株式会社WFS

『ヘブンバーンズレッド』や『アナザーエデン 時空を超える猫』などのゲームを開発/運営するWFSの公式note。スタジオのことや働く人の想い、エンジニアの技術、ゲーム創りについて発信しています。 コーポレートサイト:https://www.wfs.games/

株式会社WFS

『ヘブンバーンズレッド』や『アナザーエデン 時空を超える猫』などのゲームを開発/運営するWFSの公式note。スタジオのことや働く人の想い、エンジニアの技術、ゲーム創りについて発信しています。 コーポレートサイト:https://www.wfs.games/

マガジン

  • ART BLOG

    WFSアートのブログを不定期で掲載していきます!

  • ENGINEER BLOG

    WFSエンジニアのブログを不定期で掲載していきます!

ART BLOG

WFSアートのブログを不定期で掲載していきます!

すべて見る
  • 2本

#8_エモい映画のご紹介

はじめまして、WFSの『ヘブンバーンズレッド』(以下へブバン)でシネマティクスを担当しています竹俣です。僭越ながらブログを書かせて頂きます! (かなりゆるっと。) 『へブバン』をはじめ、WFSの作品は「エモい」です。そういったプロダクトで、ドラマを形にするパートであるシネマティクスを担当させて頂けることはシネマティクスアーティスト冥利に尽きます。その「エモい」に絡め、今回映画の紹介をしたいと思います! ・・・っと、その前に、いわゆる「エモい」とは? と個人的に思うことをお

スキ
8

#7_ゲーム業界アーティスト向けの推薦図書

こんにちは、WFSのシニアエンバイロメントアーティストの南波です。 「エンバイロメントアート」というのは日本語で言うとゲームの「背景」とか「ステージ」にあたる箇所を制作する仕事です。 かれこれ業界歴は20年になりまして、エンバイロメントだけでなくライティングアーティストとしても活動しております。 今回のブログではゲーム業界の「若手アーティスト向け」の推薦図書をご紹介します。 アーティスト向けの推薦図書推薦図書の記事って、エンジニア向けのものはよく見かけるのですが、アーティ

スキ
25

ENGINEER BLOG

WFSエンジニアのブログを不定期で掲載していきます!

すべて見る
  • 6本

#6_CEDEC2022 Wright Flyer Studiosのセッション紹介

こんにちは、Wright Flyer Studiosのエンジニアの西田です。 いよいよ夏になってきましたね!夏といえばCEDEC!! CEDECとは日本のゲーム業界最大の開発者向けのカンファレンスです。 毎年、パシフィコ横浜に汗だくで行っていろんな他社様の事例を聞いて、ウチはまだまだだなあ、頑張らないと。という気持ちになってちょっと落ち込みながらおうちに帰った新人の頃を思い出します。 今年はオンライン!なので家、またはオフィスで同僚とセッションを見ることになりそうです。

スキ
13

#5_WFSのサーバサイドを支える技術

こんにちは。 WFSでサーバエンジニアをしている藤田です。 この度、WFSのブログが開設されましたので、現在のWFSのゲームのサーバサイドを支える技術について紹介させていただければと思います。 特に、私たちが2021年から2022年にかけてリリースしたゲームにおける採用技術を中心にまとめたいと思います。 サーバ構成まず、サーバ構成ですが、最近リリースしたゲームは基本的に全て以下のような構成になっています。 大きく分けて、お客様がアクセスするゲームAPIサーバ(API

スキ
12

#4_アナザーエデンのクライアントエンジニアの推薦図書紹介

こんにちは、株式会社WFSのエンジニアのシニアマネージャーをしている喜多岡です。主に「アナザーエデン 時空を超える猫」のクライアントチームのエンジニアリングマネジメントを担当しております。今回のブログでは、アナザーエデンのクライアントチームの推薦図書についてご紹介します。 開発体制の紹介アナザーエデンのクライアントエンジニアは18名(2022/06/02時点)で活動しています。中途採用のメンバーが多いため、家庭用ゲームを開発していた方が多く在籍しています。チームの平均年齢は

スキ
18

#3_とても開発が捗ったUnityのAssetのリスト

こんにちは、WFSでテクニカルディレクターをしている西田です。 みなさんUnityと仲良くしてますか。 WFSで直近リリースした3作品はゲームエンジンとしてUnityを採用しています。 UnityってAsset Storeに便利ツールやリソースがたくさんズラッと並んでますよね(たくさんあって迷う!) 内製でいろんなツールの開発はしているのですが、世の中に出ている便利なものはなるべく使ってゆきたい。ので、WFSではαやβ開発の初期にいろんなAssetを試してたりしています

スキ
39