見出し画像

「今ここ」の新しい感覚

散歩ウォーキングを始めて一カ月半が経過。
この早朝時間は地に足をつけながら、歩く瞑想時間になってきた。
20分歩き、公園でアーシング30分、帰り15分歩いて約1時間ちょっと。
最近は、芝生が冷たすぎてアーシングが大変なので、朝の時間を30分遅らせる。そうすると、芝生に朝日が照らし、少し暖かくなる。

そんな毎朝を過ごしていて、「今ここ」の新しく面白い感覚が突然やってきた。

足は歩くように前に出しているのだけれど(歩いている)、ふと、その場で足踏みしている感覚になった。
まわりの景色だけが変わっていき、自分自身は同じところで足踏みして居続けている感覚。

例えるなら、ゲームセンターの車のレースに参加している時のような。
教習所で高速道路教習のシミュレーション教習を受けている時のような。
あんな感じ。
私は足踏みしていて、周りの景色だけが次々と変わる。

もしかして、こっちが現実で、実際にそうなのかもしれないと思った。

未来も過去も時間も流れているわけではない。
つまり「今ここ」だけが目の前に現れている。
今私にこの映像を見せているという感じ。

だから目の前に現れたことに対応するだけ。

ちょっと不思議な感覚だったけど、足先の数歩前に目線を落として歩いていると、その感覚にすぐに入れるから面白がっている。

今度は歩かなくてもその感覚を掴んでみたいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
本当の私で生きる日々を過ごしています。 本当の私とは、『動かず動じず本質だけを捉える』です。これから少しでもずれると自分でなくなっていきます。本当の自分でいる日々で気づいたことを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。