見出し画像

GA4について理解したことを、社内共有だけにしようと思ったけど、理解があっているかわからないので晒してみます。

Google Analytics4。言わずとしれたGoogleさまが提供してくださるアクセス解析サービスの新世代と理解しました。今まさに大きな世代交代をあからさまに目撃できる節目に立つ僕らです。

今までも世代交代を続けてきたGoogle Analytics(略してGA)ですが、新世代への交代は今までと違うと感じました。同様に「ぜんぜん違う〜」とWordPressEC界隈の人達も感じているっぽく、こないだ参加したMeetupで知りました。

何が違うの?

GAのホーム画面がまず違います。ビューがありません。この時点で結構パニクりました。下図はついこないだ入れたばかりのGA4データ取得画面です。特徴は…GA(UA)のデータが引き継がれません。まっさらからスタートです。タグも仕込まれたゴール設定も何も引き継がれません。つまりもう一度再設定しなければならないのですが…ここまでデータを引き継げないには理由があるはずです。

画像1

引き継げない理由。様々なサイトを旅して考えていました。そして出てきた答えは「今までと測定の基準が思いっきり変わっちまった」って予測。

ページ閲覧という概念じゃなくなったと思う

画像2

GA(UA)まではサイトの「ページ」にアクセスしたことを記録していましたはずです。さらにページの中に機能的なボタンを配置していた場合、「タグ」を設置してデータを取るなんてことが日常茶飯事だったと思います。しかしシングルページアプリ化したサイトや、スマホアプリと組み合わせたマーケティングをしている場合、ましてアプリに表示されている内容は実はサーバから取得しているデータだったという場合、「ページ」という概念がありません。あえていえば「一画面」という概念でしょうか。

画像3

note.comさんのアプリをサンプルに見ても、小さな画面の中にいくつものアクションが配置されています。このアクション一つ一つにタグを割り付けても良いのですが、記事が次々読み込まれるアプリにおいて、ページの区切りってどこなんだ? つまりどの段階でページビューとしてカウントするの? というGA側の計測データ区切り問題にぶち当たります。無限スクロールだと、物理的に見えている画面は1画面ですが、読み込まれているデータはもっと先まであるはずなので。(これ、思い返せば1ページアプリのときたしかに言われていたなぁ)( ´ー`)フゥー...

計測データの区切りを考えたとき、表示されている部分までで区切って、その先のデータはカウントしないみたいなことをしたくなります。おそらくGA4はそれを実現したために、GA(UA)までのページ基準で区切りとできなくなったため、思い切って変化させたのだと思われます。あとサービスを横断的に使っている場合も考えられるので、それにも対応させるっていうことだと思います。きっとそうでしょ?

設置の技術的なことは詳しいサイトとか本とかそのうち出てくると思いますので、期待することとして…下記サイトを読むと、概念的にはあっているみたいでした。(日本語訳して読んでみてね)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただきありがとうございます。(*^^*)シ
5
「ことほむ」ではゲームコンテンツ・アニメーション作品設定時代考証、観光プロモーション企画・マーケティング・デザイン企画をやってます。僕はWordPressとマーケティング担当。妻が和雪庵という茶室を開いており、茶書研究・茶道体験・お茶ゼミを開催していますが、流行り病で閉庵中です。