(意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革

12
明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その3|坂本崇博

明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その3|坂本崇博

「働き方改革アドバイザー」の坂本崇博さんが、「My WX(私の働き方改革)」の極意を説く異色のワークスタイル指南、いよいよ最終回です。これまでの「意識が高くない」からこそできるメソッドで見えてきた選択肢を、どうすれば組織の中で行動に移していけるのか。新規事業開発のための「エフェクチュエーション」理論を坂本さん流に変換しつつ、「外道」の実践方法を考えていきます。 坂本崇博『(意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革』 最終回 明日からできる「私の働き方改革(M

スキ
7
有料
500
明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その2|坂本崇博

明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その2|坂本崇博

「働き方改革アドバイザー」の坂本崇博さんが、「My WX(私の働き方改革)」の極意を説く異色のワークスタイル指南。坂本さんがこれまで自ら実践してきたやり方を応用可能にしていくメソッド編。今回は、誰かに与えられた“働かされ方改革”ではなく、もっとわがままに自分の「やりたい事」のためにパワーを使えるようにするためのセルフマネジメント手法を紹介します。 坂本崇博『(意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革』 第11回 明日からできる「私の働き方改革(My WX)」

スキ
6
有料
500
明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その1|坂本崇博

明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その1|坂本崇博

「働き方改革アドバイザー」の坂本崇博さんが、「My WX(私の働き方改革)」の極意を説く異色のワークスタイル指南。今回から、いよいよ坂本さんのこれまでの取り組みを普遍化するメソッド編が始まります。 コロナ禍を経て、多くの人々が働き方を強制的に変えさせられている中だからこそ、本当に「自分のやりたい」仕事をするには、何が必要なのでしょうか? 坂本崇博『(意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革』 第10回 明日からできる「私の働き方改革(My WX)」その

スキ
8
有料
500
コクヨにおける私の働き方改革 最終章:マネージャー編|坂本崇博

コクヨにおける私の働き方改革 最終章:マネージャー編|坂本崇博

2014年、昇格試験を受けてマネージャーへの道を歩みはじめた坂本崇博さん。それまで「早く家に帰ってアニメが観たい」というワガママで意識の低い動機で「My WX(私の働き方改革)」を進めてきた坂本さんが、なぜ管理職を目指したのか? そしてそこで直面した「燃え尽きそうなほどのギャップ」とは? 自らの半生をサンプルに「私の働き方改革」の普遍化の手がかりをさぐる自己検証編、いよいよクライマックスです。 坂本崇博『(意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革』 第

スキ
9
有料
500
これが私の働き方改革道(後編:Cパート) | 坂本崇博

これが私の働き方改革道(後編:Cパート) | 坂本崇博

2000年代初頭にコクヨ社員になり、IT普及の黎明期に「インターネット通販ビジネス」の部署に配属された坂本崇博さん。そこでの「ちょっとした働き方改革」の工夫を振り返るところから、どうすれば日本全体に「My WX(私の働き方改革)」を普遍化していけるのかという課題について、いくつかの手がかりが見えてきました。 すなわち、自分の欲を掘り下げて我が道を見出す「ワガママさ」と、ネットの恩恵もフル活用しつつ「学び」についての認識・行動を変えることです。これらの武器を、(意識の高さ

スキ
7
有料
500
これが私の働き方改革道(後編:Bパート)| 坂本崇博

これが私の働き方改革道(後編:Bパート)| 坂本崇博

新人研修時代から、さっそく苦手なコミュニケーションをなんとかするために「My WX(私の働き方改革)」を始めていた坂本崇博さん。その底にあるのは、徹底してマンガやアニメの「虚構から学ぶ」という姿勢です。 しかし研修期間を終えてネット通販ビジネスの飛び込み営業を担当することになり、帰りが遅くなることで、何よりの生産性の源であるアニメ視聴という人生の「オン」時間の危機が降りかかります。そこで坂本青年が変えたやり方とは? 坂本崇博『(意識が高くない僕たちのための)ゼロからは

スキ
19
有料
500
これが私の働き方改革道(後編:Aパート) | 坂本崇博

これが私の働き方改革道(後編:Aパート) | 坂本崇博

 “メジャー”とか“エリート”と位置付けられている人たちとは一線を画し、「何か道を外れたことがしたい」という残念な情熱を抱える坂本崇博さんと、変に意気投合したという文具事務用品のメジャー、コクヨ。この奇妙な握手によって、坂本さんの働き方改革人生は加速期に入ります。 今回は、コクヨ社員になってからの新人研修時代の「My WX(私の働き方改革)」を振り返ります。苦手なコミュニケーションを乗り越えるために編み出した、「コミュニケーション・ポートフォリオ」の工夫とは? 明日夜

スキ
12
有料
500
これが私の働き方改革道(中編) | 坂本崇博

これが私の働き方改革道(中編) | 坂本崇博

周囲に合わせる「リア充」的なコミュニケーションについていけなかったために、学生時代からアニメや小説を頼りに、仕方なく自分独自のやる事・やり方・やる力の伸ばし方を工夫しなければならなかった坂本崇博さん。そんな「残念な」少年が社会人になるとき、どんなふうに「私の働き方改革」が生まれていったのでしょうか。 (意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革 第5回 これが私の働き方改革道(中編) 坂本崇博 コクヨにおける私の働き方改革 黎明編  なんとも痛い動機で

スキ
8
有料
500
これが私の働き方改革道(前編) | 坂本崇博

これが私の働き方改革道(前編) | 坂本崇博

国の政策や会社の都合ではなく、自分自身の人生の充実のためにやる「働き方改革」を掲げる坂本崇博さん。それは一見「意識高い」行動のようでもありますが、その裏にはなんとも「残念な」発想が……!? 坂本さん自身の学生時代からの行動特性の自己分析を通じて、「私の働き方改革」のルーツと実像を浮き彫りにしていきます。 (意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革 第4回 これが私の働き方改革道(前編) | 坂本崇博 ここまでは、私が考える「働き方改革」とは何かについて

スキ
8
有料
500
働き方改革って何ですか? | 坂本崇博

働き方改革って何ですか? | 坂本崇博

会社員としての自分自身の人生の充実のため、10年以上前から自発的に「働き方改革」の実践と普及活動を開始した「働き方改革アドバイザー」こと坂本崇博さん。今回は世に蔓延するお上任せの「コレジャナイ働き方改革」への違和感から、坂本さんがいかにして労働者個々人にとっての「私の働き方改革」を見出していったのかの思考プロセスの核心が語られます。 (意識が高くない僕たちのための)ゼロからはじめる働き方改革 第3回 働き方改革って何ですか? | 坂本崇博 「私の働き方改革」とは  日

スキ
8
有料
500