ネムキリスペクト

毎月ひとつのテーマで様々なユーザーの記事を綴る私花集『眠れぬ夜の奇妙なアンソロジー』ムラサキさん主催であるこの企画への参加歴をまとめました。

この企画は朝日ソノラマの「眠れぬ夜の奇妙な話」に敬意を評し始められた企画で、幾人かの癖の強い?常連参加者(ネムキ派)の方々をはじめ、彩り豊かな参加者が華を添える非常に面白い企画です。掲載作品は文章に限らず、毎月のお題に沿っている、音楽、絵、漫画、など多岐に渡り、自選他薦問わずどなたでも参加出来ます。毎月ムラサキさんの解題から始まるこの私花集『眠れぬ夜の奇妙なアンソロジー』。僕の此処での活動がこの企画に始まりこの企画で終われる事を、とても嬉しく思います。


1. 2018年8月号「花火」

初めて参加させて頂いた私花集「花火」。始めたての時に投稿した曲の名前がお題そのままの「花火」だった事からこのご縁が出来ました。僕自身とても思い入れの深い曲です。

2. 2018年9月号「海月くらげ」

「ものけいん」と言う曲を収録して頂いています。ものけいんはH.G.ウェルズの小説、またはそれを原作とした映画における透明薬で、それに気づいて頂けました。またNumber Girlの「透明少女」と言う言葉も出てきます。※曲は似ても似つきません笑

3. 2018年10月号「ダンス」

「夜にマチルダと酒場の前で」ウクレレソロを寄せさせて頂きました。その直後少し活動を休止した僕は、自分の続かなさ加減に嫌気がさし、一年は絶対に続けると決意したのでした。

4. 2018年11月号「月」

「星間飛行」という曲が載っています。珍しく良いマイクで録音したもので、あげていた多くの曲は構成から考え直すレベルの「素案」である事が多いのですが、この曲は前奏、後奏含め、かなりの所まで詰めた曲のひとつです。

5. 2018年12月号「渦」

以前フェリーの上から見た光景をそのままメモしていたものに曲付けしたもので、個人的にかなり思い入れの強い曲です。曲名は「朝が来たよ、モアズビー」

6. 2019年1月号「茄子」

童謡「赤とんぼ」の替え歌です。ナスの田楽が好き、赤とんぼも好き。そんなこんなでこうなりました。

7. 2019年2月号「あける」

曲の完成が間に合わず不参加でした。しかし、後日完成させ録音したものを没ネタ祭に投稿した所、私花集のマガジンにも収録して頂けました。感謝です。「途上の楽園」と言う曲です。※当然解説は無しです。

8. 2019年3月号「擬音・パリン...」

このお題は手も足も出ず、完全なる不参加でした。。

9. 2019年4月号「猫」

「防波堤の上で」と言う曲です。こちらも没ネタ祭を経ての後出しでした。申し訳なさと有難さで弾けます。湘南、鎌倉の曲です。海が好きです。あの砂鉄で真っ黒な浜も。※こちらも当然解説は無しです。

10. 2019年5月号「円盤」

ギターソロを寄せさせて頂きました。やはりソロとなると歌での誤魔化しが効かない為、まだまだ初心者の僕はかなり心細く、勇気のいる参加でした。オープンDで初めて完成させた曲でもあります。

11. 2019年6月号「ねむり」

「おとぎばなし」と言う曲を寄せました。眠れない夜の曲です。この2019年6月号はもうすぐ発刊されます。


以上になります。なんだか堅苦しく書いてしまいましたが、とにかく、色んな作品が集まっていて、お題にもクセがあり、単純にとっても、めちゃくちゃ楽しかったです!!

本当にありがとうございました!!!


#noteでよかったこと #ムラサキさんリスペクト #ネムキ派の皆さんリスペクト #楽しかったです

この記事が参加している募集

くうう、結局ケツの皮が厚い奴が勝つって寸法か!
36
【全曲著作: わたむし】08/06/18~08/06/19 (DD/MM/YY) 引退しました!

コメント5件

この度はアンソロジーのご紹介ありがとうございました。ご事情変わりましたら、また戻って来て下さいね。
ムラサキさん
自分の活動まとめを書こうとしたら私花集企画のまとめとほぼ同じ (私花集などマガジンに入れて頂いた曲以外は残っていない事もあり) 事がわかり方向転換しました!笑

ムラサキさんを始め、その周りの方々は何と言うかとても、当たり前なのですが「大人」だなあと感じます。人との距離感も、そしてこのプラットフォームとの距離感も。おっしゃるように気楽で、無理がない故に自然で、その上できちんと真摯で紳士的です。それはきっと何事に対しても大切な姿勢ですよね。

本当にとても考え抜かれた素敵な企画だと思います。そして単純にとっても楽しいです!僕が初めて参加させて頂いた時からたしかにお題が互選になったり、人気投票が出来たりと少しずつ変化してきました。
「続ける(存在し続ける)」為には必須な、試行錯誤を止めず柔軟である「変化」と言う要素、そしてそれが「現状維持」より優先されるための(ごく自然な)勇気と向上心とユーモアとやはり気楽さが感じられます。
どんな老舗の品もマイナーチェンジを繰り返し、根幹の一番大切な物を残して他は時代に合わせて大きく変わっていて。。人間の細胞もそれのように、文字通り全く変わらない物を価値すら変えずに残すことは至難の技ですよね。つまり変わっていないように見えるものの殆ども、それが今存在している事がちゃんと変化してきた他ならぬ証拠で。僕もそんな物が持つ軌跡はとても美しく価値のあるものだと心から思います。

何事も終わらせると言う決断を下すのと下さないのとでは大きな違いがありますよね。(特にふらっと来たり消えたりを気軽に許されるこのようの環境下では、宙ぶらりんでいた方が多くの可能性を残しているとも言えます。)と言った意味ではマガジンに載せて頂いたご縁でアカウントを残す事になった僕は、そのお陰で100か0の95くらいで踏み留まらせて頂けたとも言えます。でも勿論中途半端に決めたことではないので、やはりもう個人の活動はしない筈です笑☺️

本当にすべて、すべて、本当に、ありがとうございました!!
【追記】

ところで、映画は全然詳しくないのですが、沢山のいい作品を観たい!と言う欲だけはあります笑。見た映画の記録の為に作りました。https://filmarks.com/users/Manchurianash19?page=3 視聴済みの物を思い出し次第ちょっとずつ足してます。周りに映画好きの人が殆どいないので、時折はてななどにお邪魔した際、または違う機会にでも、こんなのいいよ!などあればいつか是非、おススメの映画の話など聞かせて下さい🙇‍♂️ プロフィール画像の作品も見てみます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。