やらない優等生より、やる馬鹿の方が成功する

一個人の意見ですが、なにもやらない優等生タイプよりもやって、やってやりまくって何してるのかわからないけど馬鹿みたいに何かを必死にやってる馬鹿の方が僕は好きだしなにより素敵に見えてしまう。

そんな馬鹿をみて、ふんっと馬鹿にしてる奴よりも
あいつ頑張ってんなぁ。と何か情が動き自分も刺激を受けれるタイプの第三者も好き。

ようは、僕は馬鹿なのかもしれない。

でもそれでいい。それがいい。

パニック障害になって最初の頃は


何もできなかった。何かをしたくても
恐怖に怯えて何も手につかなかった。


あの時は挑戦したくてもできない時期だった。

あれから10年経ったのか。そんな僕も
もう病気のことなど忘れるくらい色々行動はできるようになった。一部の行動はまだ制限されてるようなもんなので除くけど。。。


だからあの当時出来なかったことや、やりたかったことを思い切り馬鹿になってやってやってやりまくってやろうと思います。

その馬鹿になれた時には何か自分にとってのカタチになれば嬉しいな。

やっただけ自分の体の一部が増えたかのように
成長していけるよう頑張っていこう。

僕はやる馬鹿を選ぶ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
日々小遣い稼ぎや節約術など発信
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。