写真_2019-01-27_19_42_34

【ご報告】フリーランスから会社員になって半年、退職することになりました

私にとっては一大事な、タイトルのとおりのご報告です。

このまえの夏に「フリーランスを卒業してスタートアップに入社します」と言い放って会社員になったのですが、このたび1月22日付でその会社を退職しました。

ちょうど半年。自分の意思ではなく、会社の決定による契約終了です。

まさかの展開だったのでちょっと何かと追いつかなくて、退職後にもメディアから電話がきたり、はみ出した打合せに対応したりしていました。先週で手続き系もひと段落し、やっと決着がついた感じです。

30名弱のスタートアップですが、数年は頑張るつもりで入社しました。PRやマーケティング領域で順調に成果が出てきていたところで、本当に残念で悔しくて悲しくてやりきれない。。

というか、意味がわからない笑(さっそく本音)

なんとかオープンにできる状態になったので、書きます。※後半ちょっとだけ有料ゾーンになってます

・ ・ ・

肝心の理由なのですが、、実はなんと説明すればよいのか私もよくわからないのです。

社長の言葉を借りると、「ファミリーとしてふさわしくない」「カルチャーに合わない」「フィット感がない」「パーソナリティに問題がある」だそうです。すべて直接言われたこと。

11月末ごろから社長にたびたび呼び出され、こういう指摘をされるようになりました。最初は何のことかと思いましたが、社長や役員にも遠慮なく意見を言うところ、その言い方がハッキリしすぎているところがよくないとのことでした。

ストレートな物言いは自覚があったので反省して改めると伝えましたが、しばらくしてまた社外のカフェに呼ばれました。「改善する気がないなら厳しい人事評価になるので、個人的に忠告したい」ということでした。え?人事評価って?仕事面は?とか思って素直に反抗していたら(これが追い打ち)、年末の面談で1ヶ月後の契約終了を言い渡された、という感じです。

チームの同僚たちには早めに相談していたのですが、社長から「2人で話したい」と言われていたため、最後まで1対1のやりとりでした。現場の声を聞いてほしいという訴えも通らず……。

すでに決定事項とのことだったので、反論はしませんでした。人格否定のようなことを言われ続けてすっかり疲れ果てていたし、あまりのことに返す言葉もなかったというのもあります。

年末年始を挟んでいたため、その時点で残り15営業日ほど。それから会話はなく、引き継ぎもろくにできないまま、事務手続きだけされて退社です。

かなり端折りましたが、表向きにいえる経緯としてはそんなところです。

・ ・ ・

これをどう報告すべきかだいぶ迷いました。

ネガティブな退職エントリほど寒いものはないし、赤裸々に内情を筒抜かすのも痛すぎる。なにより、最後まで(というか辞めてからも)めちゃくちゃサポートしてくれた残る同僚たちに迷惑はかけたくない。

売れない小説家のように悶々と考えていたのですが、どう切り取ったって“真実はいつもひとつ”だなと思って。ふわっと濁して含みをもたせたりポジティブに取り繕ったりしても、私の人生は前に進まないのです。会社は守ってくれないことを全身で感じてしまったので、自分の言葉で書くしかない。

これでもかなり短縮していて、ひとつひとつの発言内容を晒すのは控えました。こうなったのは単純な理由ではなく、組織体制に根深い問題があったんだと思います。その歪みにハマって削除対象としてターゲティングされたのが私だったということなんでしょうね。

言えないことだらけで苦しいけど、言えないことだらけという事実だけでも伝わればいいかなと思います。

・ ・ ・

私にも良くないところはあったと思いますが、「チームメンバーをひとり消す」という決定を現場に一切相談なく下したことは、やっぱり今思うと何より痛かったかなと思います。「本人に言わないだけでみんなも同じ意見だ」と社長は繰り返したけど、そんな薄っぺらい関係で仕事してきてないですよ。

会社全体で30名弱、マーケティングまわりはたった5人ほどのチームです。「クビになったんだけど」という突然の報告で、現場に混乱が起きないわけがありませんでした。

同僚たちには最後までいろいろな面で救われました。年明けからはランチや飲み会を毎日のように開いてくれ、リスクを負って直談判してくれる人まで現れました。お花とかプレゼントとか頂いちゃって、本当なんなん?この茶番劇?円満退社かな?みたいな気持ちにならずにはいられなかったけど笑

最終日に同僚たちにもらったあたたかいメッセージを読み返しつつ、先週はひたすら人生を考えていました笑 本当にありがたすぎて、涙しか出ない。あまり他人に深入りできない私ですが、この先もずっと仲間でいられたらいいなあという気持ちになりました。(みんなSNSにいないけど、ありがとう)

・ ・ ・

仕事面は本当に心残りしかありません。PRって長期戦だから、私にとってこの半年は「序章」に過ぎませんでした。それでもようやく、じわじわ効いて成果が出てきているところだったのだけど。

運命かと思うタイミングでNHKの取材が決まって、退職日前日に1,300万円相当のテレビ露出!(広告換算がすべてではないけど、半年分の給与の○倍の成果を出してクビになる人ってどこにいるんだろう)

自社メディアも完成して、コンテンツ制作チームもできて、メディア取材連鎖も増えてきて、エージェンシーとの長期PR計画も動かそうとしていて、他社とのPR向き協業案件もいくつか実現しそうで、雪山での企画もいくつか進んでいて。ここから超面白くなっていくシナリオなんですけど!?

仕事にはかなり真面目に取り組んできたので、すべて宙ぶらりんのままスパーンとクローズするかたちになってしまって、まさに身を引き裂かれる思い……!わかりますか、これ。ダメージでかすぎて引退案件ですよ。(まあだからこそ、最後までやり尽くしましたけど)

年明けから各所に報告してきたけど、その時点ですでに「実はあと10日の命なんです……」みたいなスーパーショートノーティスで現場にも取引先にも迷惑かけるし、いやほんとに、どうしたらよかったんですかね?

・ ・ ・

どうにもならなかったので、これからの話を少し。

ありがたいお声かけもいくつかいただいておりますが、まあお察しのとおり傷だらけのため、とりあえず保留にさせてもらっています。今は、わりと無職です。

あんまり言ってもあれだけど、実はけっこうな思いで入社した会社だったし、元々のカルチャーは大好きでした。なんなら他に入りたい会社ひとつもないけどここなら、くらいの感じだったんですよね。だからなおさら「はい次!」とはいかなくて。長い夢だったなあ〜みたいな心境です笑

まあこうなってしまった以上、この一件はネタにして生きていくしかないですね。

幸い家族も友達も同僚も、逆にチャンスだとか言ってくれています。レアな経験をさせてもらったと思って、前向きに次に進もうと思います。

プライベートでも家の解約と重なったので、ぜーんぶ捨て去って新しい道に行こうかなって感じです。

また近々、ご報告できたらと。


面白いお声かけはいつでもありがたいし、ごはんのお誘いもうれしいです。関心領域にハマればにはなってしまいますが、やっぱり仕事してないとダメ系人間なのかもしれないです。

とりあえずこのくらいにしておきますが、ある意味では吹っ切れているので、シェア、励まし、憐れみ、同情、叱咤激励、(誹謗中傷以外なら)なんでもどうぞ。

本音はまたお会いしたときにでもお話しましょう。引き続き仲良くしてくれるとうれしいですよ。



さて、お決まりのやつですみません。ここまでもだいぶ本音なのですが、さらにちょっとオープンには言いづらいこととか、この経験から学んだことをシェアします。※書いてからカウントしたらこの先だけで2,000字超えてました……すでに長いのにごめん

応援してくれる人、フリーから会社員を考えている人、雇われることに疑問を感じている人、PRと企業経営について気になる人は覗いてみてくれると嬉しいです。頂いたサポートは美味しいコーヒーに使います!

※追記(2019年2月6日 14:00)
予想以上に多くの方に続きを読んでいただきましたが、これ以上広まることが目的ではなかったため、500円→1,500円に変更させていただきました。申し訳ございません。1,500円の価値はないと思います。

この続きをみるには

この続き:2,831文字

【ご報告】フリーランスから会社員になって半年、退職することになりました

Ryoko Wanibuchi

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

さらに書くための書籍代・勉強代に充てさせていただきます。サポートいただけると加速します🚀

スキありがとう!シェアしてくれたら見つけにゆきます😍
322
オーガニック&ヒッピーの街Byron Bayに流れ着き、楽園で暮らしながらリモートワークしてます。PR/PjM/編集/ライター/翻訳/企画/ブログなど。東京のPR会社→フリーランス→複業社員→無職→渡豪。認定PRプランナー。消費社会、環境と自然、スノー業界などに興味あり♲
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。