早稲田祭2022

早稲田祭2022公式note 11月5日(土)、6日(日)に対面開催を目指して準備を進めています。 ※感染状況に応じて開催形式を変更する場合がございます。 noteの更新情報は早稲田祭公式Twitterにて随時お知らせいたします。

早稲田祭2022

早稲田祭2022公式note 11月5日(土)、6日(日)に対面開催を目指して準備を進めています。 ※感染状況に応じて開催形式を変更する場合がございます。 noteの更新情報は早稲田祭公式Twitterにて随時お知らせいたします。

    マガジン

    • 卒業生インタビュー SHOWROOM株式会社 前田裕二さん

      仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げ、コメンテーターに作家にと大活躍の前田さん。学生時代のお話から、今後の展望に至るまで、前田さんの熱い「想い」に迫ります。

    • 卒業生インタビュー フジテレビアナウンサー 宮司愛海さん

      現在、フジテレビアナウンサーとしてご活躍されている宮司愛海さんにお話を伺いました。

    • 早慶東大コラボ対談 〜3大学の熱い想いが今ここに〜

      今年も祭がやってくる。秋の早稲田に、三田に、そして駒場に。学園祭の魅力を代表・委員長が熱く語り尽くす。

    • 「つなぐ」

      社会情勢が大きく変化したこの3年、早稲田祭運営スタッフはどのような道を辿ってきたのか。

      • 卒業生インタビュー SHOWROOM株式会社 前田裕二さん

      • 卒業生インタビュー フジテレビアナウンサー 宮司愛海さん

      • 早慶東大コラボ対談 〜3大学の熱い想いが今ここに〜

      • 「つなぐ」

    最近の記事

    装飾チーム 今井清太郎が語る!早稲田祭を彩る装飾、その裏側にある想いとは

    早稲田祭を訪れる誰もが目にする装飾物。その制作の一部始終を担うのが、装飾チームです。手がける装飾物は、大人気の大隈銅像前オブジェから南門通りのフラッグやラベルまで多岐にわたります。キャンパスと早稲田のまち全体を彩り、「早稲田祭2022」という空間そのものを演出しています。 ___今年のキャッチコピーは「想いの照らす、その先を。」ですが、装飾チームの装飾物にかける「想い」を教えてください。 今年の装飾チームが特に大事にしたのは、「早稲田のどこに行っても、早稲田祭2022のテ

      • 【後編】卒業生インタビュー SHOWROOM株式会社代表取締役社長 前田裕二さん

        仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げ、コメンテーターに作家にと大活躍の前田さん。 前編では、大学の授業での様子やアルバイトなど、SHOWROOM立ち上げのきっかけとなった学生生活について伺いました。後編では、早稲田祭の印象や「想い」の先にある目標に迫ります! ▼前編はこちらから! 早稲田祭での思い出は・・・!?___学生時代に打ち込んでいたバンド活動で早稲田祭に出たりはしなかったのでしょうか?  今日のインタビューでこれを言うのも憚られるのですが、実は早稲田祭、

        • 【前編】卒業生インタビュー SHOWROOM株式会社代表取締役社長 前田裕二さん

           仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げ、コメンテーターに作家にと大活躍の前田さん。学生時代のお話から、今後の展望に至るまで、前田さんの熱い「想い」に迫ります。前編では、事業立ち上げのきっかけとなった学生時代のお話を伺います! 一次情報を大事に ~大学時代の学びが今に繋がる~___学生時代、授業を受ける上で心がけていたことはありますか?  1番前の席で受けることですね。当時、僕より20個くらい年上の方が同学年にいて、その方がいつも最前列で受講していた姿に触発されたこと

          • 第3弾 早稲田祭だけじゃない!?~早大三大まつりの代表に迫る~

            早稲田大学で開催される学園祭は、全部で3つ。所沢キャンパスで開催される所沢キャンパス祭。西早稲田キャンパスで開催される理工展。そして、早稲田キャンパス・戸山キャンパスとその周辺地域で開催される早稲田祭。 今回は3つのまつりの先頭に立つ3人の代表で対談を行いました。第1弾、第2弾に続き早稲田祭公式noteでは最終章である第3弾を公開! 代表としての、まつりと実行委員への想いとは? ぜひご一読ください。 所沢キャンパス祭公式サイトに掲載の第1弾はこちらから 理工展公式サイトに掲

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 卒業生インタビュー SHOWROOM株式会社 前田裕二さん
            早稲田祭2022
          • 卒業生インタビュー フジテレビアナウンサー 宮司愛海さん
            早稲田祭2022
          • 早慶東大コラボ対談 〜3大学の熱い想いが今ここに〜
            早稲田祭2022
          • 「つなぐ」
            早稲田祭2022

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            デザインチーム 山田菜摘が語る! ロゴに込められた想いとは

             中心から7つのオレンジ色をした円錐が広がり、太陽を思わせる早稲田祭2022のロゴ。早稲田祭2022のポスターや動画でよく登場する、あのロゴです。この記事を読んでくれているあなたが、早稲田祭2022のロゴをどこかで目にしてくれていたら嬉しいです。  ここでは、11月5日(土)、6日(日) に開催される早稲田祭2022を象徴するロゴについて、そこに隠された想いや工夫から、制作過程での苦労まで、デザインチームのチーフを務める山田菜摘のインタビューとともに詳しくお届けします。これを

            【後編】卒業生インタビュー フジテレビアナウンサー 宮司愛海さん

            前編で学生生活についてお話ししてくださった宮司さん。 その学生生活は現在にどのように繋がっているのでしょうか。アナウンサーとしての今後の展望まで、後編も必見です!   ▼前編はこちらから! 引き出しを蓄える ~現在に繋がった経験とは~___アナウンサーとしてご活躍される中で、大学での学びが現在に繋がった経験はありますか?  将来に繋がるからと意図的に勉強したことよりも、好奇心のまま、興味が湧くままのめり込んだことの方が、知らず知らずのうちに仕事に繋がっていることが多いですね

            【前編】卒業生インタビュー フジテレビアナウンサー 宮司愛海さん

            アナウンサーとして華々しい活躍をされている宮司さん。 現在の宮司さんのルーツとなっている早稲田でのさまざまな経験、そして今後の展望に至るまで、多方面にわたるインタビューで宮司さんの「想い」に迫りました。   ___早稲田祭2022のキャッチコピー「想いの照らす、その先を。」に関連して、宮司さんのさまざまな「想い」についてお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。 思い出せるように頑張ります。10年ぐらい前の話なので(笑) 学生生活の思い出___まず学生生活の思い出か

            代表・高山都が語る! キャッチコピーに込められた想いとは

            「想いの照らす、その先を。」というキャッチコピーを掲げる早稲田祭2022。この記事を読んでくれているあなたは、どこかで目にしたことがあるのではないでしょうか? 11月5日(土)、6日(日) に開催される早稲田祭2022を方向づけるキャッチコピーについて、そこに込められた想いから、表現の工夫に至るまで、代表 高山都のインタビューとともに詳しくお届けします。 キャッチコピーに込めた想い今年のキャッチコピーは「想い」と「先」という言葉を大事につくりました。まず「想い」という言葉に

            【後編】早慶東大コラボ対談〜3大学の熱い想いが今ここに〜

            【後編】白熱のプレゼンバトル早稲田大学、慶應義塾大学、そして東京大学と、3大学の学園祭の代表・委員長が学園祭への想いを語る早慶東大コラボ対談。 【前編】・【中編】に引き続き、3人の熱いトークが繰り広げられます。 (【前編】はこちらから!) (【中編】はこちらから!) 【後編】では代表・委員長が各学園祭の魅力をぶつけ合う、プレゼンバトルの様子をお伝えします! ー-まずは駒場祭のプレゼンからどうぞ! 奥野:駒場祭のさまざまな企画の中で、今回はステージと屋内企画にフォーカス

            【中編】早慶東大コラボ対談〜3大学の熱い想いが今ここに〜

            【中編】代表・委員長の1日早稲田大学、慶應義塾大学、そして東京大学と、3大学の学園祭代表・委員長が学園祭への想いを語る早慶東大コラボ対談。 【前編】に引き続き、3大学の学園祭の魅力をお伝えしていきます。 (【前編】はこちらから!) 【中編】では、代表・委員長たちが実際にどのような毎日を送っているのか、ご紹介します! 3人のプライベートな一面も知れるかも!? ー-駒場祭 委員長の1日 太田:これからお互いの1日を深堀りしていきたいなと思います! じゃあ奥野さんからお願い

            【前編】早慶東大コラボ対談〜3大学の熱い想いが今ここに〜

            【前編】ロゴとキャッチコピーに懸ける想い早稲田大学・慶應義塾大学・東京大学の学園祭代表・委員長が、それぞれの祭に対する熱い想いをぶつけ合う対談が今年も実現! 【前編】【中編】【後編】の全3回で、対談の様子をお届けします。 【前編】では、3人のアイスブレイクトークと、各学園祭のロゴやテーマに懸けた想いをご紹介します。 ー-まずはお互いのマスコットキャラクター紹介から! 高山:みなさんの学園祭にマスコットキャラクターはいますか? 奥野:こちらのかえるが駒場祭のマスコット

            「つなぐ」第4回 早稲田祭2022運営スタッフ代表インタビュー

             前回は、早稲田祭2022で復活する企画や時世に合わせた取り組みに携わっている運営スタッフからの意気込みをお届けしました。いかがでしたか?  今回は早稲田祭2022運営スタッフ代表 高山都さんにお話を伺いました。 早稲田祭2022は11月5日(土)、6日(日)の2日間、本格的な対面開催を予定しています。「想いの照らす、その先を。」をキャッチコピーに、未だに続くコロナの制限を受けながらも、2年ぶりとなる本格的な対面開催へ向けて、準備を進めています。 早稲田祭2022代表イン

            「つなぐ」第3回 早稲田祭2022への意気込み

             第1回、第2回では、2020年、2021年の早稲田祭について、当時の代表のインタビューとともに振り返ってきました。今回は、3年ぶりに本格的な対面開催を目指す早稲田祭2022に注目。復活する企画や時世に合わせた取り組みなど5つをピックアップし、それらの企画に携わる運営スタッフの早稲田祭2022へ向けた意気込みをお届けします。 〇パレード WASEDA PARADE 2022(パレード企画)は、戸山カフェテリアステージで実施するPARADE Start Fes.、構外の道路を

            「つなぐ」第2回 早稲田祭2021代表インタビュー

            前回の早稲田祭2020運営スタッフ代表のインタビューはいかがでしたか?  今回は早稲田祭2021運営スタッフ代表の小野寺佑月さんにお話を伺いました。  早稲田祭2021は、オンライン配信とオフライン開催を併用した初のハイブリッド開催となりました。コロナ禍以前の盛り上がりには程遠いものの、12,000人以上の来場者に加え、オンラインの総再生回数は約20万回と、活気にあふれた祭となりました。  「それでも共に」というキャッチコピーを掲げ、人とのつながりをより強固なものとすること

            「つなぐ」第1回 早稲田祭2020代表・副代表インタビュー

            はじめに これから全4回にわたって、新型コロナウイルスという未知の脅威に直面し、試行錯誤を続けた2020年度以降の早稲田祭についてお話しします。  2020年度のオンライン開催から2021年度のハイブリッド開催、そして2022年度の本格的な対面開催となるに至るまで、どんな苦難を乗り越えてきたのでしょうか。社会情勢が大きく変化したこの3年間、早稲田祭運営スタッフはどのような道を辿ってきたのでしょうか。 早稲田祭2020 2020年、新型コロナウイルスが国際的に蔓延し、早稲田祭