【from WARC AGENT vol.24】Tangerine 吉井さん
見出し画像

【from WARC AGENT vol.24】Tangerine 吉井さん

株式会社WARC

この連載では、ハイクラス人材紹介事業を行う「WARC AGENT」メンバーが、過去に転職のご支援をさせていただいた「ベンチャー企業で活躍するコーポレート人材」の方々にインタビューをしています。ベンチャー企業へ転職をした理由や実際に働く上でのやり甲斐など、「ベンチャー企業で働くリアル」に迫っています。今回は、Tangerine株式会社にてご活躍されている吉井さんにお話を伺いました。

■プロフィール
<話し手>
Tangerine株式会社 管理部 部長 吉井 雅俊
2012年に監査法人トーマツへ入社。2018年7月に株式会社アールキューブへ転職し、経理マネージャーとしてIPO準備業務に従事。M&Aにより、くふうカンパニーの傘下となり、子会社の管理部門責任者としてPMI業務やJ-SOX導入を担当。2021年6月よりTangerine株式会社に参画。

<聞き手>
WARC AGENT キャリアアドバイザー 相馬 佳代
2010年、コンサルティング業界専門の人材紹介会社に入社し、大手メディア企業や戦略系コンサルティングファーム等を担当。その後、エンジニア特化型の人材紹介会社を経験し、2019年当社に入社。WARC AGENT事業部にてハイクラス人材、経理・監査役ポジションを中心としながら幅広い職種のキャリア支援に従事。

ビジョンへの共感とIPOを目指してベンチャーへ

相馬:本日は宜しくお願いいたします!まずは今までのご経歴と自己紹介をいただけますでしょうか。

吉井さん:大学4年生の時に会計士試験に合格し、卒業後に監査法人に入社しました。国内監査事業部に配属となり、売上高1兆円超えの企業グループ会社や、新興市場のベンチャー、小規模の証券会社、大学など多種多様な企業を担当しました。入社から7年ほどして、アールキューブ(現:エニマリ)に転職しました。そこでは、経理マネージャーとしてIPOに向けて準備していましたが、M&Aのタイミングで管理部門の責任者になりました。子会社としての管理部門業務だけでなく、親会社のM&A業務や連結決算など、色々な経験をさせてもらいましたが、IPOにもう一度チャレンジしたいと考え、現在のTangerineへジョインしました。

相馬:ベンチャーへのチャレンジはどこかで考えていましたか?

吉井さん:トーマツにいる頃からIPO準備に携わらせてもらえる機会を求めていました。10社ほどクライアントを持っており、現場責任者でもあったので、ずっとその機会を求めていました。しかし、なかなか実現しなかったこともあり、自分の中で踏ん切りつけて、ベンチャー企業へ転職を決意しました。

相馬:Tangerineさんへの入社の決め手はどんなところですか?

吉井さん:サービスそのものが面白いと感じたことと、代表の平井がビジョナリーで、”業界を変えたい、買い物が便利になって、オンラインでも実店舗でもニッチな顧客体験を作りたい、小売のアナログな状態を変えたい”という話に共感しました。また、CFOの杉山は数々のIPOを牽引してきた経験豊富な方なので、その方と共にIPOを目指していく環境は得るものが大きいと感じて入社を決意しました。
実際に入社して、杉山と共に業務に当たることも多いのですが、私は会計士としての視点で、彼はHumanResouceのバックグラウンドなので、お互いに補いつつバランス良く取り組めていると感じています。彼の守備範囲の広さに驚かされますし、とても勉強させてもらっています。

相馬:今の会社でのメインミッションはどのような業務ですか?

吉井さん:IPOに向けての体制を整えるシーンが多いですが、そのもっと手前の組織化、会社を組織としてどうしていかなければいけないか、ということに注力しています。入社した際は、10人もいなかったので会社というよりもチームのような状態でした。”IPO準備だからやる”ということではなく、”組織としてやることだよね”ということを日々取り組んでいます。例えば、会議体の設計や組織としてスムーズに動いていくために何をすべきか、何をやらないべきかを常に意識して動いています。
杉山とも日頃から、形式的にやることをどうやってなくしていくか、やりたくないからではなく他の方法でカバーできるから必要ない、という議論を繰り返して積み上げています。

相馬:入社前後でギャップを感じられていることはありますか?

吉井さん:制度がないことや体制が整っていないことはある程度想定して入社しました。しかし、想定はしていましたが、これを作って現場に理解してもらい運用させていくことがこんなに大変なんだ!という驚きはあります。
自社プロダクトやサービスについては、入社後にどんどん理解を深められてとても面白いです。当然課題はまだたくさんあるものの、向かっている方向は間違っていないし、プロダクトに対する自信が深まっています。

相馬:メインミッションに加えて、業界や製品へのキャッチアップなど、大変なことは多いと思いますが、エキサイティングな体験はありましたか?

吉井さん:資金管理がやはり大変です。コスト先行で数字を作ってキャッシュが回るところまでまだ時間かかるので、常に資金繰りへの意識が高まっています。
昨年末COOが入り「Store360」のサービスをリリースして、第二創業期と捉えてマーケティングもプロダクト開発も攻めています。そうなるとまたコストはかかり、資金管理の危機意識は高まりますが、そんな中でもどこかで楽しんでいる自分もいます。3年後、5年後、会社が大きくなった時にネタにできるなと思っています(笑)

良い組織づくりはプロダクト愛から

相馬:入社してよかった点はどんなところですか?

吉井さん:0→1が楽しいです。これまでの組織では、様々な制約によって、業務が非効率にならざるをえない状況にありました。でも現職では、良い意味で何もないので、クラウドの会計システムを中心にして、システム関連図を作成した上で、出来る限りAPI連携で業務フローを作成したので、とても効率的にコーポレート業務はできるようになっています。まだまだ改善点はありますが、自分の理想とする業務フローが作れているのは楽しいです。組織が出来上がっていない状況で、入社したからこそ経験できることかもしれません。

相馬:良いコーポレート組織はどのように作っていきたいですか?

吉井さん:コーポレートや管理部も含めて、自社のサービスが好きで、ワクワクして話せるような集団はとても強い組織なんだろうなと思っています。特に管理部は、プロダクトやサービスから1番遠い部署です。その部署も含めてメンバー全員に、愛を持って自社について語れる雰囲気を持ってほしいし意識してほしいです。
コーポレートについていえば、攻めのコーポレートにも憧れますが、まずは守りをどれだけ固められるかが重要です。管理部はコストでしかないので、少ない人数で多くの業務をこなせるか、今のやり方が本当にいいのかを全員が意識して、改善していくことが必要です。自分たちがコストであることを自負した上で、どれだけタスクを効率的にこなせる状況にできるかなど、常にマネジメント目線で意識している集団であれば、かっこいい攻めのコーポレートに繋がっていくのではないかと思っています。

相馬:吉井さんご自身の長期的なキャリアはどう描いていますか?

吉井さん:今は明確なキャリアを描いていません。10年後どうしたいとかは正直ないです。今までも目の前のことに一生懸命取り組んできた時に色々な道が開けてきました。今はTangerineが成長して、会社として、自分としてやらなければいけないことが見えてくるタイミングだと思います。少なくともベンチャーに携わった以上は、多角的な目線で関わっていきたいとは思っています。

多くの方と関わり、自分から飛び出すことで選択肢は広がっていく!

相馬:監査法人からベンチャーに飛び込むには勇気が必要なことだと思います。最後に、これからチャレンジする方へアドバイスをお願いします。

吉井さん:ベンチャー企業とはいえ、役割は自分の畑の中です。会社法など実務を知っていて、物事を数字で語ることができ、ベースの知識が圧倒的にあります。知らないことが沢山あるのは覚悟して、知らないことを社外も含めて知っている人に頼っていけば問題ありません。知らないことは怖いことではないですし、ベースの知識があるので理解するまでのキャッチアップも早いです。
私は、監査以外の経験をしたことでこんなにも選択肢が広がるんだと思いました。流れに身を任せたらこういった経験ができていて、知らないうちに価値になって、結果的に選択肢が増えていきました。監査以外の業務に携わることで、掛け算で自分が貢献できることを増やすことができました。今考えると監査のことしか知らない方が怖いことかもしれません。
監査法人以外でも優秀な人はいて、そういった方々と触れ合うことで経験の幅も増えます。ある程度事前準備は必要ですが、恥ずかしがらず部門を超えてコミュニケーションをどれだけ取れるかが重要です。だから何にも不安はないと思います。

相馬:本日は貴重なお話をありがとうございました!

− Tangerineさんに興味を持たれた方はこちらから採用募集職種をご確認ください!

− ご転職をお考えの方
WARC AGENTはベンチャー企業を中心に750社を超える求人をご紹介しており、年収800万円以上のベンチャー企業の求人を多数ご提案可能です!

コーポレート部門で働く方で「ベンチャー転職」について、少しでも興味をお持ちのお方は、「相談する」から気軽にお問合せください。

---ご案内---

最後までお読みいただきありがとうございます!私たちはまだまだ小さな組織で、これからもチャレンジを継続し、事業・組織とも拡大させていくフェーズです。

WARC AGENTで働くことにご興味がある方は、下記よりぜひご応募ください!カジュアル面談でも勿論大歓迎です!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
株式会社WARC
WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」、管理部門特化の転職サービス「SYNCA」、M&Aアドバイザリー等、成長企業の経営管理支援サービスを提供しています。