批判にも2種類あるように思います
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

批判にも2種類あるように思います

いきなり本題に入りますが、新型コロナの対策や選挙など見ていて必ず批判する人がいますよね。

批判自体は必要だと思います、そこから新しい考えや改善が生まれてくるので必要なものだと思います。

ただ批判する人にも2種類あるように思うんです。

全否定する人
いい所はきちんと評価する人


全否定し、相手をたたきまくって追い込むような批判をする人は見ていて残念です。

いいところがあっても、それを無視 あるいはそんなの大したことないと言って見ようとしない批判者。

一方、批判はするがいい所はきちんと素晴らしいと言える批判者。

同じ批判者という呼び方をしても、まったく違う人だと思うんです。

最近のニュースやSNSを見ていて感じたので書き残してみました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東大阪で生まれ育ち地域を盛り上げるために活動して20年を超えました。 ナレッジ 代表、東大阪地域情報サイト「東大阪バーチャルシティ www.h-osaka.com」 管理運営、布施プロレス運営責任者、マスクド東大阪 公式代理人、ふ・せ・の・わ 責任者、布施商店街企画委員