見出し画像

Coachella 2019 生配信ありがとうの記録(音楽メモ)

4月12日〜14日、19日〜21日と二週にわたり、アメリカではCoachella(コーチェラ)ミュージックフェスティバルが開催された。大変ありがたいことにYouTubeでも生中継されていたので、私は日本の我が家の我が部屋にいながら現場の雰囲気を存分に味わわせていただいた。アメリカでは金土日の開催だったが、時差があるため日本では土日月の鑑賞になった。あちらも気候が良さそうで気持ち良さそうだった。

コーチェラといえばイギリスのグラストンベリーに次ぐ、私の中での憧れフェスである。私は海外の音楽が好きなので、海外のフェスにも行けるもんならいくらでも行きたいと思っている。ヨーロッパ旅行の際にはイギリス、フィンランド、スウェーデンのフェスに行ったこともある。

しかしアメリカはまだ未上陸。コーチェラはいつか絶対行ってみたいフェスの一つなのだ。ちなみにもう一つのグラストンベリーは、敷地が広大な上に相当環境が過酷そうなので(イギリス人は野外フェスで立ちションをするので衛生的にもきつそう)、憧れとは裏腹に現世では行かないかもしれない。

とにかくフェスの生中継は、様々な事情で行くことが叶わない人にとって大変ありがたく、もはや有料でもいいからもっと多種多様なところが配信してくれるといいなぁと思う。


以下に心に残ったアーティストを記す。乱文、順不同、個人的感想。


・FKJ
French Kiwi Juiceを意味するらしい。男性のソロプロジェクト。録音再生機材(Loop Stationみたいな?詳しくないからわからん)を使って、音をいくつも重ねながら一人で演奏する。ドラム打ち込み→キーボード→ギター→ベース→声サンプリング→サックス(順不同)みたいな、究極のなんでも屋さん。器用な人憧れるなぁ。ウユニ塩湖で演奏してる動画を発見!コーチェラよりしっとりめ。夜に合う音楽だねぇ。センスで生きてますみたいな若い男女が家デートの時に流してそう(褒めている)。


・THE 1975
THE 1975は最初のEPから聞いてるので、すっかり大人気になっていて感慨深いものがある。初めてライブを観たのは忘れもしない2013年。イギリスのLeeds Festivalで、若手が出るBBC Introducingというステージをぎゅうぎゅうにしてた。ファーストアルバムリリース前の夏のことで、その頃から熱狂に包まれていた。ロンドンの地下鉄には広告も貼られてた。きっと大注目のバンドだったのかなぁ。初期は割とギターが主張するロックバンドサウンド感強めだったけど、アルバムを重ねるごとにだんだん音楽性が広がっていって、予算も増えたからできる表現も増えて、しかもそれが全部かっこいいからすごい。ポップに寄ってきた感。今回のステージを見て、カリスマの域は通り越して、もはや大スターになったんだなと思った。諸般の事情(奇病)によりしばらく聴けてないので、最新アルバムも聴いてみたい。


・Ariana Grande
初めて聞いたんだけどすごく良かった。音楽ってインディーとメジャーでパフォーマンスの見せ方が全然違うなと感じた。インディーは割と技術的に不確かなところがあり、そのハラハラ感が好作用して、観客の空気感と共にその時々のグルーヴとエモさを作る双方向な見せ方。一方、アリアナのような超ド級のメジャーはエンターテインメントに徹していて、完璧に仕上げてきたパフォーマンスをお客さんに見てもらう一歩通行の見せ方で、いわばショー。
アリアナの音楽的なところで言えば、アメリカのヒットチャートによくあるシンセが小うるさいポップソングって感じもなかったし、サウンド的にはかわいい音が使ってあったり全体的にキュートなイメージ。なによりダントツ歌が上手くてびっくりして聞き入ってしまった!死ぬほどボイトレしてる人の歌。莫大な予算が掛かってる音楽って安心して聴けるなぁ。プロの技だ。アリアナは聞くための音楽でもあるけど、見るための音楽なのかも。


・Billie Eilish
こちらも初めて聞いたけどめっちゃ良かった。アリアナグランデとは対照的な、インディーの系譜にある音楽性。調べたらお兄さんとの宅録から始まったとかなんとか。ちょっとダークな世界観で、若い人に人気みたい(本人も十代)。今の若い人って能動的に文化を選べるから、大人がプロデュースしたいわゆる「若い子向け」みたいな音楽だけが人気になるわけじゃないんだなぁ。Billie自身は不思議な表現力がある人で、喋ってる時はダラダラした気だるい今の若い子って話し方なのに、ひとこと歌い出した途端に場の空気がガラッと変わる。もっと色々曲を聴いてみたいと思った。あとカメラワークが生配信なのにすげーかっこよかった。


・Kacey Musgraves
去年(だっけ?)フジロック来日前に知ってからすごく好きなんだけど、コーチェラは見逃し配信に間に合わなかった…!でもきっと良かったのではなかろうか!毎回思うけど、ライブ衣装(イケイケ)と音楽性(サーフカントリーみたいなん)が全然合ってなくて笑う。アルバムジャケットとか謎やもん。しかしその謎さも好き。リラックスする風が吹いたみたいな音楽性で好きです。晴れた日の休日に合う。


と、なんだかんだいろいろ書いてみましたが、二週間連続でライブ気分でとても楽しかった。以前は海外フェスの情報なんて相当気合を入れないとわかんなかったのに、急速に良い時代になったなぁ。諸般の事情(奇病)により音楽が二年以上マトモに聴けてないんだけど、映像付きならしんどくなりにくいし、ありがとうありがとうコーチェラありがとうという感じでした。以上〜



・おまけ日記

一昨日から急に暑くなった。百葉箱の如く定点観測しているのでわかる。一昨々日までは暖房をつけていたのに、一昨日には冷房を導入するまでに室温が上がった。日差しももガンガンに強くなり、窓越しに熱気がムワムワ入って、そりゃあもう暑いのなんの。この落差といったらもう。この春、ちょうどいい気候なんて一日もなかったことになる。地球にクレームの一つでも入れたくなるけど、いや待てよ、むしろ私たちが地球にクレームを入れられているのでは……と思えてくる。今年の夏が早くも心配だ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます😊 「いいな」「面白いな」と思ったら ♡のマークを押してもらえると励みになります! サポートもとても嬉しいです☺️ つかれた時とかにメッセージを読み返してます🍀

おおきにと申します☺️
17
その日のテーマとできごとを記録しています。遥か昔、note×KIRIN「紅茶のある風景コンテスト」で準グランプリ受賞(遠い目)。2020年からは自分のために書いてます。めちゃめちゃ引くほど病人なので、関西ほのぼの村でゆっくり暮らしてます🍵薬膳ごはんとすみっコぐらしと歌が好き☺️

コメント1件

純日本人の私的には、今年のコーチェラといえばPerfumeです。
日本の女性グループとしては初参戦なんだとか。
Perfumeに限らず、時間の都合で生配信は見られてないんですが、いつかそういうところに足を伸ばしたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。