私的読了記

14
ノート

ストックホルム ~「北海・バルト海の商業世界」を読んで~(私的読了記13)

ここ最近は「北海・バルト海の商業世界」(斯波照雄・玉木俊明=編 悠書館)という本をちょこ...

「風土」を読んで日本の特殊性を考える(私的読了記12)

(はじめに断っておきますと長くて粘着な文章ですので苦手な方は悪しからず。)「風土」(和辻...

『イカはしゃべるし、空も飛ぶ』 (私的読了記11)

<肴は炙ったイカでいい~♬>とは、演歌の一節だけど、イカを好んで食べる民族って、日本人く...

「大人の道徳 西洋近代思想を問い直す」(私的読了記10)

※最初に断っておくとやや長い文章です…(12,698文字)。 どこで聞いた話だったろうか、ある...

ここではないどこか(「断片的なものの社会学」を読んで:私的読了記9)

僕らは故郷(ふるさと)をさがして 旅をつづけている 夢見ている 王さまも、うぬぼれも、実業...

「貧困と闘う知」(私的読了記8)

「貧困と闘う知」エステル・デュフロ著 崔陽一、コザ・アリーン訳(みすず書房) を再読。 ...

あとさき

『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克之 著 集英社インターナショナル)...

『フラニーとズーイ(Franny and Zooey)』(私的読了記7)

『フラニーとズーイ』J.Dサリンジャー 村上春樹 訳 の読了記です。 気負い込んで読んでみ...

インドは摩訶不思議(私的読了記1)

『屍鬼二十五話 インド伝奇集』(ソーマデーヴァ 上村勝彦訳 東洋文庫323 平凡社)を読了。 ...

中世のセーフティネットを考える(私的読了記2)

『飢餓と戦争の戦国を行く』(藤木久志 朝日選書687)読了。 今までの中世観が変わった一冊...