中国の嘘がバレた

中国はウイグルに世界最大級の油田を持っている。ならば中国は石油に困らないはず。増産すればサウジアラビア石油施設が破壊されても対応できるはず。実際の中国は石油施設を破壊した組織を怒った。

世界最大級の油田を持つなら好機。実際にアメリカには好機であり、アメリカ産原油輸出を増加する。中国は何故困る?

ウイグルの油田は世界最大級。これは誰が世界最大級だと保証した?

ウイグルの油田は事実だが、実際の数字は異なるかもしれない。つまり水増しされたから世界最大級になった。

中国は数字を誤魔化すことが多い。だからウイグルの世界最大級油田も埋蔵量は信用できない。

真に世界最大級油田なら、サウジアラビア石油施設破壊はビジネスチャンス。アメリカの様に露骨に動くはずだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私は貴方のサポートを待っています。

見てくれると励みになります。
9
Viewpointプロフィールページ https://vpoint.jp/author/ueokaryuuji 戦争学を研究しています。基本は戦争のメカニズムを知り可能な限り戦争を回避する。欧米系の戦争学です。

この記事が入っているマガジン

コメント2件

コメントさせていただくのは初めてです。
いつも、私の拙い写真にハートマークをありがとうございます。
上岡さんのコラムのすべてを、まだ読み切れておりませんが(ごめんなさい)、他所のサイトで「中国がアメリカと戦争できない理由」という記事を拝読しまして、目から鱗が落ちました。
戦争学とは、実に興味深い学問ですね。
上岡さんの記事は、とても勉強になりますうえに、世の中のこと(喫緊には、やはり近接するがゆえに私たちの生活に密接に関連する東アジア情勢ですが)を思索するにあたって、すごく参考になります。
全部を読むのは無理かも知れませんが、これからも勉強させていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。
十楽令仁 Juuraku Reiji様
コメントありがとうございます。これからも判りやすいコラムを書かせて頂きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。