」してもらい、「上手い求人」ができあがる。 だけど、思っていた人材から「ズレた」応募者から応募がくる。  応募者多数だけど、書類通過「ゼロ」・・・ そんな経験ありませんか?  私は、20年ほど「エンジニアに特化した」「採用責任者」として「人事採用」の最前線で、現在も指導をしています。  今だから伝えれる「求人票作成前のコツ」についてです。 「簡易

    スキ
    3
      • 「採用担当者」が選ぶ。「良い営業担当」「ダメな営業担当者」4選!

        「求人媒体」を使用するときは、「相性の良い営業担当」と仕事をした方がよい。 と、お伝えしました。 ですが、「どんな営業担当が良いのか」その基準がわからないと思います。  私が見てきた「良い営業担当」の特徴「4選」と「ダメな営業担当」の特徴「4選」 合計「8選」を見ていきましょう。   私は、20年ほど「ある業務に特化した」「採用責任者」として「人事採用」の最前線で、現在も指導をしています。  「営業担当」との関係も、20年間で、「独立する人」「昇進する人」「移動する人

        スキ
        1
        • 「4大求人サイト」どこが御社に合うのか?使用した感想

           「4大求人サイト」とは「リクナビネクスト」「DODA」「エン転職」「マイナビ転職」の事をさします。  採用をする上で、必ず聞いたことがある「4媒体」だと思います。  では、どのサイトが「あなたに」にマッチしているのでしょうか?  今回は、「4大求人サイト」を使用してきた「感想」をまとめました。  私は、20年ほど「ある業務に特化した」「採用責任者」として「人事採用」の最前線で現在も指揮をしています。  そして、「4大求人サイト」を何度も使用してきた経験があります。

          スキ
          1
          • ベテラン採用担当者による、「大手転職サイト」と「求人広告代理店」の違い

             採用担当者にとって、「人材採用」は非常に重要な業務です。 会社が大きく成長するか、停滞するかは、あなたの仕事次第で変ります。 採用は「会社の要」と言って間違いは無いでしょう。    そして、採用担当者が、まずはじめに悩む事。  ・「広告代理店」か「本体」どちらが得なのか?  今回は、この「問題」について、私の意見をお伝えします。  私は、20年ほど「ある業務に特化した」「採用責任者」として「人事採用」を指揮してきました。  そして、「大手転職サイト」「求人広告代理店

            スキ
            2