見出し画像

人材紹介の「負」を解消するために、チームで挑んだ2022年を振り返る

株式会社WARC

こんにちは。株式会社WARC/WARC AGENT事業部 リサーチャーの鈴木祐美子です。現在はWARC AGENT事業部の採用も担当しています。リサーチャーとは人材紹介において「候補者をスカウトをする人」なのですが、今日は書き手を務めます。今回の執筆は2回目になります。

以前私が書いた記事です。

▼WARC AGENTの紹介

はじめに簡単ですが、私たちの紹介をさせていただきます。
WARC AGENTは株式会社WARCにおいてハイクラス人材紹介を行っている組織です。
CFO・管理部長・常勤監査役・経営企画・経理マネジャーを中心とした管理部門のハイレイヤーポジションの人材支援が中心ですが、COO・事業企画・Bizdevなど、ビジネスサイドにおけるプロフェッショナル人材のご支援も増えています。
「経営者を支える人材」を支援し、数多くのスタートアップ・ベンチャー企業にハイクラス人材紹介を行っているのが、私たちWARC AGENTです。

▼私たちの想い

WARC AGENT内に採用プロジェクトが発足し、本格的に活動を始めた2022年。私は現在プロジェクトオーナーとして、WARC AGENT内の採用や広報を担当しています。私たちWARC AGENTは何を目指しているのか、採用プロジェクトのメンバーでこの1年ディスカッションを重ね、考えを掘り下げながら試行錯誤しました。

「私たちが目指したい人材紹介はどんな姿なのか?」
「どんな課題を解決しようとして、この事業をやっているのか?」
「どんな仲間と仕事をしたいのか?」
「具体的にどんな方法で採用活動、採用広報を進めるのか?」

採用活動とは、自分たち自身を掘り下げることに他なりませんでした。
私たちはスタートアップ・ベンチャー企業への人材支援を通じて、社会に貢献することを目指している組織です。そのために私たちが人材紹介で活かせる強みは何なのか、どんな仲間と一緒に取り組めば、課題解決ができるのか、私たち個人は何を目指して働いているのか。
つまり所属する組織と自己が、お互いに目指す理想は何かを探してきました。そしてディスカッションを重ねた結果、たどり着いたキーワードはこれです。

「脱KPI/チームワーク/フェア/自律自走/FAN作り」

私たちWARC AGENTには、今まで人材紹介が背負い続けてきた「負」を解消したいという想いを持ったメンバーが集まっています。
「脱KPI/チームワーク/フェア/自律自走/FAN作り」。言うのは簡単なのですが、これらのキーワードは耳障り良く聞こえる一方で、厳しいことが求められます。
実は脱KPIは自らを律することに他ならないし、チームワークを追求することは利他の精神が必要です。そしてフェアな環境で戦うには自己開示をする勇気と、自律自走できるエンジンが必要です。加えて仕事に対する真摯な姿勢がなければ、FANは作れません。そして最終的にたどり着いた結論はこれです。

私たちはスタートアップの人材支援を通じて世の中を良くしたいんだ!

そのためには人材紹介の「負」を解消しなきゃダメなんだ!

採用プロジェクトを通じて感じたことは、自分たちも常に学び続けなければならないということです。私たちは人材紹介の「負」を解消するために、常に学び続ける組織でありたいという想いを持っています。

▼2022年の1年間でやってきたこと

私たちWARCは6期目の若い会社であり、採用についてはまだまだ模索中のため、事業部と人事が深く連携をとりながら採用活動を行っています。WARC AGENT事業部では採用プロジェクトを発足し、「採用の仕組みづくり」チームと「採用ブランディング」チームが結成されました。
「採用の仕組みづくり」チームは深澤、「採用ブランディング」チームは私がオーナーとなり、矢野と大村も加わりました。そして事業部長を巻き込んで、5人で採用プロジェクトが始まりました。まず最初にプロジェクトの年間計画を立てました。このスライドは、結成当初に話し合った「やりたいブレスト」のスライドです。

「採用仕組みづくり」チームの取り組み

こちらは採用の年間計画を立て、WARC AGENTの採用フローやペルソナの作成、効率良く採用活動を行うための仕組みづくりを担当しました。「採用の仕組みづくり」チームの主な取り組みについて、以下に記します。

■主な取り組み:仕組みづくり・年間計画モニタリング・データの活用

・採用年間計画の作成
・採用ペルソナのブラッシュアップ 
・長期リード人材の管理 
・ライブ企画の効率化
・Wantedlyの拡充  
・Notionのアップデート

期初に設定した年間計画
WARC AGENTとして掲げている採用のペルソナまとめ

「採用の仕組みづくり」チームでは作成した年間計画に従い、事業部内のメンバーが採用活動に参加できる仕組みづくりを行いました。
中でも私たちが採用するべき人物像をまとめた「採用ペルソナ」は、採用活動においてなくてはならないものになっています。このチームにおいては深澤が中心となって動き、仕組みづくりが得意な大村とともに、力強くプロジェクトを進めてくれました。

「採用ブランディング」チームの取り組み

次に「採用ブランディング」チームの取り組みについて記します。私は「採用ブランディング」チームのオーナーになり、2022年の1月から第1弾として始めたのが、インターネットライブでした。
インターネットライブでは矢野と私が中心となり、企画・制作・運営・司会進行を担当しました。そして事業部長を巻き込んで、WARC AGENTの想い・組織・仕事について発信をしていきました。

■主な取り組み:ライブ運営・クリエイティブ作成・SNS発信

・サムネイル作成の型化/標準化
・企画/制作の月次会議定例化
・カテゴライズ別企画:3大テーマ(想い/組織/仕事)
・コンテンツ内容・技術のブラッシュアップ
・企画に応じた出演者アサイン
・ライブ映像の露出増加(他メディア/SNSとのつなぎこみ)
・安定した視聴者数の獲得(合計視聴者数:500人)

インターネットライブは事業部で初めての試みだったこともあり、第1回目のライブでは初々しいトークが展開されました。
今見るととても恥ずかしいのですが、回を重ねるごとに改善をしていきました。およそ月1回のペースでライブを行い、合計10回のライブを開催しました。

ライブ開催における目標数値として、合計視聴者数を500人に設定しましたが、蓋を開けてみると多い回では750名近くの方にライブをご覧いただきました。
そしてライブを観て共感してくださった方が面接にお越しいただくことにもつながり、採用広報の形として一定の成果を上げることができ、型ができました。「採用ブランディング」チームの矢野とは何度も打ち合わせを重ね、発信すべき内容やサムネイルのイメージを固めました。
改良に改良を重ね、サムネイル作成を標準化し、ガントチャートを作ることにより、計画的なライブ開催ができました。

第6回のサムネイル

このようにプロジェクトメンバーである深澤、矢野、大村、事業部長と私の5人でディスカッションを重ね、1年間でWARC AGENTの採用プロジェクトは大きく前進しました。
キャリアアドバイザーやリサーチャーとしての業務の傍ら、事業部の根幹に関わる大切な業務に携わり、自分たちがなぜWARC AGENTで働くのか、なぜスタートアップ・ベンチャーの人材支援をしているのかを、改めて認識することができました。

▼2023年に向けて

第10回ライブ:チームワークを生み出す 人材紹介 ×「脱属人化」では、「リーダーも脱属人化する!」と締めくくりました。
WARC AGENTのメンバー全員が当事者意識を持ち、ある時はリーダー、ある時はフォロワーとしてチームワークを発揮したいと考えています。2023年は心新たに学び続ける組織として人材紹介の「負」を解消し、スタートアップ・ベンチャー企業の人材支援を通じて世の中を良くしていきます。
こんな私たちですが、目指すべき理想を追求し、一緒に働く仲間を探しています。ぜひ仲間になってください!

---ご案内---

最後までお読みいただきありがとうございます!

私たちはまだまだ小さな組織で、これからもチャレンジを継続し、事業・組織とも拡大させていくフェーズです。

WARC AGENTで働くことにご興味がある方は、下記よりぜひご応募ください!カジュアル面談でも勿論大歓迎です!


この記事が参加している募集

社員紹介

振り返りnote

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!