井口富美子(いぐち ふみこ)の自己紹介
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

井口富美子(いぐち ふみこ)の自己紹介

林住記   井口富美子

経歴


ドイツ語翻訳者
立教大学文学部日本文学科卒業。専門図書館勤務を経てベルリン・フンボルト大学に留学(日本学科で翻訳・通訳を学び、独文科では東ドイツの作家クリスタ・ヴォルフを研究)。壁崩壊前後の激動の時代を体験する。帰国後は翻訳会社に10年勤務。2005年に独立し、主に実務務翻訳で生計を立て、数年前から出版翻訳に軸足を移しつつある。
2021年末、住み慣れた横浜を引き払い、琵琶湖のほとりに移住。

訳書


『宇宙英雄ローダン・シリーズ』(早川書房)
『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』(左右社、共訳)
『夜ふけに読みたい動物たちのグリム童話』『夜ふけに読みたい植物たちのグリム童話』(平凡社、監訳)
そのほか、「ヨーロッパ文芸フエスティバル2021」の一環でスロヴァキア作家、リヴィア・フラヴァチコヴァーのファンタジー短編『ぼくの未来を占ってみて』を英語から翻訳(WEB公開は終了)


寄稿

時間がある時のドイツ語勉強法   (通訳・翻訳ブック)
きまぐれ日本文学  (ほんやくWebzine)
16年目。たくさんの「利他の精神」に囲まれて  (通訳・翻訳ブック)
翻訳LifeHack  (通訳翻訳WEB)

登壇

鴻巣友季子「翻訳の深読み、浅読み」 (聞き手として)– 日本会議通訳者協会 JITF2021
コロナ禍における翻訳出版 現在そしてこれから (ワークショップ)2020年度 日本出版学会 春秋合同研究発表会
「翻訳者・通訳者・通訳ガイドがともに考える 『コロナの時代』をどうサバイブするか? 」(4名によるディスカッション) 日本会議通訳者協会 JITF2020
『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』(左右社)を共訳して  J-Net(英国 )オンライン勉強会
翻訳は消えゆく職業か?! 翻訳者と翻訳会社が共に考える、MT時代に人間ができること  (パネリスト)日本翻訳連盟 JTFセミナー


その他


ほんやくWebzine 編集委員
翻訳勉強会十人十色 主催
日本翻訳連盟 理事
Twitter @hinischani



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
林住記   井口富美子
訳す日々・さがす旅・みつけびと・野に暮らす・ 星月夜