見出し画像

[そろそろ冬支度]からっ風吹きすさぶ、ほぼほぼグンマーな埼玉県

Waseiの愉快な仲間たちがお送りする[そろそろ冬支度]シリーズ、最後は福島がお送りします。

お国自慢のときもお話ししましたが、福島の地元は埼玉県といいつつも限りなく群馬に近く、一部では「埼玉の秘境」と呼ばれているくらい(?)の場所です。

ですので皆さんが想像するような「埼玉」ではまったくなくて、そりゃもう寒いです。なぜ寒いかというと、「からっ風」というものが吹くからです。

で、「からっ風」とはなんぞや

wikiによると

からっ風(空っ風、からっかぜ)
主に山を越えて吹きつける下降気流のこと。山を越える際に温度、気圧ともに下がることで空気中の水蒸気が雨や雪となって山に降るため、山を越えてきた風は乾燥した状態となる。

特に群馬県で冬に見られる北西風は「上州のからっ風」として有名で、「赤城おろし」とも呼ばれ、群馬県の名物の一つとも数えられている。

…だそうで、これが埼玉であるはずの本庄市にも影響を与えるわけです。


▲絵なんぞ書いてみました

この「からっ風」さんは曲者で、吹くと気温はそれほど低くないのに……寒い。とにかく体感気温が低くなるんです。正直、大学時代を過ごした山形よりよっぽど寒いです。風の力は恐ろしい。

というわけで、風を通さない素材の上着と手袋は必須です。もちろんマフラーもしましょう。風が当たって顔がカピカピになるので、若くても保湿しましょう。中学時代は陸上部でしたので、朝練が辛かったこと。

強さの差こそあれど、からっ風は冬の間中、だいたい毎日吹きます。

この続きをみるには

この続き: 807文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

または、記事単体で購入する

[そろそろ冬支度]からっ風吹きすさぶ、ほぼほぼグンマーな埼玉県

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
株式会社Waseiが運営する、これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』の公式アカウントです。 http://motokurashi.com
コメント (6)
>テライヒロさん
コメントありがとうございます♪ 佐賀のご出身なんですね! 盆地も寒い時は寒いし、暑い時は暑い場所ですよね>< 保湿は重要ですね(笑)
冬支度記事、楽しんでいただけて嬉しいです!毎週いろんなテーマでやっていきたいと思ってます~!(福島)
> kimu3_slime さん
群馬ご出身なんですね~!今度群馬トークいたしましょう(笑)
あ、ジャージは履くんですよね、たしかに……ジャージを履いた制服女子のことを「ハニワ」と言っていた気がします。見た目が埴輪っぽいからとかで……!(福島)
出身は広島ですが、佐賀で仕事してます( ^ω^ )
私も高校時代はタイツ履かない派でした。
>テライヒロさん
ご出身は広島なんですね! 広島は1度しか行ったことないので、再訪してみたいです。
佐賀も1度行ったことがあります! 福岡にかなり近いですよね! タイツ、やっぱり履かないですよね~個人的な感覚としては、都会の女子高生の方がタイツ履いてる率が高い気がします(笑)(福島)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。