見出し画像

2024.7.9 『がけ地条例』知ってますか?

福島県建築基準法施行条例において、下記のように規定されております。

条例にでは、30°を超える斜面については、『がけ』として適用され
高さ2mを超えるがけの下端から、がけの高さの2倍以内に建築を行う場合には、構造上安全な擁壁を設けなければならないと規定されおります。

山間部の多い会津地域では、がけ地条例に抵触する敷地も少なくありません。
ですが、このがけ地条例には、適用除外となる場合や緩和措置がありますので、もし、新しく建築しようしている土地ががけ地に該当しそうな場合は、早めに建築士等にご相談されることをお勧めいたします。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?