見出し画像

「俺に胡座かいてる暇なんてない」 1年・平瀬大

なぜ今ここにいるのか。東京に来た目的は?

小学生の頃は白南風SC。ごく普通の小学校のチーム。
県大会出場?あり得ない。勝つなんてごく稀で負けるのが当たり前。クラブチームでもないしユースチームへ輩出させるようなチームでもない。
プロになりたいと思いながらサッカーをしていたわけでもなく、ただ淡々と楽しんでいた俺。
そんな俺だけど、奇跡的にセレクションに合格し、中学1年になると同時に兄と母の3人で佐賀へ引っ越し、兄はサガン鳥栖U-18に、俺はU-15に入部した。

今までやってきたものが違いすぎて、練習初日からまるで別世界へ来たんじゃないかと一気に不安になったのを今でも覚えている。
まともに止めて蹴るもできないし、自信がないから味方に「パスを出すな」なんてことも言っていた。
きっとチームで1番下手だっただろう。自分が周りより下手なのは分かっていたから、練習してもどうせ上手くならないという気持ちになって何もしなかったんだと思う。

「何のためにわざわざ佐賀まで来たか考えろ。親はお前のために汗水流して働いているのにお前の気持ちがその程度なら早く長崎に帰れ。」

監督によく言われていた言葉。

画像2

中学2年の途中ぐらいから自主練を始めた。
周りのみんなよりグラウンドと自宅の距離が1番近く、練習の2時間前にはグラウンドへ行き、監督・コーチもそれに合わせてグラウンドへ来て練習が始まる直前までマンツーマンで足りないことをひたすら練習してくれていた。そのおかげで中学3年の終わりにはスタメンに定着していたし、だいぶマシなプレーになっていた。


ゼロ。もしくはマイナスからスタートした俺。

なぜ今ここにいるのか。東京に来た目的は?

去年の夏に全治1年の大怪我をし、その時はまだ大学が決まってなかったがスカウトコーチの玉井さんに声をかけていただいて早稲田大学に入学し、ここ、ア式蹴球部に入部することができた。

ここに来た目的はプロになるため。

高校3年生の時にプロとの差を充分感じさせられ自分の実力を知り、高卒でプロになることができず悔しい思いをした。

大学に入ったら1年目から試合に出て違いを見せようなんて思っていた。

でも、

今俺は何をしている?みんなと同じように生活してない?
俺は人の倍の倍練習してやっと人並みになれる選手。何のんきに寝てんの。携帯触ってんの。
まだこっちに来てまともにサッカーをしてないし、周りと同じように生活してもプロにはなれないし上へ行けない。
「違い」を見せつけるために、試合に出るために人の倍の倍やって成果が出て初めて努力が認められる。

自分に弱いけど自分に負けたくない。きついトレーニングも周りが3回だったら俺は4回。1分なら1分10秒と必ず人よりも多くやって周りに勝って自分にも勝つ。
誰のどこがウイークでストロングは何か。ならどうすれば試合に出れるのか。と相手味方をしっかりと分析し自分に足りないものを考えることも必要。
ウイークは人並みに。ストロングは誰にも負けないように。

チームが勝つために、良くなるために、強くなるためにまず俺自身が強くなって変わる。
そしてチームにとって必要不可欠な存在になる。

俺は何のためにわざわざ東京まで上京してきてこのア式蹴球部にいるのか? 常に自分に問いかける。
その答えをプレーで表現し結果で示す。
自分ひとりじゃここまで来れていないし、様々な人の支えがあって今の自分がいる。だからこそ結果で恩返しすると決めている。
この素晴らしい環境でサッカーをさせてくれている両親に感謝しながら成長する。そして何より、楽しむ。

その前にまず復帰せないかん。

画像2


平瀬 大(ひらせ だい)
学年:1年
学部:スポーツ科学部
経歴:サガン鳥栖U-15(鳥栖市立基里中学校)→サガン鳥栖U-18(龍谷高校)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
37
「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。

こちらでもピックアップされています

部員ブログリレー2019
部員ブログリレー2019
  • 97本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。