レスポンシブウェブデザイン作成メリット

レスポンシブウェブデザインをご存知でしょうか。

レスポンシブウェブデザインとは、ホームページの制作手法の1つになり、PCサイトをレスポンシブウェブデザインに対応させることで、スマートフォンで閲覧したときにPCサイトではなく、スマホサイトを表示させることが可能になります。

このレスポンシブウェブデザインでは、通常であればPCとスマートフォン閲覧時で見た目の異なるレスポンシブウェブデザインを見せるためには、スマホ専用サイトを作成しなくてはならないのですが、1ソースで対応が可能と言うメリットがあります。

このレスポンシブウェブデザインとはどのようなものになるのでしょうか。

レスポンシブウェブデザインとは

レスポンシブウェブデザインとは、以下のようなものになります。

ユーザがホームページを閲覧する端末は、スマートフォン・タブレット・PCの3つになります。
従来のホームページ制作であれば、PC・タブレットで閲覧するユーザにはPC用サイト、スマートフォンで閲覧するユーザにはスマートフォンサイトを表示させていたために、PC用ホームページとスマホ用ホームページの2種類のホームページを制作しなくてはなりませんでした。
しかし、レスポンシブWebデザインを活用することで、PC用とスマートフォン用でホームページを分ける必要が無く、1つのホームページで、PC・タブレット・スマートフォンのそれぞれの端末に最適化されたホームページを表示させることができるようになりました。
このように、端末ごとにそれぞれのホームページを制作せずとも、1つのホームページで端末ごとに最適化されたwebデザインを表示できる手法をレスポンシブWebデザインと言います。
なお、レスポンシブWebデザインには、複数の呼び方があり、レスポンシブ対応やレスポンシブデザインなどと呼ばれることもあります。
参考:レスポンシブWebデザインのメリット・デメリット|大阪のホームページ作成会社セブンデザイン

レスポンシブウェブデザインでは、基本的にはPCとスマホ、さらに要望があればそこにタブレットを追加させて、それぞれの媒体でホームページの表示方法を変える手法になっています。

このレスポンシブウェブデザインでは、HTMLは同一のものになっているのですが、CSSと呼ばれるデザイン要素のレイアウトをPC用とスマホ用で分けることが一般的です。

このHTMLが同一であるということが最大のメリットになり、例えばホームページにある1行のテキストを変更した場合、PCサイトとスマホサイトで2度更新を行う必要が無いのです。

レスポンシブウェブデザインのメリット

レスポンシブウェブデザインのメリットは、いくつかありますが、そのうちの1つにホームページの運営効率を高めることが可能です。

具体的に言うと、レスポンシブウェブデザインでは、従来のように、スマートフォンからのアクセスとPCからのアクセスを分ける必要がなく、1つのホームページでそれぞれのユーザにウェブページを閲覧させ、さらには最適なデザインでホームページを表示させることが可能です。

そのため、ソースコードが1つということは、テキストやコンテンツなども共通のものになってくるため、例えばページの1行のテキストを差し替える際に、1度の更新で作業が完了するということになります。

この1度の更新でホームページの改定を行うことは非常に重要になっており、例えば、1行のテキスト出ればそこまで問題も発生しませんが、レイアウト要素が関わってくるような少し大きなコンテンツ改定の場合は、PCでやった後にスマートフォンサイトの改定を行うとなるとミスが発生する可能性が飛躍的に高まります。

そのような問題を解決することができるため、レスポンシブウェブデザインは非常に効果的なホームページ制作手法になります。

その他のメリットとして、レスポンシブウェブデザインでの作成は、スマートフォン検索時の検索順位で少し順位を向上させることが可能です。

検索エンジンのグーグルは、スマホユーザに対してホームページを最適化することを推奨しているため、レスポンシブウェブデザイン作成を行っているホームページの検索順位を向上させているのです。

そのため、スマホ検索での順位を意識するのであれば、必ずレスポンシブウェブデザインでの制作を行う必要があると言えます。

現在のホームページ制作では当たり前

現在のホームページ制作においては、レスポンシブウェブデザイン作成は当たり前になっています。

そのため、ホームページを制作する際には、必ずレスポンシブウェブデザインでのホームページ制作を行うようにしましょう。

これらは見積書で、レスポンシブウェブデザイン対応がいくらくらいかかるのかなどを明確に打ち出しているため、もし必要が無い場合はその項目を削除して制作することが可能です。

そのため、提案としては必ず行ってもらうようにして、見積書を見てからレスポンシブウェブデザインの対応をどうするか検討することが重要になってきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。