見出し画像

note のマッチポンプ&被害者づらは、なんなん? TBT大学風炎上商戦なのかな?

(この記事が消されたお察しください)

本日、以下のことが起きたらしいっす
(おいらは仕事だったのであんまし詳細知らんので詳細キボンヌ)。

画像1

??????????????????????

え?(おいらは以下のように解釈しましたがあってる?)

・note が IPを 古き良き ▒cup掲示板(※1)のように、IPを誰でも見られる状態(記事投稿者のIPアドレスが記事詳細ページのソースコードから確認できてしまう不具合)にしてた。
・note が 謝罪&その状態を修正する。
・それが原因で、たまたまIPが一致する掲示板の書き込みがあって、その書き込みは自身でも家族でもないと訴える VTuber さん。
・note は見られる状態にした自身が悪いにも関わらず、その人を弁護士をつけてフォローすると、note 公式Twitterが公式RTまでしてアピールする。
・火種を蒔いた note に言いくるめられるままの VTuber さん。

(※1)▒cup掲示板のような状態・・・
世代でない人に説明すると、▒cup掲示板は、ソース表示すると投稿者のIPアドレスだっかリモートホストが漏れなく見られる状態がデフォルト仕様(他の掲示板サイトでも同様の仕様はいくつかあったが)の総本山みたいなところがあるってことで、筆者の勝手なイメージ且つネット古参の鉄板ギャグみたいなもんと軽く受け取めて下さい(現在ではさすがに設定でなんとかできるはずだと願ってます!)
某ひろゆきさんの本で、▒cup掲示板を名指して「サブドメインという仕様を知らなくて、サーバー増強ごとに新規ドメインを取りまくってたおかしな掲示板サイト」とネタにされるなど、ネット古参的には「あの懐かしいレンタル掲示板か!」って思えばいいやつです。
現在もいちおー存在はするということで、網掛けで名前を伏せさせてます(伏せきれてないですが)。

なんなんこの note のマッチポンプは?

ケーキ屋さんからノート屋さんになった note は、去年から今年にかけて、紙の商用誌のデジタル化の移行とそのサブスクリプションを受け持ってたり、著名人の参加が増えてきてるので、おいら的には順風満帆でうまく言ってるんだなぁと思ってた矢先にこれだと、なんだかなぁって感じです。

モヤモヤする点

VTuber さんが、一致するIPの書き込みの否定するのもそうですが(2chで昔IDが別投稿者でも一致することなんてざらにあるし、IPもプロバイダ都合で別契約者と一致することはよくあるみたいなので、なにも不思議はない。)、さらに VTuber さんがやるべきは note の運営責任の追求のほうが先なのではないでしょうか?

なんでそっち側について弁護士まで手厚くサポートしてますってアピールするの?
note 側の失態は追求しないでってなってるの?

不思議です。

仕様の欠陥が悪いのか、仕様の欠陥を悪用するのが悪いのか

一緒くたにするべきではなく、別件として対処すべきなのは確かなんですが、元はと言えば大本は note が悪いのではって風にはならないの?

まるで note のやらかしを誤魔化してるふうにしかみえない。

なんかこう、フジテレビが木村花さんのああいう番組しておいて、放送業界的には「番組を見て誹謗中傷したSNSが1000%悪いんだ!番組は一切悪くない!」と居直ってるような、あのモヤモヤする感じになんか似てるというか、そういう雰囲気を感じました。

「自分は悪くない!あいつらが悪い!記事投稿者全力で守る!」って姿勢の往生際が悪さすごすぎて、これで note 離れが Qiita 並みに加速するのではないかと懸念があります。

うん。

おいらは、note と Qiita と Hatena が、なんかこう好きになれない感じだったので、こういうやらかしは「好きになれないモヤモヤ」が少し晴れて面白いなと思いました。

おいらの歪んだお気持ち表明は以上です。


景気が悪くなってケーキ屋さんから、ノーと言えるノート屋さんになった note さんにサチアレ!!

p.s. おいらのプロバイダは「金沢ケーブル」です。

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか? 気軽にクリエイターを支援できます。コインいっこいれる。

3

こちらでもピックアップされています

note.weep.jp
note.weep.jp
  • 20本

とりあえず。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。