見出し画像

「もしサッカーをしていなかったら…」 2年・倉田拓実

部員ブログを書くにあたって

先日の台風19号で被害を受けた方々が一刻でも早く元の生活が送れるようになることを心からお祈りいたします。

10月19日、Iリーグの審判派遣で駒澤大学二子玉川グラウンドに足を運んだ。二子玉川駅からグラウンドに向かう途中に目にする多摩川の光景は台風通過後、1週間が経過しても台風19号がもたらした被害の大きさを物語っていた。多摩川河川敷のサッカー用ゴールは吹き飛ばされ散乱し、泥だらけのコートはまるでサッカー場とは言いがたい光景であった。

もしこれが自分の故郷であったら…
もしこれが聖地東伏見であったら…

今自分たちが与えられている恵まれた環境が当たり前ではないということ、そしてこの環境に改めて感謝しなければならないと感じる機会となった。

それでは本題に移らせていただくことにする。


もしサッカーをしていなかったら…

部員ブログも2回目となると、どのような内容について触れたらいいか頭を悩ませた。
そんな中、寝る前に部員ブログのことについて少し考えていると「もし自分がサッカーをしていなかったら今頃どんなことをしていたのかな〜」とふと思ったのである。

小学2年の時、友人の多くがスポーツ少年団に入るということをきっかけに始めたサッカーではあったが、まさか大学になるまで続けるとは思いもしなかった。

小学校は地元のスポーツ少年団。中学はジュニアユースのセレクションを受けるが、“不合格”で中体連の部活動に所属。高校は県内では優勝を争うものの全国的に見るとまだまだ名の知れない県立高校の部活動。

年代別の日本代表経験者や全国制覇を経験した選手が多く在籍するア式蹴球部の部員とは肩を並べるほどの経験や実績を残してきたわけではない。しかし、今までの自分の生活にはいつも“サッカー“が隣り合わせだった。

今まで出逢ってきた友人の多くがサッカー仲間。
そして、今関わっている友人の多くもサッカー仲間。

喜びを分かち合える仲間がいるからこそ成長できる。
厳しく言い合える仲間がいるからこそ成長できる。

こうして自分を身体的にも精神的にも成長させてくれたのは、紛れもなく今まで出逢ってきた仲間である。

小学2年からサッカーを始めて今にまで至るが、2年前の1年間は「浪人生活」という人生初の大きな壁にぶつかった。(「2浪の人からすると1浪なんて浪人とは言わない」という話を先日の部員ブログで耳にしたような気もするが…)
自分にとっては本当に苦しい1年間だった。
そして、その1年はサッカーとは完全に距離を置く生活であった。
10年以上ずっとサッカーを続けてきた自分にとってどこか物足りないような毎日だった。

やはり自分の生活はサッカーを中心にまわっていて、サッカー仲間と共に毎日を送っていたことに気付かされた。

大学生活が早くも折り返しを迎えようとしている。大学入学から今までの2年弱があっという間であったように、残り約2年の大学サッカー人生もあっという間に流れていくことであろう。

そして今は、サッカー以外の面でも多くのことを考える時期である。

浪人したこともあり、地元の友人の多くが大学3年である。
大学3年の秋となると多くの人が就職活動を始め、それぞれ自分の将来におけるプランを頭の中に描き始める。
そんな中、大学2年である自分は将来についてまだ明確なものは何も決まっていない。
高校まで同じような生活を送っていた仲間が自分より一歩も二歩も先を進んでいるように感じる。
最近では、高校時代のチームメイトと定期的に電話をするが、彼も同様に将来のことについて明確なプランを持ち始めている。
焦る気持ちは必要ではないが、自分もそろそろ将来のことについて真剣に考える時期が近づいている。

世間一般的に見ると、20歳を少しすぎたばかりのまだまだ甘ちゃんの自分。
しかし、これからの未来を動かすのは私たちである。
今までの人生はサッカー中心の生活で動いてきたかもしれないが、近い将来、そして大学卒業後はサッカー以外での生活を送る時間が増えるかもしれない。

人生100年時代とも言われる今の時代。
人生を42.195kmのフルマラソンに例えると、今はまだ10km地点を少しすぎたばかりだ。

今までも何度か困難に直面してきたが、今後さらなる壁が自分の前に立ちはだかるだろう。
そのたびに悩み、考え、また新たな道を切り拓いていったら良いだろう。

最後に…

もしサッカーをしていなかったら、早稲田には来ることができなかったであろう。
もしサッカーをしていなかったら、この仲間たちに出逢えることはなかったであろう。

「一期一会」

人間はひとりでは成長はできない。

ここまで成長させてくれたのは間違いなく今まで自分と関わってくれた仲間がいたからである。
ア式蹴球部という素晴らしい組織で出逢えた仲間と共にまた新たな自分をデザインしていく。

長くてまとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからもまだまだ続く「部員ブログ」を是非お楽しみください!

画像1


倉田 拓実(くらた たくみ)
学年:2年
学部:スポーツ科学部
経歴:大津市立仰木中学校→滋賀県立草津東高校
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。

こちらでもピックアップされています

部員ブログリレー2019
部員ブログリレー2019
  • 97本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。