とりあえず、始動。
見出し画像

とりあえず、始動。

まむ

やっと普通の生活に戻ったものの、歳のせいなのかなかなか体力が戻らない

少し前までは、ほんとに怖いくらい歩くの早くて人と人の波を瞬時に通り抜け歩くのが得意だったくらい

でも今はゆっくりにしか歩けない。体力が戻らないのか、もともと疲れやすいのにその上更に疲れる。1日が終わる頃には股関節が悲鳴をあげている。日によって膝、腰。下半身がもう初老。笑

自転車こぐのも歩く速度も、ほんとにおじいちゃんと同じ速度ときたもんです

でも不思議なもので

体がゆっくり生きろよ、と言っているみたいで

そのゆっくりの空気と世界観たるや。見る感じるものが一切変わって、世界がまるで違うよう。今を丁寧に生きてると感じる

もともとせっかちで頭が常にフル回転。おそらくHSPと言われる性質で、まぁ勝手に色々受けとる受けとる。頭でっかちで全て頭主導で生き急いでた感。その時は全く気づきもしない

宣言もやっとこ解除され、久々に会えた数少ない心の友たちは、口々に言う。今まで息してなかったよね、って。ずっと心配してたって、頼れって

今年は離婚して家売り払って引っ越して。全て水面下で道筋ついてから報告した事もあって、かなりハラハラさせてたんだろうな

そして私の本質、原点に戻り生きたいと気付いて。これからは楽しく生きていく事にしたと話したりして。終活や!なんて言ったりするけど笑 ほんとにそんな感覚。こんな時代だからこそ、娘たちにも好きなことで楽しく力強く逞しく生きて欲しい。好きな事なら力がでるDNAだもんな☺︎

やりたいこと、妄想膨らみすぎてそれだけでニヤニヤして楽しいけど、少しずつできることから動くぞ。めんどくさがりだけど、SNSも少しずつ楽しみつつアップしていこう

画像1

最初の包みは近くにあった本。ななめ包み。使った外国の新聞は、昔アホほど集めてたりもらったもの。更に年月を経ていい感じに茶色くなってた。それにこれまた好きすぎて集めてた色んなリボンや糸やらの切れ端などから、今の気分で選び結んでみた。これだけだとかっちりしがちな外国新聞紙だけど、少しこういった素材を合わせるだけであったかい雰囲気になるところが個人的にたまらなく好き。あげる相手の事を考えて、イメージをわかせてその時々の季節や状況に応じて素材を選び包む。プレゼントを選んだその人の心を届けるような、そんな送り主の想いを紡ぐ包み手、心を結ぶ人として活動すると決めた


簡単に自己紹介

10数年前にラッピングマイスターの資格をとるも子供も小さく専業主婦だった事もあり、資格取得で満足しそのまま経過。勇気も行動力もなかった頃。それでも小さい頃から憧れで大好きだった雑貨店で働きたい!と念願の好きな某雑貨店で面接を受け1度落ちるも、諦めきれず再び受けて、その頃フルタイムしか取らないと言われてたところを初の時短勤務として取ってもらうことに成功(今思えば鋼の心だな…笑)

その後娘たちの成長と共にフルタイム勤務へシフトし契約社員に。現在働いて7年目。売り場のディスプレイから仕入れ検品に商談、数字。色々な物を包む経験、提案、接客。皆が全ての業務をしながらその時々の状況に合わせ考えながら動く職場で、仕事量の多さと忙しさと大変さに不満もまぁ…どこでも出るよね。笑 結局は好きが原動力なんだよなー。そして今は任せてやらせてもらえてきた事のありがたさと、強みをもの凄く感じる

そんな日々の中でもっとこうできたら、お客様のできたらこうして欲しい、それぞれの心により丁寧に寄り添い、形にして笑顔にしたいと強く思うように。今までの経験と私らしさで色々提案できると感じてニマニマ準備中☺︎


さて、ほんとにやりたいこと山盛りだな。課題もまぁ山盛りだけど、ウキウキしかない

しかしなかなか、仕事と家事と育児と。最近は私が娘たちに助けられてる事の方が多めだけど笑 お金ももちろん大事。でも今までのやるべきと思ってやってきたことの20%で十分だと気づけた事がなによりも大きい。そこが息してなかったに繋がる。衝突しうるさい女だらけの暮らしも笑いの絶えない日が増えた。すごく楽な気持ちで日々過ごしていたりする。もちろんキーキー言ってうなだれる日もある。でもバランス取れるようになったなーと感じる

とりあえず毎日小さいことから、やりたい事やって楽しんで過ごしてると心が穏やか。振り回されることが少なくなってきた

ほんとに不思議だな

そして、平和☺︎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まむ
包み手☺︎アナログ人。紙や糸・布やボタン、温もりを感じる素材を組み合わせ扱う事が好き。思春期2人娘と昭和なアパート暮らしをはじめ色々経てもうがんばる事やめました☺︎私の原点、楽しみながら想いを繋ぎ結んで生きていく。直感に従い心のままに。温もりを届けたい。私らしく始めます