シアターの女神2-1240x514-01__1_

『ブルース・ブラザース』『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』☆加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage

今朝のメルマガは、加藤るみさんの連載『加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage』をお届けします。今回取り上げるのは、伝説的ミュージシャンが多数出演する音楽映画の名作『ブルース・ブラザース』と、るみさんをメロメロにする中性的な魅力の持ち主、エズラ・ミラーが出演する『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』です。

加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage 
第7回『ブルース・ブラザース』『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』

▼執筆者プロフィール
加藤るみ(かとう・るみ)
1995年3月9日生まれ。岐阜県出身。サンミュージックプロダクション所属のタレント。映画鑑賞をはじめ、釣り、世界遺産、料理、カメラ、アニメと多趣味を活かしてマルチに活躍中。インターネットラジオK'z Station『おしゃべりやってま~すRevolution』にレギュラー出演中。雑誌『つり情報』でコラムを連載中。

前回:加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage ☆ 第6回『ローラーガールズ・ダイアリー』『PK』【毎月第2木曜配信】

画像1

画像2

どうも!加藤るみです。

最近は政治についてちゃんと勉強しようという意欲に溢れています。

夏に行われた東京都知事選以降、
なんとなく日本の政治の仕組みについてニュースを真剣に見るようになり、
ついこの間のアメリカ大統領選では
誰が選ばれたらどういうメリットとデメリットがあるのかを調べたり、
ネットで情報を集めて自分なりに分析をしたりしていました。

まだまだ分からないこともたくさんあるのですが、
これから先、明るい未来になるように自分自身がちゃんと理解をして、
政治に参加していかなきゃいけないと強く思っています。

政治について知ることは、映画の時代背景と照らし合わせて、
より作品を楽しめるようになるポイントのひとつになると思っていて、
それが改めて政治を学びたくなった大きなキッカケかもしれません。

さて、今回紹介するのは、つい最近、
立川シネマシティの極上爆音上映で鑑賞した
1980年代音楽映画の決定版『ブルース・ブラザース』と、
ハリーポッターでおなじみJ・K・ローリングの新シリーズ
『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』です。

不朽の名作と話題の最新作の2本立て、お楽しみください。

この続きをみるには

この続き: 2,837文字 / 画像2枚
記事を購入する

『ブルース・ブラザース』『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』☆加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage

PLANETS

540円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宇野常寛が編集長をつとめる〈PLANETS〉の公式noteです。政治からサブカルチャーまで、ざまざまな分野のスペシャリストが集まっています。独自の角度と既存メディアにはできない深度で、読むと世界の見え方が変わる記事を月に20本以上の記事を配信しています。

こちらでもピックアップされています

加藤るみの映画館(シアター)の女神
加藤るみの映画館(シアター)の女神
  • 19本

タレント・加藤るみさんが大好きな映画について語り尽くす人気エッセイの3rdシーズンです。ミニシアター系からハリウッド大作まで、ジャンルにとらわれずに独自の感性で作品の魅力に迫ります。