【from WARC AGENT vol.13】合同会社DMM.com COO室 中塚さん
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【from WARC AGENT vol.13】合同会社DMM.com COO室 中塚さん

この連載では、ハイクラス人材紹介事業を行う「WARC AGENT」メンバーが、過去に転職のご支援をさせていただいた「ベンチャー企業で活躍するハイクラス人材」の方々にインタビューをしています。ベンチャー企業へ転職をした理由や実際に働く上でのやり甲斐など、「ベンチャー企業で働くリアル」に迫っています。今回は、合同会社DMM.comにてご活躍されている中塚さんにお話を伺いました。

■プロフィール
<話し手>
合同会社DMM.com COO室 中塚 祐太郎
新卒で大手学習塾に入社。その後、学生時代にインターンで参画していた株式会社葵(アオイゼミ)創業者との再会によりスタートアップ企業でチャレンジをしたいと考え、1年後に転職。執行役員・部門責任者として、マネジメント業務に従事しつつ、新規事業の立ち上げを行う。葵がZ会グループの完全子会社になり1年後、COOに就任して事業推進を行う。2020年4月〜はDMM.comへ入社しCOO室に所属。現在、新規事業推進の支援、M&Aや出資検討に従事し、人材育成プロジェクト DMM STARTUP STUDIOのプロジェクト推進を行っている。
<聞き手>
WARC AGENT キャリアアドバイザー 野村 真央
2016年、ITベンチャー企業に入社。転職サイトのディレクターを経験した後、外資系人材会社にて人材紹介業を経験。 2020年当社入社。WARC AGENT事業部にてCOO候補や事業開発ポジションにおけるハイクラス層のキャリア支援に従事。

教育ベンチャーのCOOからDMMに

野村:本日はよろしくお願いいたします!まずは自己紹介をお願いします。

中塚さん:新卒で大手学習塾に入社しましたが、学生の頃立ち上げ期に携わっていたアオイゼミの創業者と再会したことで、再び講師と教材開発担当として働くことになりました。その後、執行役員として部門責任者を経て、Z会に買収されたタイミングでCOOに就任しました。プロダクトの改善や採用、経営戦略の策定から実行まで幅広く経験し、2年経った際に現職のDMMに入社しました。入社後は、DMM STARTUP STUDIO、企画人材育成のプロジェクト、M&Aにも携わっています。特に1番力を入れている事は、新規事業の開発と推進支援で、これまでにもオンラインイベントやTVアライアンス、バーチャルオフィス、VR事業などに注力してきました。

野村:様々な選択肢があったと思いますが、最終的にDMMを選ばれた理由は何ですか?

中塚さん:率直に言って、一番面白そうな会社だと思いました!コロナ禍のタイミングで成長し続けそうな企業や事業を軸に転職を考えており、教育事業にずっと携わってきた事もあり、幅を広げるためにも色々な事業を展開している点に興味を持ちました。ただ、最終的に決断した理由は、ご縁だと思っています。話をしていく中で、この人たちと一緒に働きたいと思ったのが一番大きな理由です。また、採用の意思決定も早かったので、そういった推進力がある会社なら事業も積極的に進められるかなと思い入社を決意しました。

野村:ちょうど最初の緊急事態宣言が出て、最終選考もオンラインに切り替わるタイミングでとてもハードだったかとは思いますが、入社後すぐに馴染めましたか?

中塚さん:入社した時はフルリモートに切り替わったタイミングだったので、慣れるまでは時間がかかりました。ただ、DMM STARTUP STUDIOが全社横断として進んでいたプロジェクトだったので、社内の色々な人にオンラインで話を聞かせていただきました。皆、フランクに話してくれる人ばかりで、社風が浸透しているなと感じました。

野村:入社してギャップなどはありましたか?

中塚さん:入社前に想像していた通りですが、良い意味で想像以上でした!入社する前は、DMM英会話を展開している等、一部のサービスは知っていましたが、何をしている会社なのかいまいち掴めていませんでした。
元々、自分次第でキャリアを描くことのできる会社に入社したいと思っていたのですが、思っていた以上に自分で挑戦したいことを切り拓いていくことのできる会社だと気づきました。ベンチャーの風土を残しつつ、規模の大きくなった会社という雰囲気があり、この部分は私が想像していた以上でした。

画像1

社内育成に貢献する「DMM STARTUP STUDIO」

野村:今まで色々な事業に関わってきた中で特に面白かった、印象に残るプロジェクトはありますか?

中塚さん:それは入社してからずっと関わっているDMM STARTUP STUDIOですね。この事業は、DMM全体の中でどういった人材が活躍するか、その人たちが活躍するためにはどのような場を作ればいいのか等を考えて推進するプロジェクトです。DMMが大きくなるにつれて事業が増え、それを推進する人が必要になってくるので、中からボトムアップ式に作り上げるプログラムであり、今後更に価値があると思い注力しています。

昔から教育サービスを提供するには、自分自身の目線を少しづつ上げていかないとその人達に対するサービス価値が上がらないと思ってサービスを創って来ましたが、その想いを正に体現できているのがこのDMM STARTUP STUDIOです。このプロジェクトを推進したことでDMM内の他の事業の支援などにも入って、知識も得られ視野を広げられました。また、研修講師として外部の方をお呼びして社内育成にも役立てています。

今まで1年半に渡ってプロジェクトを担ってきましたが、今までの振り返りをしながら今後の方向性を考えなければいけないタイミングに来たと思っています。その上でDMMが成長するために何ができるかを考えて、日々実行していきたいと考えています。

野村:事業づくりのノウハウなどは、どのようにキャッチアップしていますか?

中塚さん実際に手を動かしながら学んでいくスタイルが大半です。課題は実行してみないと見えてこないのでそのように心がけていますし、業務時間外に時間を取ってeラーニングや本などからもキャッチアップをしています。また、講師として著名な方をお呼びし、そこで学んだことをプログラムに反映することも意識しています。

画像2

事業づくりの出来る経営者を目指す

野村:今後のキャリアビジョンを聞かせてください。

中塚さん:これまで新規事業や事業開発を経験してきたので、そこを軸に更にキャリア形成をしていきたいと考えています。事業を成長させられる人になりたいです。また、教育や人材育成をメインに経験してきたので、その知見を活かした上で最終的には、事業を創り上げることの出来る経営者になりたいと考えています。

直近だと、TVアライアンスなどなかなか他では経験できないことに携わることが出来て、とても楽しかったです。ABCさんと合弁会社を作り、テレビショッピングのECサイトを運営する事業推進を任されました。この事業を通し、今まで自分が強くなかった分野にも挑戦出来たので、事業づくりという観点でも成長出来ていると実感しています。更に、前職でのCOOの経験が活きていると感じており、総合的に鑑みた上で意思決定していくという点は本当に経験しておいてよかったと感じています。

野村:良いご経験をたくさんされていますね。最後にベンチャーにチャレンジしたい方に、中塚さんからメッセージをお願いします!

中塚さん:ベンチャーに挑戦するということは、自分で決めて行動することが求められます。DMMは正にそうで、それが出来るか出来ないかで大きくアウトプットが変わってくると思っています。何も決まっていない事がベンチャーであり、自分で決めて行動し、失敗したら次に何をすべきなのか考えること、次にどう動けるかがとても大切だと思っています。また、経営層に近いのもベンチャーの良い所だと思っているので、日々コミュニケーションを取りながら、自分でスタンスをとって進めるのは楽しいのではないかと思います。

このような事を踏まえた上で、一緒に動ける人とDMMで働きたいなと思っています。考えて動けない人よりも考えずに動いて失敗して、それから改変できる人の方がバリューは発揮できると思います。今まで経験してきたことをこれからどうするのか、具体的にどう還元できるのか、そのような議論のできる人と一緒に働きたいなと思います。

更に、人として変化できることも必要です。DMMは全社方針で一気に動く推進力があり、その変化に付いていけるかどうかはとても大事だと思います。強いマネジメント能力も重要ですが、常に変化するリーダーシップが必要になってきます。変化に耐久性がつけられると、不確実性が高い世の中で生き抜くためにはすごく強みになってくると思いますので、そのようなキャリアを歩んで行きたい方には最適だと思います。

野村:ありがとうございます。ご活躍されている中でたくさんの素敵なお話が聞けて、とても興味深かったです!

ーDMMさんに興味を持たれた方はこちらから採用募集職種をご確認ください!

ーご転職をお考えの方
WARC AGENTはベンチャー企業を中心に700社を超える求人をご紹介しており、年収800万円以上のベンチャー×事業開発求人を多数ご提案可能です!

事業開発の方・その他ビジネス部門で働く方で「ベンチャー転職」について、少しでも興味をお持ちのお方は、「相談する」から気軽にお問合せください。

よろしければ記事のシェアもぜひお願いします!
WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、M&Aアドバイザリー、ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」、経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」等、成長企業の経営管理支援を目的としたサービスを提供しています。