ワカナ

4匹のねことつつましく暮らしているアラフォーであります。独りものゆえの気ままかつ意識低い系食生活の記録です。 たまに趣味で撮る写真も載せます。

自作弁当

月曜から金曜まで毎日同じおかずを食べて満足する、そんな意識低い系による手作り弁当についての記事です。手抜き感と茶色みあふれる内容が特徴。

  • 39本

今週のお弁当 2022.1.17-

週始めからしょっぱい話になるけれど、今朝は夜通し枕の半分を陣取っていたもののけ姫に、顔面を踏まれた挙句すかしを喰らって目が覚めました。踏まれたというか、右ほほから渡り始めてしっかり顔面を横断された。あの、ねこの肉球特有のぷに感だけなら全然大したことないのだけれど、しっかり爪まで食い込んでくるもんだから、もう否応なしに覚醒せざるを得ないわけ。で、ばちっと目を開けて「コラっ!」って言おうとした矢先、目の前ぎりぎりのところ、なんでわざわざそこ?!っていう絶妙な至近距離、に位置してい

スキ
16

今週のお弁当 2022.1.12-

今週は三連休明けに有休をくっつけて取得するというお大尽的ふるまいにより、月曜から一泊二日で恋人と伊豆方面に遠足に出かけてきた。百億万年ぶりに温泉につかり、存分に(魚)肉欲に溺れ、大変に楽しい週明けを過ごしてまいりました。 富士山の名を冠す県道があると聞いてはいたけれど(223号線)、よもやよもや、海の上とは。 初日はよいお天気だったので、静岡側からの富士山もばっちり拝めた。相変わらずいい漢ぶりでありました。 温泉と(魚)肉欲に溺れる2日間を過ごした後、いつものようなお弁

スキ
22

今週のお弁当 2022.1.4-

6日間あった冬休みも終わり、今日から2022年の業務開始。6日あったとは言えども29日から31日までは、大掃除(のまねごと)やおせち(のようなもの)作成のため、「お前、普段仕事行ってん時より働いてね……?」「なぜ日ごろからその本気を出さない?!」ってくらい、我ながら獅子奮迅の働きぶりであったため、体感としては3日休んだ気しかしない。 ま、でも連休はこのくらいがちょうどいいかなって気もしますね。欲を言えばあと1日休めたら最高だったけども。でもいいのこんくらいがちょうどいいのよ

スキ
37

今週のお弁当 2021.4.19-

仕事にはいつも手製のお弁当を持参して、昼休みに職場のデスクでもりもり食べることにしている。ついでに言うと、11月からは寒くなるのでスープジャーに手製のスープを入れて持参していた(それとふりかけごはん)。この習慣になってかれこれ4年ほどになるだろうか。 このところだいぶ暖かくなってきたので、今週から持参する昼ごはんをお弁当に切り替えることにした。ということで、いつまで続くか分からんですが、これから時々「今週のお弁当」なる記事を書いてみようかなと思います。 今週のおかずは、

スキ
19

ソロキャンプ

星空撮影の練習がしたくて始めたばかりの、ソロキャンプについての記事です。 撮ったり燃やしたり呑んだり呑んだり呑んだりしています。

  • 14本

ソロキャンプ 2021.12.3-4③日の出とTKG編

6回目のソロキャンプ記録、前回からの続きです。 12/4土曜、朝5時すぎに起床。枕元の温度計はマイナス1℃を示していた。テントの向こう側はまだ真っ暗、バッチクソに寒い。 夜中に何度か目が覚めてしまい、あまり眠れなかった上に、とにかく寒くてなかなか身体が動かない。しばらく寝袋に入ったまま、コットの上で「蟲の呼吸・芋虫ノ舞 喪曾喪曾」を使い、こわばった身体をほぐす。ひどく喉が渇いていたので、昨夜寝る前に水筒に入れておいた蕎麦茶も飲む。やはり12月ともなると、空気の乾燥ぶりがす

スキ
35

ソロキャンプ 2021.12.3-4②羊肉と星空編

6回目のソロキャンプ記録、前回からの続きです。 午後4時を過ぎて、富士山が朱に染まり始めた。ということは、そろそろ晩ごはんのお時間であります。 この時期の日没はあっという間だ。暗くなってから料理をしたり食事をしたりすると、粗忽者は何かをひっくり返したり、焼かなくていいものをウェルダンにしたりする可能性が高まるので、早めに晩ごはんに取りかかるようにしている。個人的には、日没と同時に晩ごはんが終わっているくらいがベストだ。 さきほど林間サイトで拾ってきた松ぼっくりを着火剤に

スキ
36

ソロキャンプ 2021.12.3-4①ふじさんとカレーめん編

先週末に、6回目のソロキャンプに出かけてきました。 2021年のキャンプ納めのつもりで、ずっとあこがれていた『あの』キャンプ場にお世話になったのですが、最高のお天気に恵まれてすばらしい一夜を過ごすことができました。 今回も、のちのち自分で振り返ってニヤニヤするために詳細を記録しておこうと思います。例によって写真が多くなったり、無駄に長文化するかと思いますが、よろしい覗いてやろうぞという寛大なお心の方は、どうぞお付き合いください。 さて、6回目のソロキャンプ。今回の目的地

スキ
39

ソロキャンプ 2021.11.5-6②星空と紅葉編

5回目のソロキャンプ記録の続きです。 ひたすら燃やす&呑む&にやにやする、の永久運動をしているうちに、気づけば21時。頭上の星空がいい塩梅になってきたので、この日のメインイベント、星空撮影練習を始めることにした。 カメラを三脚にセットし、ザックがパンパカパンになるまで詰め込んできた防寒着一式に着替える。防寒着は昨冬色々と試行錯誤した結果、ユニクロの極暖上下+Tシャツ+フリースを重ねた上に、みんな大好きワークマンで購入した上下を組み合わせるスタイルに落ち着いた。 ワークマ

スキ
49

自作メスティンめし

自宅およびソロキャンプで作ったメスティンごはんについての記事です。多すぎると分かっていながら毎回一合めしを炊き、はつはつの腹を抱えて苦しむところまでがワンセット。

  • 11本

メスティンオイルサーディン丼

今夜の晩ごはん、メスティンオイルサーディン丼。といだ米一合を180ccの水に浸け、20~30分程度給水させたのち、ガスバーナーの火にかける。始めはやや強気の中火にし、メスティンの中が沸騰してきて吹きこぼれはじめたら、限界まで火を落とす。蓋の上にオイルサーディンの缶詰を載せて、このまま10分程度炊飯タイム。この時、火がまんべんなく回るように、メスティンの位置を時々ずらしながら炊飯する。 (屋内でのガスバーナー使用はくれぐれも自己責任でどうぞ) メスティンから「チリチリチリチ

スキ
35

メスティンほたてごはん

今夜の晩ごはん、メスティンほたてごはん。といだ米一合と170ccの水(白だし少量入り)をメスティンに入れて、30分以上吸水させる。その上にほたて貝柱の缶詰を汁ごと入れ、バーナーの強火にかける。メスティンが吹いてきたら弱火に落とし、まんべんなく火が当たるように時々メスティンを動かしつつ、チリチリ音が聞こえるまで熱する。チリチリ言い出したらほんの少しだけ火力を上げて、チリチリ音が強くなり、ほんのり香ばしい香りがしてきたところで火から下ろす。メスティンをタオルでくるんでひっくり返し

スキ
13

メスティンたけのこごはん

今夜の晩ごはん、メスティンたけのこごはん。白だしと水を合わせたもの180ccに米一合を漬け込み、30分以上給水させる。下処理済みのたけのこを一口大に切ったものと、缶詰の焼きとり(塩味)をその上に乗せて、やや強めの中火で熱する。吹きこぼれてきたら火を限界まで弱めて、その後は全体に火がまんべんなく回るよう、メスティンの位置をこまめに動かしながら炊飯する。メスティンが「チリチリ…チリチリ…」という音をかすかに立て始めたら、ほんの少しだけ火を強めつつ、メスティンを前後左右に移動させ続

スキ
20

メスティンパエリア

今夜の晩ごはん、メスティンパエリア。お米一合に対して180ccの水と、S&Bパエリアの素、殻と背わたを取ったバナメイエビ、あさり、パプリカにアスパラをメスティンに入れて一時間吸水させる。吸水タイムが終わったら炊飯し、ひっくり返して10分蒸らしてできあがり。サフランの恩恵を受けて黄金色に炊き上がったパラパラのごはんに、あさりと海老の旨みが存分すぎるほど染み込んでいて……めっちゃくちゃおーいしーい!海鮮の出汁ってのはすごいもんだ。海老とあさりは、その出汁のみならず、ぷりんぷりんの

スキ
18