見出し画像

【ポケカ CL東京完走!!!】大型大会『初参戦』ながら完走できた理由とは...あの有名プレイヤーと似てるデッキだった!?



♢前書き

みなさん初めまして!  わる😈 と申します。
noteへの投稿が初ということなので文章とても下手くそと思います。その点はご了承ください。

本文内容はデッキレシピから考え方まで割と全部隠さず書いているつもりですが、こんなただの一般人が書いた記事を有料化するのも烏滸がましいので全文無料でお読みいただけます。
タイトルに食いついて読み始めたあなた、まだ初めて間もないけど強くなりたいと考えているあなたは、暇な時間にでも軽く読んでいただきたいです。
(長々と話していますが少しでも多くの人の参考になれば幸いです。)


早速ですが、先日9/22に幕張メッセにて行われた「ポケカチャンピオンズリーグ東京(以下CL東京)」へ参加してきました。

まず僕がポケモンカードを始めたのは昨年11月(ウルトラシャイニー)が発売される手前ほどだったのでそろそろ1年が経とうとしている頃です。元々ポケカ以外の遊戯王やデュエマなどのカードゲームプレイヤーではありました。

ポケカを始めてからの接し方は主に「プライベートな友達(1人)と自宅で対戦する」くらいで、一般的に言われる大型大会や最寄りのショップのジムバトルにも参加したことはありませんでした。(貧乏学生なので1ヶ月ペースで新しいガチデッキ&ファンデッキを組んで不定期で対戦をする程度でしたw)

先にCL東京の結果を言うとなんと「7−3」で無事完走を果たしたのです!!!
次大会CL愛知出場の優先権が貰えたらしい、、、?(そのレベルです。)

言ってもまだ初めて間もない上に大会等で対人戦をまともにしていない、ましてや未だにルール覚えていない!(特殊状態のやけどとこんらんいつも間違える)そんな僕がそもそもなぜこの大会へ出場しようとしたのか、なぜ完走することができたのか。ざっくりと説明していきます。前置きが長くなりましたがやっと本編行きます!!!


♢CL東京へ参加しようとした経緯

まずこれまでの大会自体に参加していなかった理由は出場するのに「応募した中からの抽選での当落」ではなく、「締め切り開始から先着順での当落」だったのです!あくまでもこれは僕個人のイメージではあるかもしれませんが、そんな不平等なことがあって良いものなのかポケカへの嫌悪感がありました。その為、友達と楽しくやれればいいだろうくらいの気持ちでモチベの上げ下げを繰り返しながら純粋に遊んでいました。しかし、実際の大型大会の配信を見るうちにやっている以上は一度は大型大会に出てみたいなーと思うようになりました。

そんな時今回のCL東京では「抽選での当落」と言う情報を得て(多分結構気づくの遅いw)応募するくらいタダだしやるかと思い気軽に応募していました。するとなんと見事に当選することが出来たのです!!!(ほんとうに運ゲー)

当選したからには出場して本気で勝ちたいと思い、当日までの約3週間で本気で取り組もうと決意したのです。


♢デッキ選択と練習環境

前書きにも書いていますが、元々ポケカ以外のカードゲーム(遊戯王、デュエマ、バトスピ、ヴァンガード、などなど)はそこそこガチにやった時期がありました。この時も友達と遊ぶのがメインではありましたが、、、その為カードゲームを全くしたことがない0からポケカを始めた人とは少し違うかもしれません。
一度はカードゲーム界とは縁を切っていたわけですが、実際に始める少し前にポケモンのゲーム実況者である「ライバロリ」さんの動画との出会いがありました。その出会いをくれた友人からポケカをやらないかというお誘いを受け、まんまとポケカの闇にハマってしまった訳ですw
(この経歴はデッキ選択やプレイングにおいて結構重要なこと

これまで僕が主に使っていたデッキはこんな感じ!!!

画像1

友達からもらった「ロストマーチ」からポケカを始めてルールを覚え、1人で調べまくって初めて作ったのが「ピカゼク」。カードゲームで最も楽しいと感じる快感である大量ドローを行える「ルガゾロ」。炎が好きという理由から「リザードン」や安直にかっこいい「レシリザ」。イカとドラゴンタイプへの憧れから「ガブギラ」など。他にもこのようにしてちょっとずつデッキパーツを足しては新しいデッキを作るを繰り返していました。中でもやはり「ルガゾロ」のたくさんドローすることの快感は僕をポケカに夢中にさせた理由の1つと言えます。これだけは割と初期からこれまで長く使用してきました。

僕は環境デッキでバチバチにやるのもファンデッキでやるのも好きですが、割合は7:3くらいでしてますね。デッキを作る際にはまずショップ大会などで優勝しているものなどから丸パクリして少しずつ自分色に染めていくという作り方です。
(※重要)

さてここからは本戦で本気で勝ちに行く為のデッキ選択についてです。
デッキ選択で重要視していたことは、

1.環境をある程度考察した中で上位デッキ(になるであろうデッキ)に5分以上の勝ちが取れる
2.ミュウミュウやレシリザ以外で勝ちたい!
3.プレイングがガバガバな上に対人戦も経験がないので、使い慣れている且つ本番までの練習期間だけで上手くなる見込みがある


ということです。

ちなみに自分の中での環境上位予想はこちらです。

T1
画像2

・純レシラム&リザードンGX(レシリザジラーチ型)
・ミュウツー&ミュウGX(ミュウミュウ炎型)
・アルセウス&ディアルガ&パルキアGX (三神ケルディオ型 フェロマッシ型)

T2
画像3

・サーナイト&ニンフィアGX(サナニンフ ムウマージ型)
・カラマネロ系統(ガブギラ ウルネクなど)
・サーナイトGX(ペルシアン型)
・ズガドーンGX / アーゴヨン
・シルヴァディGXコントロール
・ルガルガンGX / ゾロアークGX(ルガゾロ系統


直前の大会結果などからざっくりとこんな感じなんだろなーくらいに軽く考えていました。その中で先ほどの重要視していた点も考慮して「ルガゾロ」or「シルヴディコントロール」の2択に絞り練習を始めました。(本当に練習時間がなくてデッキをしっかり選択する時間がなかった)

実際の練習のやり方としては先ほど考察したデッキを全て作れるようにデッキパーツを買い集め、ずっと一緒に遊んでいる友人に使ってもらってひたすら対戦&調整を繰り返しました。
その練習の中で「シルヴァディコントロール」は対戦中に求められる選択肢が狭く、運の要素が大きく影響するという感覚があったためにより安定に動き且つ選択肢が幅広くある「ルガゾロ」を使用することに決めました。


♢デッキ構築について

まず使い始めたては割とベーシックな「ルガゾロ」だと思います。このデッキも当初は結果を残している人のものを基本的には真似るとこからスタートしています。
個人的には

1.リセットスタンプを3積みにするか
2.フィールドブロアーを2積みにするのか
3.サポート枠は何にするのか
4.マーシャドー(リセットホール&やぶれかぶれ)は必要か

この辺りを悩んでおり、何回も対戦して上手くいかなければ交換しまた対戦を反復していました。

そして練習し始めてから固まりつつあった構築がこちらです。

9:22cl東京初期案

結果的にこのようにまとまり、序盤の安定性や盤面の構築、最後の詰め方などを考慮してこの形で出場することになりました。

しかし、本番前々夜既に友人との練習は出来ない状況になってはいましたが、ある懸念点や疑問点を抱きました。
それは、、、

1.ルガルガンGXの必要性
2.基本エネルギーの必要性
3.デデンネGXよりオドリドリGXの必要性

です。
1.は特性ブラッディアイは確かに強いが、ルガルガンで攻撃することの機械の少なさと序盤の盤面作りの難しさがあることや、そもそもプレイング次第でルガルガンなくても対処できるのではないかと疑問を抱きました。それに伴い2.の基本エネルギーの必要性にも疑いを持った訳です。

しかし、このラインを入れている理由は別にもあり、新弾にて登場した非GXルガルガンの環境への適応力をとても評価していたからです。結果的にGXは全部抜き、非GXだけピンでの採用としました。

画像5


3.においては、デデンネは「初動〜中盤までの事故を強引に解決すること」と「最後の詰めの際のデッキを引き切る」という役割を強く評価していました。

画像6

ですが、そもそもルガゾロは基本的に毎ターンポケモンを倒されることが前提なので「毎ターン確定3枚ドロー」できるオドリドリの方が安定性が増すのではないかと考えました。本番直前まで悩みオドリドリで行こう!と決めました。

画像7

ですがなんと、、、

そもそもオドリドリGXを買い忘れており持っていなかったのです!!!(まじでアホすぎる)
急遽前夜に東京のカードショップで買おうとするも夜遅くであった為にどこも相手おらず。朝一で行く事も出来ず最終的にそのままデデンネで行く事にしました。

そして最終的に本番に臨んだデッキがこちらです。

9:22 cl東京

練習初期と大きく変わった点は

・ルガルガンGXラインで減ったものををペルシアンラインの追加に
→確実にペルシアンを立てるためと大体1枚しか入ってないことが多いため相手の油断を誘えるため。伴い基本闘エネルギーをトリプル加速エネルギーへ変更

・マーシャドー(リセットホール)の採用
→無人発電所の怖さ、基本闘エネルギーを抜いたことでサポ枠が1枚開いたため。また、採用に伴いボール系も少し微調整

・マタドガス+ムサシとコジロウの追加
→相手の残りサイド3枚からのこのコンボが一番勝ち筋があると見込んで

・サポ枠の変更、無人発電所の採用
→ミラーマッチやルガルガンGXがないことを考慮しての採用

です。

直前にあった不安要素としては

1.オドリドリGXがない
2.ボール多めとはいえ、ウツギ博士が必要な時にサイド落ちにならないか
3.このデッキにしてから対人練習をしていなかった為、本当に思い通りに行くのかどうか
4.初めての大型大会に1人で参戦w

がありました。


♢当日の様子や結果

会場の雰囲気やマッチングの仕方、当日行われるマスターリーグ以外のサイドイベントなど全く知らない状態に加えて一人で参戦ととても冒険じみた事をしました。(まじで試合できんやったらどうしようか不安でしたww)

結果的にそれっぽい人についていき、分からない事や不安な事はスタッフに尋ねなんとか試合を行うことができました。

実際行った試合ごとの内容は軽くではありますがツイッターの方にツイートしていますので、マッチングや結果が気になった人は是非ともご覧ください。
(※ツイートよりももっと詳しく教えてよ!って人は個人的に連絡してくれると幸いです。できるだけご希望がある人には感謝しているので答えます。)


♢まとめ

こんな感じでCL東京へ参加した訳ですが、終えて思うことは「圧倒的に練習不足!!!」という事です。逆にいえばもっともっと練習して本番に臨んでいれば決勝トーナメントも夢の話ではなかったと思います。

また、「ルガゾロ」を握って戦い本当に悔いはないし結果に満足しています。
環境がどうとか勝率が高いかよりも、まずは自分はどんなデッキタイプが使用していて楽しくできるのかを考えてみて始めるのも悪くないかと思います。

そして個人的に1番嬉しかった出来事が、この「ルガゾロ」の構築がかの有名ポケカプレイヤーととても似たようなものだったのです!!!
(タイトルにしておきながらも最後の最後に言うやつww)

次の対戦の空き時間に僭越ながらお声をかけさせて頂いた際、とても丁寧な受け答えをしてくださり、僕が握ったデッキととても似ていると発覚しました。
(絶対にこんな端くれポケカプレイヤーの記事なんか読んではないと思いますが、この場を借りて感謝します。ありがとうございました!)
※実際レシピを見てみるとなんだかんだ相違点がありました。。。

ですが、その方と同じような思考まで少しでも到達できていたであろうことが僕のポケカプレイヤーとしての成長であると言えます。

この喜びを忘れずさらなる高みへと目指すべく次の大型大会CL愛知に向けての目標を立てました!

1.優先権があると思われるので出場はできる!事前の練習をしっかりとやりきる。
→本当に練習がものをいうと実感しました。少なからず自分が使用するデッキはプレイミスする事なく本番に臨むよう励みます!

2.ジムバトルや公式大会への積極的参加!
→1を行う為。友人とやるのは勿論だが、知らない人との対人戦もより実戦向きで経験がものをいう。(緊張感や本番を意識したプレイングの強化)

3.どこかしらの「チーム」に入る!
→1と2でも述べた練習をより濃いものにする為。練習相手が少ないとそれだけ思考の固定化が大きく違った視点や情報量が少なく圧倒的に不利!(しかし、そもそもチームへの入り方を知らない為検討、、、)

CL愛知ではまた環境も変わっているので、また一から頑張ります!!!

ここまで長々と書きましたがご覧してくださった皆さんありがとうございました。
普段からデッキ構築やおすすめカードなどツイッターでつぶやいていくつもりなのでこの記事がいいなと思いましたらぜひフォローしてください。
これから約1ヶ月程度はいいねやフォローしてくれた方全員にフォロー返そうと思っております!(9/24現在)

質問等ございましたらツイッターのdmもしくは質問箱(peing)も開設してますので気軽に質問してください。
それではありがとうございました!!!!!!!!!!!

twitter:@TORI_KOUNO_   わる😈/waru
質問箱:https://peing.net/ja/tori_kouno_


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6