見出し画像

【貯金も仕事もゼロからの独立。髙島さんの仕事が途切れなかった理由とは?】

株式会社ワクフリ代表取締役の髙島卓也さんは企業のバックオフィス環境改善のためのコンサル業務、ITツールの使い方の解説を行っています。株式会社ワクフリは創立して約3年、今ではセミナーへの登壇数の年間約百回を越え地方自治体との連携など活躍の場を広げています。

今や当たり前になった『クラウドサービス』
当初、世間ではクラウドサービスが前向きに取り入れられているわけではなかったのですね。
クラウドサービスの初期の頃はどんな様子だったのでしょうか?
今回はクラウドサービスが日本全体に浸透したきっかけを作ったクラウドの伝道師こと髙島卓也さんがどのような動きで世間へ伝えていったのか、髙島さんが独立したお話と合わせてご紹介します。
(※株式会社ワクフリを創立するまで3年間ありますがその中での記録です)

登壇セミナーやワクフリHP、各SNSなどから髙島さんってどんな人だろう、なぜITに詳しくなったのだろうと興味を持った方はぜひ読み進めてみてください!

◼︎髙島卓也さん プロフィール
長崎県波佐見町出身。
九州の大手税理士法人や事業再生コンサル企業を経て2017年に株式会社ワクフリ設立。
中小企業の業務効率化や創業におけるITツール活用支援に特化し、経営のアドバイスを行う。全国の商工会議所や自治体とも連携、業務提携を行い、中小企業へのクラウドサービス普及に努める。クラウド活用・業務改善のプロとしてメディア出演も多数。

好きなものは白飯。おにぎりなら無限に食べられるとのこと!
温泉巡りやドライブ、美味しいものを食べることなど趣味も多い。

前回の取材記事はこちら。
今回はこちらの記事の続編です!

【髙島さんが独立したきっかけ。企業の業務改善に特化したかった理由】

ーー髙島さん、本日もよろしくお願いします。前回は事業再生コンサルの話をメインにお話しさせていただきました。今の髙島さんを形作る壮絶な体験談でしたね!

「はい、よろしくおねがいします。そうですね、事業再生のコンサルの経験がなければ今はなかったと思います。あの時は大変でしたが本当に多くのことを学べてよかったと思っています。」

ーーそう振り返ることができるのは今とても充実されているからでしょうね!今回は髙島さんが独立したきっかけから株式会社ワクフリを創立するまでのお話を聞いていきたいと思ってるんですが、独立した理由を教えて下さい。

「僕が独立を決めた理由は、業務改善に特化して中小企業を支援していきたいと思ったからです。」

ーーなるほど!そう思われた背景は何でしょうか?

「事業再生のコンサルでは、財務の改善や事業モデルそのものの改善、雑多な仕事などやらなければならないことが多すぎて必要な場合は業務改善も行いますが集中して出来る状況ではありませんでした。」

ーー業務改善が特に重要だと思われたのですね?

「はい。事業再生のコンサルをしていて、クライアントに共通して言えることは社内管理や情報共有が出来ておらず、業務もほんと非効率な企業が多かったことなんです。」

ーー数字の管理ができていないということは「経営状況が把握できていない」ということですよね。なぜ経営状況が把握できていない状況になるのでしょうか?

「はい。なぜかというと、経営状況を把握するための正確な数字(資金動き、売上や経費など)を把握していくまでに非常に時間がかかるからです。把握に時間がかかるため各々の記憶が曖昧で抜け漏れがある。例えば今月の売上はいくら?と聞かれても誰もわからないんです。事業再生の相談がある企業さんは数字の管理ができていなかったように思います。」

ーー数字の管理は会社の基本と言われていますが、それができていない会社さんとなると事業再生の相談が来るのは納得がいくかもしれませんね。

「そうなんです。裏を返せば数字の管理含めて、社内管理ができている会社が事業再生の相談に来たことはなかったです。しっかりとした経営状況の管理と把握ができる企業ばかりだったら、そもそも事業再生が必要なほど追い詰められないんじゃないかと思いました。」

ーーなるほど。だから業務の改善が重要だと思われたんですね。

「はい。事業再生が必要になる前の段階で支援する方がいいんじゃないかって思ったんです。」

ーーなるほど。事業再生が必要になる前の段階での支援が重要だと思ったんですね。

「はい。前回お話しましたが事業再生の相談に来る企業は「ヒト・モノ・カネ」が無い状態でここからの改善ってすごく難しいし大変なんです。企業がそうなる前に支援できれば事業再生に対しての”予防医学”のようなことが出来るんじゃないかと考えました。その考えで自分自身もモチベーションが上がると感じやってみたいと思いました。」

ーー「ヒト・モノ・カネ」が無い状態からの改善はとても難しいのですね。企業がそうなる前に先手を打つ予防医学の考え方はとても大切ですね。

iOS の画像 (10)

【信用度アップのために。独立してからの髙島さんの仕事は】


ーー独立してから大変だったと思いますがどうやって仕事を取っていったのですか?

「大変でした(笑)一番最初は事業再生のコンサル時に関わった方から紹介を受けたお客さんを回りました。」

ーー紹介を受けた先の企業さんへアプローチしたのですね!いかがでしたか?

「お仕事を少しずつ頂けてコンビニでアルバイトすることはなく済みました(笑)僕は最初から仕事が頂けるとは思っていなかったので嬉しかったです。」

ーーコンビニでアルバイトすることも覚悟されていたのですね(笑)

「はい。他の方は貯金などして自己資金を貯めてから独立すると思うんですけど僕は借金もしていましたし貯金ゼロ、お客さんゼロから独立したので(笑)」

ーー借金あり、貯金ゼロ、お客さんゼロ…今となっては笑い話にできている髙島さん・・・タフですね!

「なんとかお仕事を頂けてよかったです。いろんな方とのご縁があったからこそです。」

ーー独立されて意識したことは何ですか?

「まず仕事を頂くためには信用がないとな…と思ったので信用をあげるために国の専門家派遣事業に登録しに行きました。」

ーー専門家派遣事業って何ですか?

「行政の専門家機関が中小企業支援に行っている事業です。ざっくり言うと困っている企業に対して解決できそうな専門家を派遣する取り組みです。そこに登録されていることであれば一応国が専門家として認めているっていう証明になるので。」

ーー肩書きがあると安心ですよね。信用度もより一層増しそうです。

「はい。信用度アップのためにやれることはやっておかないとと思って。業務改善コンサルの髙島卓也なんて誰も知らないですし怪しさしかないじゃないですか(笑)」

ーー確かに誰かわからない人にお仕事は頼みづらいですよね。行政の専門家機関への登録って難しそうです。

「その通りで、実は僕は登録をするための条件を満たしてなかったんですよね。」

ーー条件を満たしていなかったんですか?驚きです!条件は何ですか?

「専門家に登録するための要件を読むと、まず一つ目が士業であること、二つ目が今やっている分野において10年以上の経験があることのいずれかが必須条件、当然ですがどちらもNGでした。笑
でもよく読むと”それに値する能力を持っている場合”って記載が書いてあって、専門家として認められる能力があることを証明しようと考えました。」

ーー専門家として認められる能力があることをどうやって証明したのですか?

「必死に資料作ってプレゼンしました。通常は通らないみたいなのですが、事業再生コンサル時代の実績と独立して取り組んでいることが新しいという理由で無事に登録ができました。」

ーー髙島さんの熱意が通じたんでしょうね!普通はできないことができるってすごい!自信につながりますね。登録されてから次はどのようなアクションを起こされたんですか?

「ありがとうございます。専門家派遣としてまずは無料相談から始めてみませんか?っていうところからお客さんに話して行きました。お客さんの負担がなく呼んでもらえます、話ができますっていう感じで呼んでもらったりとかして。」

iOS の画像 (13)

ーー最初は仕事を自分から作っていったのですね。これは独立を考えている人にも応用できそうな考え方ですね。お客様の負担がなく呼んでもらえるというのがポイントですね!

「そうですね。無料相談の数を重ねていって少しずつ認知してもらいました。それと同時にセミナーも開催しました。」

ーーセミナーも開催したのですね。

「はい。ただ当時は髙島卓也のセミナーでは集客ができないなと思っていたのでセミナーは信用があるところと協力してやるべきだなと考えていました。」

画像3

ーー信用があるところと言うと?

「商工会議所という日本の中小企業を支援する行政機関に、当時はまだ全く認知されていなかったLINE@(LINEのビジネス版)を使った集客方法の仕組みをセミナーでやりませんかと働きかけました。」

ーー商工会議所と一緒にSNSを使った集客方法についてのセミナーを開催したんですね。業務改善の内容ではなかったのですね。

「はい。業務改善がテーマでは集客が厳しいので、売上に直結しそうなSNSを題材にしました。実際、中小企業はSNS発信が苦手な傾向にあるのでやったほうが良いと思っていましたしね。ただSNSを活用していくためには業務時間の確保が重要で、業務の改善ができないとそもそも時間がなくてSNSで集客は出来ないという話をしていました。」

ーーなるほど。それが記念すべき初登壇だったのですね!いかがでしたか?

「とても緊張しました。体が震えてガチガチに緊張しました(笑)何を話したかあまり覚えていません。」

ーー緊張感が伝わってきます!今や登壇数百回以上の髙島さんでもそんな時期があったのですね!評判はいかがでしたか?

「意外にも好評でした。また呼んで頂くことあって他の商工会議所や商工連合会などでいろんなテーマでセミナーを行いました。一番最初に福岡商工会議所で行ったセミナーの記事が実績としてネットに掲載されて、それを見た他の商工会議所からお声がけ頂くようになりました。記事見たんですけどうちでもできませんか?といった感じで。」

ーー実績として載せられて、そこから新規のお仕事につながるのは素晴らしいですね!

「はい。商工会議所のセミナーの講師をしていることで自分の信用度が上がったかなと実感しました。」

ーーなるほど。格が一つあがったわけですね!周囲の助けを借りながら最初は自発的に動き続けることが大事なのですね。

「そうですね。自分は何も持ってなかったですし、自分の力だけではなにもできないなと感じていたからこそ周囲の方々からの力は本当にありがたかったです。」

ーー髙島さんの謙虚な姿勢、素敵です!独立したての頃は特に周囲の助けを借りることは重要ですよね。1回の登壇からチャンスを広げていったのは本当に凄いです。

「運がよかったのかも(笑)」

ーー当時は登壇した様子を自身のSNSなどで発信しましたか?

「はい!フェイスブックで積極的に発信して、たくさんアピールしました。笑」

ーーなるほど!アピール大事ですね。セミナーで講師の依頼があったということは多くの人の需要を満たしていたということですね!

iOS の画像 (12)

「ありがとうございます。当時は本当に必死で、反響が大きかったのが驚きでした。」

ーー収入面はいかがでしたか?

「独立して一ヶ月くらいで食べれるくらいは稼げました。」

ーーなるほど!収入を絶やさないためにはお客様との繋がりが大事だと思うのですが、お客様との関わり方はいかがでしたか?

「最初はお客さんからの紹介で繋がっていきました。お客さんにクラウドサービスを活用した業務の改善ができますとアピールしてお仕事を頂いていました。6年前はそういうことができる人がいなかったのでお声がけ頂くことも多くかったです。」

ーー素晴らしいですね!事業再生の頃の実績と経験の賜物ですね!

「本当に独立して良かったなと思いました(笑)いいタイミングで自分の力を試すことができたなと。」

iOS の画像 (15)

画像1

今回は髙島さんが独立したお話をメインに伺いました。
事業再生コンサルの頃にお付き合いがあった会社さんのつながりでお仕事を頂けていたとのことですが髙島さんが熱心に取り組む姿勢があったからこそ支持されたのでしょうね。
独立したばかりの頃に髙島さんが行った「名前の信用度を上げるための動き」はこれから独立を考えている方やフリーランスで働きたいと思っている方にとても参考になりそうです。

お客様のニーズを満たし喜んで頂くことやお客様に自ら提案することで信頼と実績を少しずつ積み重ねていった結果が今に繋がるのだと非常に勉強になりました!


よければフォローよろしくお願いします。

髙島Twitterアカウント:

株式会社ワクフリへはこちらからどうぞ。

株式会社ワクフリHP:

最後までお読みいただきありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
8
福岡でクラウドサービスを活用したバックオフィス業務の改善を支援する事業に取り組んでいます。企業の環境作りをする事で働いている人も企業も成長できる世の中を創り出すことがライフワークです。美味しい食事、旅行、温泉をこよなく愛してます。

こちらでもピックアップされています

髙島卓也 インタビュー記事
髙島卓也 インタビュー記事
  • 5本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。