見出し画像

「現実と向き合う」 4年・藤沢和也

月日が経つのは早く、4歳から始めたサッカー人生はあっという間にここまできた。

仲間とサッカーができる楽しさ。
試合に勝つ喜び。ゴールを決める喜び。
試合に負けた悔しさ。ポジション争いで負けた悔しさ。悔しくて泣いた日だってあった。
緊張して眠れない夜。
怪我をしてサッカーができない絶望感。
もがき苦しんだ日々。

サッカーを通して、パッと思いつくだけでも、こんなにも心が動かされる経験をしてきた。

18年間本気でサッカーをしてきたからこそ、経験できたことだと思う。
早稲田大学ア式蹴球部で過ごす時間も残りわずかである。
ハッピーエンドで終われるか。バッドエンドで終わるのか。
私の学生でのサッカー人生はどう終わるか。

そんな中、現実はこうだ。

早稲田は、関東大学サッカーリーグ1部で10位。
降格圏と勝ち点差1。
そして私は、関東リーグに501分出場し、1得点。

優勝した翌年は降格するというア式の歴史がある中で、非常に厳しい位置にいる。
ピッチの中でプレーしている選手としても、4年生としても、とても責任を感じる。

昨シーズンの早稲田は関東リーグ優勝。私は5得点。
先輩たちの手厚いサポートのもとプレーさせてもらったからだ。
今年は自分たちが先頭に立つ年。
それでこれが現実。

「現実と向き合え」

後期に入り、外池さんがよく言う言葉だ。

この現実とどう向き合うか。どう乗り越えるか。
目を背けてはいけないし、理想ばかり見ていてもいけない。

大学は今までと違って、自分で考え、情報を取りにいき、試行錯誤してもがくしかない。
大学1・2年の頃、Aチームにいながら公式戦のメンバーには入れない日々。
その時も試行錯誤してもがくしかなかった。
その結果、3年生から試合に出ることができた。

後期リーグも残り3試合。

約半年、怪我で迷惑をかけた。
復帰しても現実はこの結果。
まだ何も貢献していない。

おれが決める。チームを勝たせる。
泥臭くたってなんでもいい。
そして、必ず歴史を塗り替える。

最後は笑って終わろう。


藤沢 和也(ふじさわ かずや)
学年:4年
学部:商学部
経歴:東京ヴェルディジュニアユース(さいたま市立岸中学校)→早稲田実業学校高等部
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。

こちらでもピックアップされています

部員ブログリレー2019
部員ブログリレー2019
  • 97本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。