エッセイストになりたいねん

135

最強のカーディガンを探す旅

突然寒くなった。いやいや寒くなりすぎじゃないですか?今朝は喉も痛いしこのまま風邪を引くんじゃないかとあたしゃ恐ろしい気持ちでいっぱいだよ……

我が名は同じパジャマの色違いを10着以上保有して24時間365日着ている狂人なのだが、外に出るときや廊下に出るときにそりゃあもう寒くてスースーしてたまらんので(ダイアンの津田さんからスーを頂戴している形)、カーディガンをその都度着るわけです。

しかしカー

もっとみる
ありがとうございます☺️
10

そんなに見る?

https://note.com/wataseshiano/n/ncae383c50622

ここにも書いたけど、今日はじめて車椅子で外に出た。

家の前の通りは人通りが少ないので、滞在した5分間で見かけた人類も5人くらいだった。

わたしたちの存在に気付いていない人を除き、めちゃくちゃ見られた。そんなに見る?というくらいに見られた。

車椅子ユーザーがよく抱くこの感覚に対して、「気のせいでは?」

もっとみる
Grazie ☺️
10

ぜんぶディノスのおかげ/2年半ぶりに家の外に出た話と車椅子の感想

ディノスのカタログ通販でインナーを買った。

ウール100%でホールガーメント編み(縫い目がない筒編みのこと)のやつ。

いわゆるヒートテックみたいな見た目をしている。

インナーにウールなんて暑くないのかなという気持ちと、でもディノスがこんなにも勧めているのだからきっと何かが良いのだろうという気持ちがあった。

わたしはディノスのことを心から信頼している。ディノスのおかげで我が家のQOLは少しず

もっとみる
Gracias ☺️
16

川久保玲のことをカーク・ボレーだと思っていたあの頃

まだファッションのことなんて右も左もわからなさすぎて自分が何を着ているのかもわかっていなかった頃、コムデギャルソンのことを小耳に挟み、その小耳への挟み具合が悪かったせいか、デザイナーの川久保玲のことをカーク・ボレーだと思っていた。

誰?

今もファッションのことがわかったとは言えないが、少なくともカーク・ボレーなる謎の人物は存在せず、川久保玲なる女性が存在することはわかっている。それだけで十分だ

もっとみる
Grazie ☺️
10

【腸弱き王女のためのお料理】豚肉と舞茸とバルサミコ酢のカレーが食べてみたい

※亡き王女のためのパヴァーヌ風タイトル

寒くなってきたのでカレーが食べたい。寒い上に暑いときもあるので温かくてかつ夏っぽいものが食べたいのだ。

カレーはまだカレーの王子様しか食べられていない段階なのだが、バーモントカレー甘口にならステップアップできるような気がする。

バーモントカレー甘口に合いそうな具材を考えるに、まあ肉は脂質的に豚ヒレ肉のブロックをスライスするとして、問題は野菜であるが、秋

もっとみる
ごっつぁんです☺️
8

最近の良いこと悪いこと

人生は良いことだけでも悪いことだけでもないので併記する、そんなnoteにしようと思う。

○良いこと

昨日のお昼ごはんに食べたパスタが美味しかった。豚ひき肉とマッシュルームのソースのねじねじパスタ。写真はない。

お腹をすぐに壊すのでずっと鶏肉と魚ばかり食べる生活を送っていたけど、血液検査の結果、腸に異常ナシとのことだったので自信が付いたのがひと月ほど前のことである。

弱気な腸に対して腸内細菌

もっとみる
Thank you very much ☺️
16

一人で寂しい。けど、孤独は恥ずかしいことじゃない

いま、わたしは寂しい。人との関わりを求めている。だからこうして、寂しさの丈を言葉に乗せてインターネットの海に放流している。まるで笹舟に願いごとを乗せて放つみたいに。

「孤独はかっこいい」なんて強がりなんだか本心なんだかわからないフレーズは、半分真実で、半分見当違いだと思う。それは、[孤独]を自らの意思で選択しているか否かで、本人の中に起こる感情が真逆になるからだ。

「一人になりたい」「人に疲れ

もっとみる
また読みに来てくださると嬉しいです☺️
28

喪失の響き

わたしには文学の才能ってものがない。自分で書いていて虚しいほどにわかる。語彙は少ないし、小説も数えるほどしか読めたことがないし、コツコツと地道な作業を続けるのも苦手だ。

それでも、書かないと生きられない瞬間があったから、これまで書き続けてきた。

わたしが本当にやりたい芸術は音楽だ。音楽でなら、どんな言いたいことだって表現できる。音は血肉となってわたしの中を流れている。こどものころからずっと、記

もっとみる
謝謝 ☺️
19

人はシェイクスピアにすらも慣れる

昔の洋画を重点的に観るようになってからひと月ほど経つだろうか、最初のうちは「すごい!白と黒ですべてが表現されている!」とかなり根本的なところにすら感動を抱いていたものだが、今では映画が白黒であることは当たり前に感じるようになり、逆にカラーの映画を観ると「うわっ、色が付いてる!」だの、「カラーなだけでなくデジタルではないか!」だの、過去から来た人のような反応を示すようになった。

そういう意味では私

もっとみる
また読みに来てくださると嬉しいです☺️
18

二年間外に出ないと夜に見る夢はどのように変化していくのか、という話

謎の奇病にかかりし候、私がぶっ倒れたのは今から約二年前のことである。それからしばらくはぶっ倒れ度120%の生活を送っていたため記憶が全然ないのだが、半年近く経ってぶっ倒れ度が110%になったあたりで面白い出来事があった。それは夢の内容が変わってきたということである。

最初の半年間は、過去のそれまでと変わらない、日常生活と関連性があるのかないのか分からない、いかにも夢夢しい夢を見ていた。ところがど

もっとみる
おおきにと申します☺️
30