一人暮らしの大学生を置き去りにするな。

緊急事態宣言を前に、
一人暮らしの大学生に「里帰りするな」と呼びかける書き込みを見た。

拡散するのは確かに困るだけど、
でも慣れない土地に一人ぼっち、授業はストップ、
友達とも会えないし外出もできないなら、
一人暮らしの大学生が実家に帰ることを誰が止められる?
ウイルス感染の恐怖にさらされた不安は誰しも同じじゃないか。

そんなときに、一人ぼっちで不慣れな土地で飲食すら不自由な生活で、
いつ終わるともわからない封鎖生活を強要するならば、
傷つきやすい若い精神は打撃を受けてしまう。

メンタルの問題はあとあと長い。
一生を棒に振ることもある。
それも一人だけではなく、家族も巻き込んで。
そして、その長く続く治療を国は支えてくれない。

そのことを考えると、授業がストップして宙ぶらりんになった若者が
その家族の同意を得て実家に帰ることを
否定したり、非難する権利は赤の他人にはない。

特に、その大都市に家族とともに暮らし、
テレワークでも仕事ができて収入が途切れず、
それなりの地位と貯金があるような人が非難するのは間違ってる。
もし、彼らに移動するな、危険だから、というなら、
あなたが一人暮らしの大学生を自宅に迎え入れて、
下宿生のように家族の一員として面倒みてあげてはいかがだろう?

実際、家庭の事情などで実家に帰れない学生もいる。
だったらまず彼らにどんな手を差し伸べてやれるかを、
社会的に優位に立つあなたが考えるべきではないのか。

それもやらず、毎日家族に囲まれて過ごせるあなたに
一人暮らしの大学生を非難したり、街に縛り付ける権利はない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

このアカウントは、完全フリーランスのライターが運営しています。記事を気に入っていただけたら、下の「サポートをする」から少しだけでもサポートをいただけますと、励みになります。

你當然喜歡啦!
31
フリーランスライター/香港14年+北京13年半から今日本。中国や香港の市民社会について日本メディアがあまり伝えない話題を紹介。まるっと講読は夜間飛行配信メルマガ「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」(月864円:http://bit.ly/1Sp0eJq )がお得。

こちらでもピックアップされています

ぶんぶくぶつぶつ
ぶんぶくぶつぶつ
  • 54本

私的な視点をごにょごにょ。気ままに書くブログみたいなもんです。読み飛ばしてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。