見出し画像

社員がインセンティブの話しばかりの場合は…

池田わたる ✄美容師をちょっと良くするブログ✄

ちょと最近感じたこと。

どこの美容室のスタッフも、なんとなくインセンティブの話しばかり聞くことが多いです。現状に満足できていないのかわかりませんが、インセンティブの不満を聞くことが多いです。

どこのサロンとか特定ではなく、多くのサロンが。という肌感です。

【結論から】

社員がインセンティブの話しばかりの場合は未来を共有しろ。

自分の取り分を主張する人ばかりだと、人はどんどん離れていく。

それは「取り分の多いところがよく見える」から。

インセンティブではなく、きちんとキャリアアップや会社の方向性を共有できる組織を目指すことが大事。

【意外と多い】

美容師と意見交換していると意外と多いのが「インセンティブの不満」です。

給料、決裁権…その他何かとインセンティブに関する話が多い。

現状に満足できないのはいつでもあると思いますが、こと「自分の取り分」についての不満を抱えている美容師は多いのではないでしょうか。

【個人にも問題があるが、】

このような不満を抱えるのは、個人的なスケールの話しのような気もするが、組織に属している限り、やはり組織的なエラーもあると思います。

個人的な取り分に視線が集中しているのは「会社が未来を伝えきれていない」と感じます。耳ざわりのいいフワッとした回答ですが、とても重要だと感じます。

【伝えきれていない】

組織側のエラーとして考えているのは「未来を伝えられていない」ことだと感じます。

組織はどのような未来を描くのか。

そのためにはどのような計画があるのか。

どのような活躍するステージが用意されるのか。(キャリアアッププラン)

このようなことを、伝えきれていないのだと感じます。

組織側からすると伝えているのに…なんて言いがちですが、基本的には伝わりません。常に言い聞かせ、トップダウンでも構わないのでしつこく未来を描くことをやめてはいけないように思います。

あるあるなのが、組織の年度の始めにスタッフたちに発表される「年間テーマ」。

この年間テーマが、耳障りをよくするためか「よくわからないカタカナ」の場合が多いですよね。

体裁ばかり気にする組織にありがちなことですよね。

そんな耳触りのいいカタカナで、スタッフに通じるのでしょうか?

ボクは全く思いません。

共通言語の作り方は、誰もが簡単に理解できて暗唱できるくらいのものではないといけないと考えます。

【未来を語ることが重要】

未来を描けていないと、スタッフたちの気持ちは先を見ることを忘れて「現状」で判断することが増えてきます。

現状で判断することは「今より条件のいいところ」ということで、インセンティブでしか判断できません。

しかしインセンティブで判断することは、新たにより良いインセンティブが見つかればまた動くように表面的な行動になってしまします。

それを繰り返すほど、お客様はアナタについてくるのでしょうか。

圧倒的な価値が伝わっていれば場所など関係なくなると思いますが、インセンティブという表面的な判断しかできないような習熟度のアナタに、お客様がついていくとも考えにくいです。

つまり、働く側にとっても「組織の未来」は非常に重要で、組織側にとっては最早いうまでもないと思います。

【描ききれない】

ここ最近の美容業界は、引き続き人不足が続いています。

特に大手や大型サロンに関しては、キャリアのあるスタッフが抜けてしまい、幹部と若手。このように中間層がいない状況をよく聞きます。

これこそまさに未来を語れていない状況ですよね。

最近もブログにしましたが、未来を語らないと一向に変わりません。

しかしそこが改善されないのは、組織の未来を描けないからなのではないでしょうか。あくまでもボクの仮説です。

人がいない、売上はギリギリ昨年比保つ。スタッフは辞めていく。

いろんな問題が変数的に関わることで、どこから改善するか決めきれないと感じています。

だからこそ、センターピンとなる「未来」を決定する必要があります。

未来(ゴール)が決まれば、やることが絞られるはずです。

どこを目指すのかが決まらなければ、優先順位など決めることは不可能ですよね。

【まとめると】

社員やスタッフがインセンティブの話しかしない場合は「未来」を語る。

未来が見えないスタッフたちは、現状のインセンティブで他と比べます。

組織もスタッフも両方ともにそれでは幸せになれません。

人がどんどん離れていく組織こそ未来をデザインし、スタッフにわかりやすくしつこく

伝える必要があると思います。

今回は未来を語る必要性の話し。

みんなの日常のヒントになれば。

美容師、美容室へのサービス提供をお考えの方は、お力になれます。


ご依頼はDMから。




実績 : サロンコンサル、美容師向け勤怠管理のアプリ、訪問美容立ち上げ、サロン立ち上げ


資格 : MG戦略マネジメントゲーム インストラクター他


経歴 : 店長→スーパーバイザー→取締役→フリーランス 






#美容師をちょっと良くするブログ








✄訪問美容 fio (フィオ)✄




https://www.fio-hairmake-houmon.com











この記事が参加している募集

私の仕事

業界あるある

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
池田わたる ✄美容師をちょっと良くするブログ✄
小学生の頃からなりたかった職業=美容師✄ 高校生で美容業界に入り浸り。 店長・スーパーバイザー・取締役を経て、美容業界を俯瞰して見ています。 夢を叶えたからこそ美容師を良くしたい❗ 理想と現実の差をなくすことへの挑戦 美容師、美容室へのサービス提供をお考えの方は、お力になれます。