見出し画像

22卒|就活・入社エピソード(エンジニア編)

株式会社Winas

こんにちは。
前回営業編で記載した、22卒たちの就活・入社のエピソード、今回はエンジニア編をお届けします。

入社直後の研修で書いた本人たちのエピソードをどうぞ!

ー-----------------ー---------------

着実に理解を広げて周りを巻き込む!一番成長できるスタンスの持ち主(by 人事)

長島(ながしま)

ー---------------ーー-ー
出身:栃木県
趣味:ラーメン・日本酒・サッカー観戦
ー---------------ーー--

皆さん、こんにちは。新卒入社の長島と申します。
これから私がITを選んだ理由をお話ししたいと思います(^^)

実は、私には小学生の頃から、当時の担任の先生のような、子どもたちの一人一人の良さを引き出し、教室をみんなの笑顔で溢れさせる先生になりたいという夢がありました。その思いを胸に国立大学の教育学部に入学しました。現在の学校教育について、新たな発見と学びの日々でした。

学びを深めていくにつれて、現在の現場の学校や教員と私が理想とする学校像教員像との間に、大きなギャップがあり、私がなりたい「人」になることは難しいのではないかと思い始めました。葛藤の果てに、私は「教員」になりたかったのではなく、自分自身が人の役に立つことで、人々を喜ばせる、そんな「人」になりたかったのだと気づきました。

同じ大学時代、私はディズニーランドでアルバイトをしていました。教員になることへの違和感を感じ始めた頃に、アルバイトを通して日々感じていたことがありました。

人対人のサービスだけでなく、ITを使った技術が、たくさんの場面で「便利」として人々の役に立っていること、たくさんの人々を喜ばせているということです。


IT業界のインターンに参加し、システムを実際に作る楽しさや、こうしたらもっと便利なのではないか、ユーザーが使いやすいのではないかなど、相手を思ってシステムを作ることに楽しさを覚えました。友達にシステムを使ってもらい、使いやすい、便利、面白いと言われた時、私のなりたかった、人を喜ばせる「人」になれる、そしてこの分野を極めたいと思うようになりました。

自分の思いを込めたシステムを作り、そのシステムを通じて使ってくださった人々を喜ばせたい。その思いでITを選びました(^^)


水泳国体選手!強いメンタルと素直さを持ち合わせた、人の何倍も努力できる人(by 人事)

渡邊(わたなべ)

ー---------------ーー-ー-
出身:福島県
趣味:音楽・スポーツ
ー---------------ーー--

こんにちは!2022年4月から株式会社ウィナスに新卒入社いたしました。
ワタナベと申します!!

本日は私がなぜ何万とある会社の中から株式会社ウィナスを選び入社したのかを、大学のエピソードや会社で感じたことを2つに分けて紹介しながら発表いたします!

まず初めに、私が入社した理由は一言で言うと『人と会社の考え方』が好きだったからです!
大学時代、100人規模の「水泳部」に所属していました。その人数の部員がいるとどうしてもぶつかることや、上手くいかないこともたくさんありました。私はそんな4年間の大学水泳を通して、「人との繋がりの大切さ」や良くも悪くも「類は友を呼ぶ」ことを学び、社会に出る上で「人」の関係性を大事にしている事と、同じ考え(人生を生きていく上の方向性)である会社に入りたい!という強い思いで就職活動を始めました。

次に私は「何をしたいか、何ができるか」を考えたときに、興味本位で趣味程度に行っていたプログラミングを極めれば世の人の役に立てる!と思いエンジニアとしてのスキルをまずは身につけることから始めようと決めました。しかし、エンジニアとしてのスキルを身に付けるのであれば独学でも学べますし、ITの会社は何万とあります。

そこで私は、なぜ「ウィナス」という会社に就職するという選択肢を選んだかと言うと、先ほどお話しさせていただいた『人と会社の考え方』が好きだったからです。入社してからも感じましたがなんと言っても人が暖かい…。そして会社の「何事にも楽しむ姿勢」や「楽しみや喜びを提供する」「海外にも目をむけている(視野の広さ)」という考え方に感銘を受けウィナスに入社することを決めました。

私はまだ入社して間もないですが、この「大好きな環境」で働いていけることに感謝しながら、1日でも早く会社・世の中に貢献できるように日々精進して参ります!

ー-----------------ー---------------

いかがでしたでしょうか?

今後もウィナスのメンバーの人柄や、どんな思いをもっている人がいるのか、沢山発信してゆけたらと思います♪

▼ぜひ営業編もご覧ください


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!