寄稿_ことみん

《寄稿》私が御社を蹴った理由~この広い宇宙で、また~



こんにちは!
フーモアインターン!
伝説の新卒一期生!内定者の一人! !


....であった三村と申します。


そう、タイトルからもわかる通り私はフーモアの内定を頂いたにも関わらず、入社しないことを決めました。

インターンでは新卒採用のお手伝いをさせてもらいました。他の内定者ともたくさん交流をしました。
一緒に働くことを想像してわくわくしたり、、、


ああーー、なんてセンシティブな内容の記事!!!
普通であれば聞くのも言うのも憚られる内定辞退理由を記事にしてアップさせようだなんて、やっぱりフーモアの新卒一期生、または人事のお兄さんはちょっとどうかしてるなと思うわけなのですが、、、
書くことにしちゃった、、、


というわけで!
今回の記事では
”フーモアのインターンも経験し、新卒一期生として内定を頂いていた私がなぜ辞退をしたか”
について、依頼を受けた経緯にも触れつつお話していこうと思います!


【なぜ依頼を受けたか】


ある日突然内定者の一人(酒豪) から私のところに連絡がきました。


“「他社に行った内定者がフーモアを蹴った理由」についての記事を書いてほしい!”

なにそれ怖っ!
(LINEで内定を辞退した報復か、、?)

というのは大袈裟ですが
なんとも書きづらそうな内容だなぁというのが最初の正直な感想でした。


ただ、よく考えみると
そんな内容の記事、私だったら読みたいなあと。内定を辞退された理由を会社が公開しているところは少なくとも私は見たことがないし、きっと読む人にも新しい、面白いと思ってもらえる!

それに、この機会に思いを整理して言葉にすることによって、今後働いていく中で自分が大切にしたいことを確認できるかなと思ったんです。


いつもコソコソ読んでいるみんなのnoteに参加できるのも嬉しいし!!


というか実際そんなに言いづらい理由もなくない?!


というわけで、今回の依頼を受けさせて頂きました!(ノ´∀`)ノ

【フーモアの魅力】

理由に言及する前に前提として伝えておきたい事は、
私はフーモア新卒一期生になる気満々!であったということです。

(元々いわゆる”滑りどめのベンチャー”だったのでは?みたいに思われたらすごく嫌だ!)


インターンとしても勉強させてもらって、
仲間にも会って、
いろんな機会を通して、
魅力や理由を見つけたから新卒一期生になろうじゃないか!!と思えた訳です。


以下、そう思うに至る理由になったフーモアの魅力を紹介させていただきます!


1つ目は
《新しいものを自分達で作り上げていける環境》です。
これは、事業内容に関しても、会社自体に関しても言えることでした!

インターンをしていた短い期間でも、それまでにはやっていなかった新しい試みがどんどん生まれていくところを見ることができました。

それに新卒一期生!ということで良くも悪くもなにも決まってない!!
後輩の採用も研修もみんなでやっていこうぜ!!そういえば学生相手のプレゼンもやってみれば?
なんていう人によっては不安に感じるような環境が、私にとってはワクワクの宝庫!
他の会社ではなかなか経験できないことであり、フーモアが良いと感じた理由の1つだったという訳です。

2つ目は
《自分の”好き”を諦めなくていい》というところ!

フーモアは副業が自由ということもあり、
個人でも様々な活躍をしている人がたくさんいます!
私自身も高校生の時からモデルなどの活動をしていて、就職したらそれも終わりか〜と考えていたので新しい道を示された気分でした。

それにただ形式として副業O Kというより、
仕事以外での活動、好きなことをすることが肯定されているっていう雰囲気がフーモアにはあるなぁと!
そんなところをとても魅力的に感じていました。


そして3つ目は
《人!同期!》

これが、フーモアの新卒一期生になるんだ!と思った一番の理由だったと言えます。

特に同期となる予定だった内定者は、属性は異なりますが全員推せます!!
“このメンバーの一員”であることに誇りを持てるような、そんな人たちが集まっていると感じていました。

インターンをしている頃、人事の西尾さんはよく「同期はマジで重要」と言っていたのですが、マジで重要でした。
(最終的に人を惹きつけるのは人なのかもな...)


というわけで、主にこれら3つの魅力から、フーモアの新卒一期生になるで!!
と思えた訳です。

【それなのになぜ辞退したか】

これだけ魅力を語っていたら内定を辞退した人とは思えませんね。私も一瞬忘れて語っていました。

ただ正直に言うと、入社することにした会社(以下A社)から内定をもらったとき、
フーモアとどちらにするか迷うということは
あまりなかったです。


それほど惹きつけられる圧倒的な理由がA社にはありました。

ではではここでやっと本題です!


私はなぜフーモアの内定を辞退して、A社(仮名)に行くことに決めたのか


それは
A社の事業があまりにも魅力的で、それに関われるチャンスを絶対に逃したくなかったからです!!!

もうね、基本それでしかないです。
自分が楽しそうと思うところ以外の、会社の大きさや福利厚生などといったものはガン無視就活をしていたし、、


ちなみにほぼ特定になりますが、A社は日本最大の宇宙関連の組織です。


内定を辞退した理由を一言で言えば、《事業内容》という感じになるのでしょうか?

ただ、私はアニメも漫画も好きで、元々フーモアの事業内容はめちゃめちゃ魅力的です。
文句ナシなのです。

それでも、宇宙の夢、ロマン、未来、ワクワク感、開発の発展に少しでも関われる誇りが私にとっては圧倒的でした。
先程挙げたモデルの活動であっても、宇宙の開発に関われるのであれば別に良いと思えてしまうくらいです!

また、私が働く上で大切にしたいと思っていた”新しいことに挑戦したり作り上げる楽しさ”や、”才能ある人を支えられること”はきっとA社でも実現できるとも思えたのです。


そのように、宇宙の圧倒的な求心力、宇宙開発の新しいことに挑戦し続けるという性質が
フーモアの内定を辞退する大きな理由となったのでした。

それ以外で強いてもう一つあげるのであれば、地方や海外の支部がA社にはあること!

行ったことのない場所に行きたい!住んでみたい!という気持ちが強いので、
仕事をしながらそれが実現できるのが魅力的でした。


【でもやっぱり】


先程どちらの会社にするかあまり迷わなかったとはいいましたが、
たくさん交流して、内定者の同期達と一緒に働く想像をしてきたので、後ろ髪を引かれる思いも確かにありました。

チャンスを逃したくないからA社に行くことに決めましたが、同時に新卒一期生として彼らと働くチャンスは逃すことにもなるんだよなと....


でも!今までだってそういう事を繰り返してきたわけです!
今は自分が選んだ場所で努力して、いつか一緒に仕事ができたら嬉しいななんて思っています!!


そしてA社でも尊敬できる先輩や同期ときっと出会えるので、
そのときは、フーモアのみんなで一緒に飲み会でもしたいなぁ。

【おわりに】


というわけで、
私がフーモアの内定を辞退して他社に入社を決めた理由についてお話しさせてもらいました!

文字に起こしてみると、自分ってこんな風に考えてたんだなぁという気づきが沢山ありました。

面白い記事になった自信はありませんが、
少なくとも私のためにはなりました!(笑)


内定を辞退した後でも交流があって、こういう機会ももらえることがとても有り難いですね!フーモアさん懐が広い!!
今後ともよろしくお願いいたしますヽ(''∀''*)ノ

そしてそしてさいごに、
フーモアのインターンでもなく入社もしない私は一体どんな立場なのかなと考えてみました。

結果、私はいつまでもファンなんだなと思います。

面白い事をしていたら自分の事のように嬉しいし、人にも自慢したくなります。

これからもフーモア、新卒一期生のファンとして応援させてください!


お付き合いいただきありがとうございました!
三村でした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
丹治「さんきゅ!一緒にテッペン目指そうぜ!」
29
株式会社フーモアの2020年新卒1期生で運営しています! フーモアの事業内容やメンバーの素顔、就活情報に最新のエンタメ動向など、これさえ読めばフーモアがわかる!というものを書いていきます。Twitterも→ https://twitter.com/Whomor2020

こちらでもピックアップされています

More More Whomor
More More Whomor
  • 12本

フーモアの先人たちによる新卒に対する金言集

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。